2011年11月02日

戦略組織を作るためのワークショップの利点と効果 - 経営戦略術講座だより

25回目の今回は、
ワークショップの利点と効果の説明です。

戦略組織を作るためのワークショップの利点と効果



あなたが、自分の組織を良くしようと思うのであれば、必ずワークショップを行って下さい 目exclamation×2
25_01.JPG
そこには、多くの『気づき』が発生します。
また、そのようなワークショップにしなければいけません。

ワークショップでは、普段あまり真剣に考えていなかったことや、
獏然としか見ていなかった事がはっきりしてきます。そこで『気づき』が発生するのですexclamation

例えば、顧客のニーズに関するワークショップを行った時に、
ふだん顧客を頻繁に訪問しているので、顧客ニーズは当然掴んでいるはずなのに・・・

「まったく掴んでいない。ふらふら

「意見が出てこない。がく〜(落胆した顔)

それは顧客を訪問しても「ニーズが何か?」という見方をしていなかったので、
何も気が付かなかったのですあせあせ(飛び散る汗)

しかし、こういうワークショップを行うことにより、
いかに自分がボーッとして顧客を訪問していたかを思い知り、
そしてその後、顧客を訪問した時にその見方が変わってくるのです。

また、あなた自身もワークショップに参加してみて、
ふだんは前向きな議論等を行ったことのない部下が、
思わぬ発想・考え方を持っている事に感心させられることもあるでしょう。

あなたが真剣に取り組む事により周りもまた、
真剣に取り組み意見をまとめ、意思の疎通ができ、
前向きな取り組みとなりモチベーションが必ず上がってきますグッド(上向き矢印)

あなたが部門の長であるならば、時間を見つけ必ず実施しましょうパンチ

posted by pug at 11:07
連載:経営戦略術講座だより | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック