2006年05月07日

「Flashコンテンツ(.swf)を一度クリックしないと操作ができない」件を回避する(まとめ)

Windows XP の Internet Explorer(IE)において、Flashコンテンツ(.swf)を一度クリックしないと操作ができない(アクティブ化しない)件をまとめてみました。

■ActiveX コントロールのアクティブ化(Microsoft)
どのような環境、状況でこの現象になるのか、説明されています。また簡単な回避方法も掲載されています。

■IE の更新プログラムを適用すると、Flash や Shockwave を余計に一度クリックしないとコンテンツを操作できない(Adobe)
Adobe社が公開しているFAQです。後述する「Flash 8アクティブ コンテンツ アップデート」のMacintosh版のインストール方法が掲載されています。

■アクティブコンテンツデベロッパーセンター(Adobe)
Adobe社が公開しているデベロッパー向け情報です。

■アクティブコンテンツのFAQ(Adobe)
上記デベロッパーセンターのFAQです。

■ブラウザの更新に備えたアクティブコンテンツ使用Webサイトの準備(Adobe)
回避するためのJavaScript(JScript)ファイル、およびサンプルファイルがダウンロードできます。Flashコンテンツだけでなく、DirectorのShockwaveコンテンツや、ほかのActiveXコンテンツでも利用できます。

■JavaScriptソリューションの実装前後の例(Adobe)
上記の回避スクリプトを実装した際の、サンプルが掲載されています。

■Macromedia Flash Support Center(Adobe)
Flash Professional 8およびFlash Basic 8用のアクティブコンテンツ アップデートファイルが公開されています(ページは英文ですが、日本語版のファイルをダウンロードできます)。このアップデート(拡張機能)により、本件を回避するためのHTMLテンプレートがインストールされ、パブリッシュ設定のテンプレート選択に「アクティブ コンテンツ HTTP」などが追加されます。

■Mshtml.dll に関する Internet Explorer ActiveX 互換性修正プログラム(Microsoft)
IEの更新プログラムを無効にし、クリックしなくても操作ができるようにする修正プログラムです。各PCに個別セットアップする必要があり、また数ヶ月間の猶予期間以降は完全に移行すると発表されていますので、「暫定パッチ」として限られた状況でのみの利用かと思われます。

5月11日追記:Dreamweaver 8用のアップデータが公開されました。アクティブコンテンツ指定時に、自動的にJavaScriptが挿入されるようになります。

たいちょ
posted by たいちょ at 18:31
デベロッパー | コメント(2) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
adobeのフォーラムでの回答ありがとうございました。
色々と調べJavaScriptで回避できることを知しりましたが、Dreamweaver 8用のアップデータ回避できることは知りませんでした。
(残念ながらDreamweaverMX2004を使用しています)
こちらのブログをお気に入りに登録さてくださいね。
Posted by まあすけ at 2006年05月24日 20:31
ご丁寧に、どうもありがとうございます。残念ながらDreamweaver MX 2004では本件のアップデータは出ていないようですね。ブログではさらに多くの情報を掲載していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by たいちょ at 2006年05月25日 11:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック