2009年11月17日

パターン描画ツールの使い方(回転パネル)

Flashの基本機能がわからないという方や、素朴な疑問をさくっと解決したい!といった方のために、毎週1ネタピックアップしてお届けするこのコーナーチャッピー

第18回の今日は、

パターン描画ツールの使い方(回転パネル)


こんなの作ってみました。

チャッピーを探せぴかぴか(新しい)
パネルのどこかにチャッピーが隠れてるので探してね。






作成方法


1矩形ツールで適当な大きさの正四角形を作成し、「panel」というシンボル名のムービークリップシンボルに変換します。(ステージの色はお好みの色に変更してね。)

2ムービークリップシンボル内の編集画面で、「panel2」というシンボル名のムービークリップシンボルに変換します。「panel2」に「panel_mc」というインスタンス名をつけます。
シンボル変換

インスタンス名

3下記の通りスクリプトを記述します。
AS

4メインに戻り、ステージ上のインスタンスを削除します。
インスタンスの削除

5隠す対象となる画像を適当な位置に配置します。
画像の配置

6パターン描画ツールを選択し、プロパティパネルで下記設定を行います。

・描画エフェクト
格子模様
塗り:panel
・詳細オプション
水平方向の間隔:2px
垂直方向の間隔:2px

パターン描画ツールの設定

7ステージをクリックして格子模様を作成します。
格子模様の作成

8格子模様を作成したレイヤーをアウトライン表示にし、ロックをかけます。

9隠す対象の画像をpanelシンボルの四角に収まるように位置を調整します。
配置の修正
posted by チャッピー at 14:12
連載:Flash Beginner's School | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック