2008年11月20日

PDFポートフォリオで差をつける

「今さら聞けないAdobe Acrobat(アクロバット)& PDF」第五回目です。

今回から、間違った解釈PDFって作って、印刷できるだけでしょ。の部分を改善していくために初級者〜上級者でも使えるような、Acrobatの魅力をお伝えしていきたいと思います!こちらで紹介している内容は、Acrobat 9 pro Extendedを使用しております。

今回の機能


PDFポートフォリオ(Acrobat9の新機能)

ここから完成品を確認できます。
※閲覧にはAdobe Reader 9 が必要です。

確認すると複数のファイルが表示され、→ボタンでくるくるとファイルを回転することができますね。これがポートフォリオです。PDFポートフォリオとは、ひとつのPDFの中に、Word・Excel・PDF・動画などのあらゆるファイルを添付させ、ひとつにまとめあげることができる機能です。

こちらと同じような機能は、Acrobat 8にもありPDFパッケージと呼ばれていた機能になります。Acrobat 9からは、この機能がパワーアップし、パッケージしたPDFに表示効果(カバーシート・カラー調整・ヘッダー・画面回転など)をつけることができるようになりました。

操作方法


1.Acrobatのファイルメニューから[PDFポートフォリオを作成]を選択。
2.[ファイルの追加]から追加したいファイルを選択します。
3.画面右側のメニューからPDFに効果をつけて、「保存」します。
※お使いのバージョンによって一部機能が制限されます。

ポートフォリオimg

活用法


  • 乱雑になったファイルをひとつのファイルにまとめることができるためファイルの管理として使う
  • セミナーなどの講習会の資料をひとつのファイルでお客さんに渡すことができる
  • 取引先のお客さんにこの形式でおくって驚かせる(自社の技術アピール)
さて次回は、100%再生できる動画をPDFに埋め込んでみるをお伝えしましょう。

次回更新が待ちきれない!
そんなあなたに実際に操作して覚えられるm-SchoolのAcrobatトレーニングをオススメしております。
2日間のカリキュラムでブログ以上の知識を習得できます。

内容の詳細・申し込みはこちらから
ビジネスフローを変える!
Adobe Acrobat 9 (アドビ アクロバット9)& PDFトレーニング


関連記事レビュー


NO1 PDFの間違った解釈
NO2 PDFとは?
NO3 PDFを作る・PDFを見る方法
NO4 PDFに変換する
NO5 PDFポートフォリオで差をつける
NO6 PDFに100%見ることのできる動画ファイルを埋め込む
NO7 PDF文書の編集だってできるAdobe Acrobat
NO8 PDFにパスワードをつけてセキュリティを高める
posted by エンディー at 14:43
連載:今さら聞けないAcrobat&PDF | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック