2008年10月30日

PDFとは?

「今さら聞けないAdobe Acrobat(アクロバット)& PDF」第二回目です。

前回は、「PDFの間違った解釈」についてお伝えいたしました。しかし、そもそもの話PDFについてよくわからない方はPDFについて知っておきましょう。

PDFとは、インターネット上でよく見かける↓です。

[m-SchoolFAX申込書]

一度は見たことがありませんか?

これ以外にも、
  • 家電メーカーのマニュアル
  • 不動産屋の図面
  • 地方自治体の申請書類
などなど、インターネット上で公開されています。このPDFという形式は、10年以上も前からある歴史を積んだファイル形式です。

※上記のファイルを見れない方は、見るための環境が整ってません。下記をインストールすると確認できます。インストールは無料です。

[Adobe Reder9]

これがPDF(ポータブルドキュメントフォーマット)、別名「電子文書」と言われております。

さて、ここでお気づきだと思いますがここでは編集ができませんね。ということは、相手に編集されないというメリットがこの時点であります。また、このファイルをWindowsOSで見ている方、MacOSで見ている方がどちらでもちゃんと見えているはずです。

実はこれが第一回目でお伝えした由来になります。

OSを問わずどんな環境でもレイアウトを崩さず表示させることができる。

しかも、それだけではなくPDFを使うとこのようなメリットがあります。

PDFのメリット


  • Windows、Macintosh、LinuxなどOSを問わずデータを開くことができる
  • 環境に左右されることなく印刷が可能
  • ファイルサイズが小さく扱いやすい
  • 紙やインクなどの消耗品の経費を削減することができ環境にやさしい
  • 電子メールに添付し、容易にデータのやり取りができる
  • 暗号化などセキュリティの設定ができるため安全性が高い
例えば、Microsoft WordやExcelのデータを他の人と受け渡し、内容を確認させるためには、WordやExcelそのもののアプリケーションソフトが必要になります。また、表示ができたとしてもパソコンによってフォント(文字)が異なることがあるため、開いたときにレイアウトがくずれてしまい、印刷が上手くできないなどの欠点があります。

これらを回避する目的も含め、社内外の文書の受け渡しやWebサイトなどでの公開にPDFを使用します。これはIT企業だけの話ではなく、どのような分野の企業でもメリットになります。

今回のまとめ


  • PDFは歴史のあるファイル形式である。
  • PDFを使うことで安全性が高まる
  • ファイルサイズが小さくなるなどのメリットがある。
  • どの分野の企業でも使用するとメリットがある
次回は、今回の続きでPDF入門者のためにPDFを作る方法・PDFを見る方法をご紹介いたします。

次回更新が待ちきれない!
そんなあなたに実際に操作して覚えられるm-SchoolのAcrobatトレーニングをオススメしております。
2日間のカリキュラムでブログ以上の知識を習得できます。

内容の詳細・申し込みはこちらから
ビジネスフローを変える!
Adobe Acrobat 9 (アドビ アクロバット9)& PDFトレーニング


関連記事レビュー


NO1 PDFの間違った解釈
NO2 PDFとは?
NO3 PDFを作る・PDFを見る方法
NO4 PDFに変換する
NO5 PDFポートフォリオで差をつける
NO6 PDFに100%見ることのできる動画ファイルを埋め込む
NO7 PDF文書の編集だってできるAdobe Acrobat
NO8 PDFにパスワードをつけてセキュリティを高める
posted by エンディー at 14:40
連載:今さら聞けないAcrobat&PDF | コメント(3) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
pdfのやり方をマスターしたい。
Posted by 加藤 幹郎 at 2010年07月14日 14:15
PDFの事を最っと知りたい
Posted by 佐本尉治 at 2011年05月07日 10:21
PDFで送られたデータに簡単に添削できるアプリがあれば購入したいです。
Posted by 林敏久 at 2012年03月12日 08:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック