2007年03月06日

次期ColdFusion(コールドフュージョン)は「Web2.0サービス統合ハブ」

本日3月6日、Adobeにて「リッチインターネット環境を拡張する新技術説明会」が開かれたのですが、そこでAdobe ColdFusion(コールドフュージョン)次期バージョンについて言及があったようです。

■Adobeの次期ColdFusionは「Web2.0サービス統合ハブ」(CodeZine)

次期ColdFusionのコードネームがスコルピオ(Scorpio)めっさかっこいいのですが(「スコーピオ」でもいいですが)、それは置いておいてFlexとの接続性がさらに高まるとのこと。「Webサービスにおけるサービス統合ハブ」との発言からも、今後ColdFusionが重要な位置付けになることは間違いなさそうです。リリースは2007年秋を予定とのこと。

Adobe Labsでは、スコルピオ壁紙がダウンロードできます。
数字の8がサソリってます。

また、Adobe Flex 2.0.1のバージョンアップ説明もあったようです。たいちょ

■ColdFusion MX 7超入門
■Fast Track to ColdFusion MX 7
posted by たいちょ at 20:38
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック