2008年10月29日

Illustrator と InDesign どうちがう? - 一問一答

ニュースレター「新電子手紙版ヱムスクール」連動企画、一問一答のコーナーです。

このコーナーでは、読者の皆様からお寄せいただいた、様々なご質問の中から一つだけピックアップし、m-Schoolスタッフや講師陣がずばっと回答いたします!ひらめき

Q:Illustrator(イラストレーター) と InDesign(インデザイン) どうちがう?

ご質問ありがとうございます。
どちらも定番の DTP ツールですが、どうちがうのでしょうか。

A:実は非常によくにています。どちらも同じアドビの製品ですが、Illustrator のほうが歴史が長い先輩のDTPツールです。

Illustrator は長年業界標準のドロー系ツールとして、DTP でも大きなシェアを誇ってきましたが、複数ページからなる印刷物を作成するには機能不足でした。(アドビには PageMaker という DTP ツールもありましたが)

そこで、Illustratorのように使えてなおかつページレイアウトや組版などの強力な機能を搭載したのがInDesignです。

しかもすでに大きなシェアを持っている Illustrator や Photoshop との連携もできるとあり、Illustrator でグラフィックを作成し、InDesign でページレイアウトに組み込んでいくというフローが確立されました。

現在ではライバルである Quark(クォーク) とならんで DTP の定番ツールとなっています。

引き続きみなさまからのご質問お待ちしております!メール

▼関連記事
InDesign CS3(インデザイン CS3)トレーニングがキターーーー!

The InDesign(インデザイン) Conference 2008 in Tokyo

▼関連講座
【 Illustratorによるデザインの基礎を習得 】
Adobe Illustrator CS3: Fundamentals

【 DTPの制作現場で役立つ!InDesignによるページレイアウト基礎】
Adobe InDesign CS3: Fundamentals

【 画像加工の基礎を習得 】
Adobe Photoshop CS3: Fundamentals
posted by こう at 10:33
連載:ずばっと回答!一問一答 | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック