2009年02月04日

Adobe MAX Japan 2009で、アドビ風な何か、を知ろう![1]

Adobe MAX Japan 2009行ってきました、たいちょたいちょでっす!


まずはハンズオンセッションならびにm-School(SATT)ブースにおこしいただいたみなさま、さらにはMAXにおこしのすべての方に御礼申し上げます。


今回のAdobe MAXでは、たいちょは裏方でも協力させていただきましたが、一般のお客さまと同様に各セッションにも参加しました。
13,000円実費でしたが、その価値はあったんじゃないでしょうか!

そんなこんなで数回にわたり、週末のシンデレラたいちょぴかぴか(新しい)が、弾丸Adobe MAX Japan 2009探検トラベラーをアップしていきますパンチ

まずは全体の流れと基調講演からスタート!モータースポーツ


探検ルート


今回の探検ルートはこんな感じです。

【1日目】

[S-1] ケビン・リンチ氏の基調講演

       ↓ ↓ ↓

[C-1] クリエイティブ・インスピレーション - New Works

       ↓ ↓ ↓

[B-2] Flash Catalyst(コードネーム“Thermo”)のご紹介

       ↓ ↓ ↓

[G-3] After Effects 超表現術

       ↓ ↓ ↓

[E-4] CATMAN作者が語るFlashアニメーション最新情報

       ↓ ↓ ↓

[S-2] スペシャルイベント:Technology Sneak Peek

       ↓ ↓ ↓
【2日目】

[D-5] Flash Catalystによるワイヤーフレーム・アプローチのFlex開発フロー

       ↓ ↓ ↓

[E-6] HDエクスペリエンスのためのマルチ・ビットレート・ビデオ
     〜最新テクノロジーを使用したFlashビデオプレイヤ開発テクニック

       ↓ ↓ ↓

[E-7] 深化するRIA(Rich Internet Application)

       ↓ ↓ ↓

[C-8] ワークフローとプロトタイピング

       ↓ ↓ ↓

[Y-29] 打ち上げビール


[S-1] 基調講演


まずは基調講演の会場に潜入しました。

・・・こ、これは!!!

Adobe MAX Japan 2009 基調講演


で、でかい!

横幅30mぐらいはありそうな(←距離を目測できない年代)横長の全面スクリーンに圧倒されます!

カメラデジカメのフレームに入りきらない!

今考えるとパノラマ撮影機能を使えばよかったのですがあせあせ(飛び散る汗)、えてして気付くのは過ぎ去ってからです何事も。


次回はケビン・リンチ氏で語る未来像にスポットを当てます!


Adobe MAX Japan 2009 フィギュア

posted by たいちょ at 21:33
特集:Adobe MAX JAPAN | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック