2006年08月23日

アドビテクノロジー・Tips 第7回

高機能なグラフィックスおよびテキスト編集ツールを使ってプロフェッショナルなレイアウトデザインを実現する[ Adobe InDesign CS2 ]。今回は、前のバージョンであるAdobe InDesign CSとの互換性を強化した新機能、[ InDesign互換形式(.inx)の書き出し ]についてご紹介します。

-------------------------------------------------------
[ InDesign互換形式(.inx)の書き出し ]
InDesign CS2で作成したデータを、他のユーザーと共有する場面は多々あります。しかし、全てのユーザーが最新のInDesign CS2を使用しているとは限りません。そのような場合、「InDesign互換形式(.inx)」にInDesignファイル(.indd)を書き出すことで、InDesign CS2とInDesign CSとのデータのやり取りをシームレスに行うことができます。(残念ながらCS以前のバージョンとの互換性はありません。)
書き出し方法は下記の通りです。

< 方法 >
1.[ Adobe InDesign CS2 ]を起動します。
2.書き出しを行うドキュメントを開きます。
3.「ファイル > 書き出し」を選択します。
4.「ファイルの種類」(Windows)または「フォーマット」(Macintosh)から「InDesign 互換」を選択します。
5.「保存」をクリックします。

20060823_indd_01.jpg

保存が完了すると、指定した保存場所にInDesign互換形式(.inx)ファイルが表示されます。

20060823_indd_02.jpg

InDesign互換形式(.inx)ファイルは編集用ではありません。InDesign CSで編集する際には、一度InDesign互換形式(.inx)ファイルを開き、InDesignファイル(.indd)に変換する必要があります。変換したInDesignファイル(.indd)は、InDesign CS2で作成時のファイル名が破棄されてしまいます。(今回の例では、元々「sample_unit.indd」というファイルが、「名称未設定」に変更されています)従って、InDesign互換形式(.inx)ファイルを開いた際には、変換されたInDesignファイル(.indd)を再度保存し、ファイル名を再設定する必要があります。

20060823_indd_03.jpg

また、当然ながら、InDesign CS2の新機能を使用したInDesign互換形式(.inx)ファイルは、InDesign CS上で開く際に、新機能を使用した部分が正しく読み込まれません。

従って、InDesign CSユーザーとのデータのやり取りが行われる可能性が少しでもある場合は、InDesign互換形式(.inx)ファイルに書き出すことを想定して、InDesign CS2の新機能はなるべく使用しないようにしましょう(便利な新機能を使うことができないのことは、大変残念ですが・・・)。

-------------------------------------------------------


他のCreative Suiteアプリケーションとの緊密な連携を通じて、より効率的な制作ワークフローと柔軟な制作環境を提供する[ Adobe InDesign CS2 ]。[ InDesign互換形式(.inx)の書き出し ]を活用することで、InDesign CSユーザーとの連携したワークフローを実現することができます。

********************************************************
InDesign CS2で作成したInDesign互換形式(.inx)ファイルを、InDesign CSで開くためには、InDesign CSに「InDesign CS 3.0.1日本語版2005年4月(CS2互換アップデート)版」を適用する必要があります。
InDesing CS側でこのようなアップデートが行われていない場合は、InDesign互換形式(.inx)ファイルを開く際にエラーが表示されます。
********************************************************

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
  金像 瑞穂(コンゾウ・ミズホ)
  マルチメディアコンテンツ・クリエイター/インストラクター
  アドビシステムズ・認定インストラクター
  媒・を問わず、アドビ製品から旧マクロメディア製品まで
  縦族無尽に使いこなし創作活動を行う。豊富な経験、
  アプリケーションの知識、そして、分かりやすく
  軽妙なのにも関わらず熱心なトークで講損としても
  引っ張りダコで、北や南と走り回る日々。
posted by タイラー@m-School at 08:08
連載:アドビテクノロジー | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック