2011年10月26日

戦略組織を作るためのワークショップの進め方 - 経営戦略術講座だより

経営戦略術講座だより 第24回です。 
今回は、ワークショップの進め方(グループワーク)の説明です。

ワークショップの進め方 (グループワーク)


●ワークショップの個人ワークが終わる毎に、次のグループワークへ進みます。
24_01.JPG
グループワークでは模造紙を貼り、そこに個人ワークの付箋を貼り付ける方法で行いますひらめき

まず、一人ずつ、自分が書いた付箋を持ち、それぞれの項目で自分の考えをのべながら、
また説明しながら付箋を貼り付けていきます目

同様に次の人が付箋を持ち、前の人と同様説明しながら付箋を貼り付けていきます。
前の人と同じ意見・若しくは問題点があれば、前の人の付箋の上に貼り付けていきます。

順次説明しながら、付箋を貼り付けていきます。
すべて終われば、同類の付箋を集め、まとめて一つの付箋にして、貼り付けます。

この様に順次発表している間に、それぞれの人の考え方のレベルが合ってきます。

最初個人ワークではどのレベルの事柄を記入すればいいのか分からない場合も、
この様に発表して行き、又他人の意見を聞いているうちに自ずとベクトルが合ってくるのですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

この様にベクトルが合っていないうちに戦略を立てると、
それこそちぐはぐな戦略になるので、
このワークショップは非常に重要な役割を果たしているのですパンチ
posted by pug at 10:01
連載:経営戦略術講座だより | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック