2010年07月08日

ActionScript3.0 条件分岐の記述方法(else文編)

Flashの基本機能がわからないという方や、素朴な疑問をさくっと解決したい!といった方のために、毎回1ネタピックアップしてお届けするこのコーナーチャッピー

さて、第26回の今日は、前回に続き条件分岐についてご紹介します。
今回はelse文です。

else文


前回お話したifは、「条件を満たした場合(true)の処理」のみが指定できましたが、条件分岐にelseを使用すると「条件を満たした場合(true)の処理」と「条件を満たしていない場合(false)の処理」を指定することができますひらめき

else文の記述方法

if(条件){
 条件を満たした場合の処理
}else{
 条件を満たしていない場合の処理



if(studentScore >=80){
 trace("合格");
} else {
 trace("不合格");


この例では、変数studentScoreの値が80より大きいか等しい場合(つまり80 以上の場合)に、「合格」と出力し、この条件を満たさない場合(つまり80 未満の場合)、「不合格」と出力します。

image01.png


また、複数の条件を指定するにはelse ifを使用します。

else if文


else ifを使用すると「条件Aを満たした場合の処理」と「条件Aは満たさないが、条件Bを満たした場合の処理」のように、複数の条件を指定することができます。else ifを複数回使用することで条件を増やすことができますぴかぴか(新しい)


else if文の記述方法

if (条件A){
 条件Aを満たした場合の処理
} else if(条件B){
 条件Bを満たした場合の処理
} else {
 条件を満たしていない場合の処理
}


if (studentScore == 100){
 trace("満点合格");
} else if(studentScore >= 80){
 trace("合格");
} else {
 trace("不合格");
}


この例では、変数studentScoreの値が100 と等しい場合に、「満点合格」と出力し、この条件は満たさないが、80 より大きいか等しい(つまり80 以上100 未満の場合)に、「合格」と出力し、いずれの条件も満たさない場合(つまり80 未満の場合)、「不合格」と出力します。

image02.png

このように、ifやelseを使用して条件分岐をさせることで複雑な動きを実装することができます。
posted by チャッピー at 13:00
連載:Flash Beginner's School | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック