2011年04月27日

押し出し・ベベルを使えば簡単!立体文字を作る - イラレクラブ

こんにちは、ぱぐですpugかわいい

平面キャラばかり描いている私は、
たまに飛び出した感じのデザインも作りたくなったりします。

そんな今日は、インパクトがないチラシの見出しにも使えそうな
立体文字を簡単に作ってみたいと思います。

それでは、第11回のイラレクラブを始めます。
皆さん、よろしくお願いします。

今回の課題「押し出し・ベベルを使えば簡単exclamation立体文字を作る」


1.[ 文字ツール ]で文字を入力します。
11-1.jpg

2.[ 塗り ]で文字に色を付けます。
11-2.jpg

3.[ 効果 ]メニューの中にある[ 3D ]から、[ 押し出し・ベベル ]をクリックします。
11-3.jpg

4.[ 3D 押し出し・ベベルオプション ]が開きました。
 [ 詳細オプション ]をクリックして表示されていない詳細部分を表示します。
11-4.jpg

5.[ プレビュー ]にチェックを入れます。
(チェックを入れておくと調整した時に、すぐ反映されるので確認がしやすいく
微調整も行いやすいですよ。)

[ 押し出しの奥行き ]を30ptにします。
ここで、厚みの調整を行います。

[ 表面 ]オプションにある四角いマークをドラッグして、
照明の位置を調整し[ OK ]をクリックします。
11-5.jpg

6.完成exclamation文字に奥行きが出来ました。
11-6.jpg


おまけ


11-7.jpg
「問題です!
上の画像の文字は、なんて書いてあるでしょうかっpugexclamation・・・。答えは、イラレクラブでした〜♪」

こんなお遊びも、
[ 3D 押し出し・ベベルオプション ]の[ 位置 ]を調整すれば、簡単に作れちゃいます。
11-08.jpg

もちろん、イラストにだって使えますよぴかぴか(新しい)
11-9.jpg


m-Schoolでは、Illustrator の講座を行っていますいす

満月Adobe Illustrator CS5 目指せ、脱初心者!制作テクニック講座
少し触ったことがある方や、『普段から使用してはいるものの、基礎が身についてない』と感じている方にピッタリの、脱!初心者向け講座です。

満月おしえます!仕事で使えるワザ特集!講座
業務で使うにあたり「これだけは学んでおくべき内容」に絞ってマスターするトレーニングです。制作現場のプロが最低限知っておきたい How To を活用して、チラシの制作方法を実習で学びます。
posted by pug at 11:03
連載:イラレクラブ | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック