2008年11月07日

PDFを作る・PDFを見る方法

「今さら聞けないAdobe Acrobat(アクロバット)& PDF」第三回目です。

前回は、入門者向けに「PDFとは?」についてお伝えいたしました。さて、今回はその続きで入門者向けにPDFの作り方と見る方法について解説していきましょう。

PDFの作り方


PDFを作るためには、難しいプログラムが必要?と思う方もいるかもしれません。しかし、そのような知識は必要ありません。

作るためのソフトウェアがあればよいのです。

そのソフトウェアは1つだけではなく、Adobe社をはじめ様々なメーカー(サードパーティ製品)から発売されています。

では、どのソフトを購入したらよいのでしょうか?

答えは簡単です。

AdobeAcrobat(アクロバット)を購入することをオススメします。なぜかというとAdobe社以外の製品を使うと、第一回目に記載した間違った解釈になってしまうからです。

PDFの間違った解釈 第一回目より


  • Acrobat以外の製品でPDFを作っても同じでしょ。

では、なぜこれが間違った解釈になるのでしょうか。

もちろん、PDFを作る点ではどの製品でもできます。しかし、サードパーティ製品を使ったPDFAcrobatで作成したPDFでは、見た目にはわかりませんが、PDFに変換するときの作り方が異なります。

それにより、サードパーティ製品の方がPDFに変換したときにレイアウトが崩れてしまう確率が高くなります。
さらに、作り方が異なっていることが原因でAcrobatを使ってサードパーティ製品で作られたPDFを開いても、その後に機能が追加できなくなるという場合があります。このようなことから「Acrobat以外の製品でPDFを作っても同じでしょ。」という見方は間違いということになります。

「レイアウトが崩れないPDFを作りたい」・「PDFのすべての機能を使いたい」と思った場合は、PDF作成ソフトウェアの純正品であるAcrobatを購入してください。

Acrobatのバージョンと種類


なるほど、それじゃAcrobat買おうと思った方。ちょっとお待ち下さい。
Acrobatという製品は1製品だけではなく、バージョンや種類が存在します。
選んだ物によって、機能の制限があるため購入前にバージョンや製品について知っておきましょう。

Acrobatのバージョンとは


バージョンとはソフトウェアのバージョンのことで、新製品が発売される度に更新される数字です。
Acrobatの場合、Acrobat6/Acrobat7/Acrobat8/Acrobat9と新製品がでると数字があがっていきます。最新版は、Acrobat 9になります。

Acrobat 9 の種類


Acrobat 9には大きく分けて3種類の製品が販売されています。
  • Adobe Acrobat 9 Pro Extended
  • Adobe Acrobat 9 Pro
  • Adobe Acrobat 9 Standard

どれもAcrobatですし、どれもPDFの作成や様々な機能を使うことができます。

ちょっと宣伝。m-Schoolでも製品を販売しております。
Acrobatの価格などの詳細は、m-Schoolのソフト販売サイトをご覧下さい。


Acrobat 9 の種類の違い


それぞれの製品の違いは、簡単に言うと使える機能に差があります。
最上位版であるAdobe Acrobat 9 Pro Extendedでは、値段が高い分PDFの持つすべての機能が使えます。
逆にAdobe Acrobat 9 Standardでは、PDFの標準的な機能しか使えません。そのため、購入する前にどの製品で何ができるか下記のサイトで確認してから必要なものを購入しましょう。

Acrobat 9比較サイト

上記いずれかの製品を購入してインストールすればPDFを作る環境が整います。

PDFを見るにはどうしたらよいか


作るためには、ソフトウェアが必要であるお話を上記でしました。
その作った物を見るためにもソフトウェアが必要になります。
ただし上記でご紹介した、Acrobat製品を購入してインストールした方は、見る環境も整っていますので何もする必要がありません。

しかし、社内で使う場合を考えると、全員のパソコンに高い製品を購入してインストールするには、とても難しいですよね。
でもご安心ください。PDFを作る必要がない人であれば、前回でもご紹介したAdobe ReaderをインストールすればPDFを見る環境が整います。Adobe Rederは、無料でダウンロードができるため最近のパソコンでは、購入時に既にインストールされている場合もあります。そのため、現在のほとんどのパソコンにはAdobe Rederが入っているため、なにもしなくてもPDFを見る環境が整っている場合があります。

アップデートは忘れずに


PDFを見る環境ができても、常にメーカー側は新しく使い勝手のよい製品作りを目指しています。そのため、Adobe RederやAcrobatの製品でも、年を重ねるごとにパワーアップした製品に生まれ変わります。とくにAdobe Rederに関しては、早いタイミングで新しいバージョンが発表されるため、Adobe Rederをインストールしている場合は、定期的にアップデートを行いましょう。

今回のまとめ


  • 購入前に製品について理解しておく
  • PDFを作るためにはAcrobatを購入する
  • PDFを見るためにはAcrobatかAdobe Rederをインストールする必要がある
  • アップデートは定期的に行う
次回は、今回の続きでPDF入門者のためにPDFに変換するをご紹介いたします。

次回更新が待ちきれない!
そんなあなたに実際に操作して覚えられるm-SchoolのAcrobatトレーニングをオススメしております。
2日間のカリキュラムでブログ以上の知識を習得できます。

内容の詳細・申し込みはこちらから
ビジネスフローを変える!
Adobe Acrobat 9 (アドビ アクロバット9)& PDFトレーニング


関連記事レビュー


NO1 PDFの間違った解釈
NO2 PDFとは?
NO3 PDFを作る・PDFを見る方法
NO4 PDFに変換する
NO5 PDFポートフォリオで差をつける
NO6 PDFに100%見ることのできる動画ファイルを埋め込む
NO7 PDF文書の編集だってできるAdobe Acrobat
NO8 PDFにパスワードをつけてセキュリティを高める
posted by エンディー at 14:28
連載:今さら聞けないAcrobat&PDF | コメント(4) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
はじめまして、kobayashiといいます。
acrobat7pro と acrobat9 pro の比較を教えてください。
よろしくお願いします。
Posted by kobayashi at 2008年11月17日 21:06
kobayashiサマ
コメントありがとうございます。
Ac7proとAc9proの違いですが、7に比べ9の方がより、PDFの活用をするための機能が充実したところが大きい部分です。

例えばPDFを結合するのに、7では「単一文書」のみでしたが、9で単一文書の他に「ポートフォリオ」という新しい結合方法が追加されております。

他にも、作成したドキュメントをレビューする機能も、7では「電子メールレビュー」だけですが、9では「共有レビュー機能」が追加され、ユーザーのコメントをリアルタイムに確認できるようになりました。

さらに、フォームの配布機能に関しても、Ac9の方がより簡単にフォームの配布や、フォームデータの集計を行うことができます。

このように、作成する側も閲覧する側にとっても今まで以上に効率良く作業できる機能がAc9で搭載されています。

詳しくは、Adobe社の製品比較サイトをご覧下さい。

Ac9製品比較
http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/matrix.html

Ac7活用ガイド
http://www.acrobat-learning.com/acro7/index.html#
Posted by エンディー at 2008年11月19日 14:31
A4からA0までの機械図面をPDFで客先に提出したい
貴社のPDFで色々種類がある為 どれが適してるか解からないので教えていただけないでしょうか
Posted by kurihara at 2011年01月24日 17:38
コメント頂きありがとうございます。

弊社は、PDF作成ソフトであるAcrobat(アクロバット)のトレーニングを行っているm-Schoolという教室になります。

m-School
http://bit.ly/gKX0w9

Acrobat自体はアドビ システムズというメーカーで開発された製品になりますので、製品について詳しくお知りになりたい場合はアドビ社のホームページにてご確認ください。

アドビ システムズ
http://www.adobe.com/jp/
※製品からAcrobatをご参照ください。

弊社ではソフトウェアの販売も行っておりますので、ご購入の際は弊社にてお買い上げいただけると幸いです。

shopSATT
http://bit.ly/gndBjx

どうぞよろしくお願いします。
Posted by えんでぃー at 2011年01月25日 16:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109172494

この記事へのトラックバック