2010年07月21日

Captivate5 新機能 アニメーションエフェクトを使ってみた動画

連載:eラーニング教材開発内製化支援の第21回です。今回は、今月発売されたばかりのAdobe Captivate 5(アドビ キャプティベイト5)の新機能ムービーです。

アニメーションエフェクトでキャプションに動きをつけてみた


Captivate5の新機能については、発売まで待ちきれない!Adobe Captivate 5 新機能紹介で投稿しましたが、今回は実際の操作方法をCaptivateで記録しました。Captivate4まではテキストアニメーションを使うことで、入力した文字だけをアニメーションさせる方法がありましたが、Captivate5で追加された機能を使用することで、各種オブジェクトにFlashのようなモーショントゥイーンアニメーションのエフェクトを加えることができるようになりました。




操作方法


1.テキストキャプションなどのオブジェクトを追加し、選択します。
2.[タイムライン]パネルの隣にある、[エフェクト]パネルをクリックします。
3.[エフェクト]ボタンから追加したいエフェクトを選びます。
4.エフェクトを実行したいタイミングをタイムラインで調整します。
5.[ライブプレビュー]または[プレビュー]で内容を確認します。

Captivateの短期習得講座をやってます。
m-Schoolでは定例でCaptivate4トレーニング(2日間)をやっています。操作方法はもちろん、制作するときのポイントも含め盛りだくさんの内容をご紹介いたします。Captivate5をお持ちの方でも基本の記録方法に関しては同じなので、安心してご受講いただけます。内容の詳細・申し込みはこちらからAdobe Captivate4トレーニング
posted by エンディー at 11:37
連載:eラーニング教材開発内製化支援 | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック