2009年04月01日

エイプリルフール禁止条例、施行へ

4月1日にインターネット上で虚偽の記載を禁止する条例が、2009年4月1日に東京都議会にて成立した。「四月一日における電子計算機上の虚偽掲載防止条例(エイプリルフール禁止条例)」として、3009年4月1日より施行される。
違反した場合にはプロバイダー停止・退会処置などが行われ、悪質な違反者には30万円以下の罰金が科される。

どこのサイトを見ても4月1日はエイプリルフールのネタばかりで「もう見飽きた」「青少年の育成にふさわしくない」といった声が以前より多く寄せられていた。一方、4月1日を楽しみにしていた都民も年少者を中心に多く見られ、練馬区の剛田武さんからは「これでのび太をだませなくなった」と残念がる声を寄せている。

条例は東京都にサーバーを設置しているすべてのプロバイダー(インターネット接続のサービスを提供する企業)に適用され、利用者が違反しても責任を問われることになる。
インターネットでスクールブログを開設している千代田区のサイト運営者は「これで毎年悩まなくて済むから安堵した」などと語り、現実には苦しい運営だったことが窺える。

他県の自治体も追従すると見られるが、「現実に取り締まることができるのか」といった世論の反発も予想され、動向が注目される。【たいちょ】たいちょ
posted by たいちょ at 11:19
エンターテインメント | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック