2008年12月15日

LiveCycle ES を MAX Japan 2009 のハンズオンセッションで体験しませんか?(2) 〜ビジネスプロセス編〜

謎のスクールディレクター(?)タイラーよりお送りする『LiveCycle ES を MAX Japan 2009 のハンズオンセッションで体験しませんか?』第2回ひらめき今回はビジネスプロセス編です。

前回の続きです。

LiveCycle ES ってどんなことができるの?
という方は、是非、以下のアプリケーションをお試しいただくとよいかもしれません。

LiveCycle on AIR 
※上記サイトはm-Schoolで提供しているものではございませんので、
あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

Flex開発者の方でしたら、AIRの方は大丈夫かと思いますが、LiveCycleとどのような連携をするの?というところがめちゃくちゃ気になるのではないでしょうか?目

では、LiveCycleを知ろうexclamationということになるのですが、
少し腰が重いかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)

カイロプラティックのごとく、というわけには行かないかもしれませんが、もしかすると少しだけ腰が軽くなるかもしれない良い機会を提供させていただけることになりましたぴかぴか(新しい)

来年開催される Adobe MAX Japan 2009のハンズオンセッション(実機実習を含むセッション)で以下のLiveCycle ESの初級トレーニングを実施いたします。

◎ Adobe MAX Japan 2009・ハンズオンセッションのすべてのセッションは、 m-School のインストラクタが担当いたします!!

Adobe MAX Japan 2009
 
 2009/01/29(木)15:20〜18:10
 Flex Builder 使いのための LiveCycle Workbench 入門


 ※上記イベントは、m-School主催のものではございませんので、
  あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。
  お問い合わせ等は、上記サイトの Adobe MAX Japan 2009事務局へ
  ご連絡いただきますようお願い申し上げます。

"Eclipse"ベースの LiveCycle Workbench を使って、「サクサクっと」ビジネスワークフロー作成を体験してみようという内容です。

注目点は、ワークフローに絡むサーバーサイドの処理が、GUI画面で「ノンプログラミング」で実装できてしまうところです。
Flex Builderを使ったことがある方であれば、目からウロコな内容になることウケアイです。

また、時間があれば、少しだけ LiveCycle ES と Flex の関係も技術的な観点からご紹介できればと思っておりますので、ここまでいければ 「感動の涙」も誘えるのではないかと、インストラクタも意気込んでおります。(お約束できるかどうかわかりません・・・)

是非、この機会にご受講ご検討ください。

LiveCycle ES を MAX Japan 2009 のハンズオンセッションで体験しませんか?(1)〜LiveCycle ES Workbench編〜
posted by チャッピー at 10:59
特集:Adobe MAX JAPAN | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック