2010年01月15日

デジタル時計の作り方

Flashの基本機能がわからないという方や、素朴な疑問をさくっと解決したい!といった方のために、毎週1ネタピックアップしてお届けするこのコーナーチャッピー

すっかりご無沙汰になってしまいましたチャッピーあせあせ(飛び散る汗)

あっという間に年を越し、あっという間に過ぎていく日々。
1日1日を大切に過ごしたいものですあせあせ(飛び散る汗)

さて、第20回の今日は、ActionScript 3.0の初歩

デジタル時計の作り方



ぴかぴか(新しい)完成ぴかぴか(新しい)







1
新規ファイル(AS3.0)を開きます。
ステージサイズを変更します。
今回は「250」×「150」pxとします。
stagesize

2
背景を作成します。(位置はステージに合わせます。)
矩形ツールでステージサイズと同じ、250×150pxの矩形を描画します。
描画した矩形を選択し、カラーパネルでカラーを変更していきます。
種類で線状を選択し、グラデーションカラーを左「#663333」、右「#D9B3B3」とします。
backgroundcolor
設定が終わったら誤操作を防ぐために、レイヤーにはロックをかけておきます。

3
レイヤーを追加し、下記の画像のように日付、時間を表示するテキストをそれぞれ作成します。
text
「/」、「:」は静止テキスト、それ以外はダイナミックテキストで作成します。
入力する文字はあくまでも目安なので何でもOKです。

4
作成したテキストにグラデーショングローを適用します。
テキスト全てを選択し、プロパティパネルのフィルタでグラデーショングローを適用します。
下記の通り設定します。
color
グラデーションカラーは「#FF6599」とします。
gradation

5
作成したテキストにそれぞれのインスタンス名を設定します。

「年」を表示するテキスト⇒「year_txt」
「月」を表示するテキスト⇒「month_txt」
「日」を表示するテキスト⇒「day_txt」
「時」を表示するテキスト⇒「hour_txt」
「分」を表示するテキスト⇒「minute_txt」
「秒」を表示するテキスト⇒「second_txt」

6
新規にレイヤーを追加し、下記のスクリプトを記述します。

code


ムービープレビューで動作を確認します。
posted by チャッピー at 17:02
連載:Flash Beginner's School | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック