2011年03月08日

Adobe Wallaby(ワラビー:アドビ純正Flash→HTML5変換ツール)を試してみたよ

Flashファイル(.fla)をHTML5にコンバートするツール、Wallaby(ワラビー)のpreview 1が、Adobe Labsにて公開されました。

■ Adobe Wallaby (Adobe Labs)

Flashコンテンツが動かないiPhoneやiPadなどでも『せっかく作ったSWFを見てもらいたい!』というWeb制作者のみなさま待望の純正ツールが、ついに登場ですね。

で、さっそく試してみました!
以前にFlashで作成したデジタル年賀状コンテンツを、Wallabyで変換したものがこちら左斜め下です。

!注意!
HTML5版は「Safari(PC、iPadなど)」または「Google Chrome」でしか正しく表示されません。
IE、Firefox、Operaでは動作しません。


■ Flash(.swf)版 年賀状

■ HTML5版(上記のFlash版をWallabyで変換)

  JavaScriptファイルを見ると、Webkit特有の指定があるようです。
  そのため現段階ではSafariとChromeだけのようです。
  (変換後のファイルでは、SVGやjQueryを利用しています)
  まずはiPad/iPhone対応に全力、ということでしょう。

ちなみにHTML5への変換は、ワラビーにFLAファイルをドラッグ&ドロップして、コンバートボタンを押すだけです。簡単ひらめき

比較すると…
・音が出ない
・クリックなどが効かない
・アニメーションがやや不安定
などがありました。

しかし「preview 1」というファーストバージョンでこの動きなら、なかなか期待できるのではないでしょうか。
iPadでも動作を確認しましたが、PCのSafariと比べるとちょっとアニメーションがもたつく感がありました。透過やメモリ、フレームレートとかの調整すればスムーズになるかもしれません。
クリックなどもActionScriptを調整すれば、動くようになるのかもしれませんね。

以上、速報でした!たいちょ

たいちょ たいちょ@Twitter
posted by たいちょ at 18:22
Web制作 | コメント(1) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 志望動機の例文 at 2013年10月10日 09:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック