2010年08月11日

FlashCS5 新機能 air2.0書き出しをしてみた動画

連載:eラーニング教材開発内製化支援の第23回です。今回は、Adobe FlashCS5(アドビ フラッシュCS5)の新機能を使ってみました。

AIR2.0ファイルの作成


本ブログの連載にて、FlashCS5でAndroidアプリを書き出す方法は既にFlash CS5でAndroidアプリ開発:パブリッシュ編!で紹介済みでしたので、ここではAIR2.0の書き出しをやってみました。AIRコンテンツの書き出し方法はFlashCS4でも行えますが、CS5からAIR2.0の書き出しが行えるようになっています。



操作方法


1.新規ファイルAir2.0で作成します。
2.通常のFlash制作と同じようにコンテンツを作成します。
3.パブリッシュの設定をします。
4.AIRファイルの書き出しには、電子証明書が必要なため証明書を持っていない場合は作成します。
5.パブリッシュをします。
6.書き出された.airをインストールします。

Captivateの短期習得講座をやってます。
m-Schoolでは定例でCaptivate4トレーニング(2日間)をやっています。操作方法はもちろん、制作するときのポイントも含め盛りだくさんの内容をご紹介いたします。Captivate5をお持ちの方でも基本の記録方法に関しては同じなので、安心してご受講いただけます。内容の詳細・申し込みはこちらからAdobe Captivate4トレーニング
posted by エンディー at 15:30
連載:eラーニング教材開発内製化支援 | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック