2010年06月25日

Flash CS5でAndroidアプリ開発:パブリッシュ編!

Flash CS5でAndroidアプリ開発:準備編!の続きです。

今回はFlash CS5で作ったファイルをAndroid用にパブリッシュして動かします!

今回はQuickTimeムービーです。プラグインがない人ごめんなさい、ダウンロードして入れればみられます!

Flash CS5でAndroidアプリ開発:パブリッシュ編!

簡単に解説を。

Androidアプリケーションをパブリッシュするためには、Certificateファイルが必要です。これは、開発元の証明書みたいなもんですね。信頼度を高めるためには、第三者機関のものを使うべきですが、さくっとFlash上で作ることもできます。

これを作ったらあとはパブリッシュするだけです。すると、apkファイルができます。これがインストール用のファイルですので、これをAdnroidの端末へインストールします。

今回は端末がなかったので、エミュレーターを使ってそこで動かしました。エミューレータをインストールして、そこにファイルを転送するのはちょっとややこしいステップがあるので、また改めて解説します。

ただ、それさえすめばサクサクと行ける感じはおわかりいただけるのではないでしょーか!

ではまた次回!
posted by こう at 17:23
デベロッパー | コメント(2) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
adbをターミナルで使うやり方がいまいち解らないので
次回楽しみです。
Posted by papaiya at 2010年10月15日 11:06
こんにちは、コメントありがとうございます。

また次回!とか言っておきながら4ヶ月近くたっているなんて、、、すみません。。。

今まとめていますので、少しお待ちください。
Posted by こう at 2010年10月16日 09:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック