2007年03月28日

Adobe Creative Suite 3(CS3)発表:アドビ史上最大のリリース、出てこいや!

アドビ史上最大のリリース、Adobe Creative Suite 3(CS3:アドビ クリエイティブスイート3)の全貌が発表されました!

■Adobe Creative Suite 3(Adobe Systems)
■Adobe Unleashes Creative Suite 3 Product Line(Adobe Systems Press release)

・・・えーっと、ブラクラですか?すみません、ちょっとこのピエロはいかがなものかと…たらーっ(汗)

気を取り直して、
■Creative License(Adobe Systems)
このページで、Flashパワー魅せまくりの各プロダクト解説が見られます。3Dのルービックキューブが回転しますよ。かっこいいな〜。


■Adobe、Creative Suite 3を発表(ITmedia News)
■アドビ、マクロメディア製品を統合した「Creative Suite 3」を発表(Computerworld.jp)
Creative Suite 3では、アドビ製品とマクロメディア製品の連携を図るとともに、製品ラインの重複が取り除かれている。例えば、「Photoshop」のレイヤを直接「Flash」にインポート可能になり、最初に全レイヤを完全な画像にしなくても操作できるようになった。これまでは、全レイヤを一挙にインポートする必要があり、そのために膨大な時間がかかっていた。
また、Creative Suite 3のWebデザイン・バージョンでは「GoLive」が「Dreamweaver」に置き換えられている。これは、顧客がマクロメディアのツールを支持したためであるという。ちなみに同社は、GoLiveについても引き続きスタンドアロン製品としてアップデートする予定だ。


GoLive(ゴーライブ)さんがスイートの仲間から卒業しました…。

気になるプロダクトはてんこもりですが、たいちょが一番気になっているのがPhotoshop CS3 Extended(フォトショップCS3拡張版)です。

■Adobe Photoshop CS3 Extended(Adobe Systems):フォトショップCS3拡張版
これまじですかっ!ホントにこんなにうまくテキスチャ貼れるのは、すごすぎませんか!?これは今すぐほしい!

そのほか、プロダクトが満載過ぎて正直見尽くせません。簡単にさささっとご紹介。ちなみに解説はすべてたいちょの足りない知識&超訳ですので、間違っていたら申し訳ありません。

■Adobe Photoshop CS3(Adobe Systems):フォトショップCS3
こちらはPhotoshopのスタンダード版。「Smart Filters(スマートフィルター)」によって、スマートオブジェクトのように元画像を変更させずに、各種フィルターを適用できます。これで元レイヤーをとりあえずコピーしてキープしておく、といった手間がなくなりそうですね。レイヤーの組み合わせかたによる確認作業も簡単にできそうです。

■Adobe Illustrator CS3(Adobe Systems):イラストレーターCS3
kulerでおなじみの「Live Color」が搭載。個人的にはツールバーなどの進化が見逃せません。

■Adobe InDesign CS3(Adobe Systems):インデザインCS3
エフェクトが多数増えたようです。CS3のキーワードのひとつかもしれない「XML」のエクスポートなどもありますね。

■Adobe Flash CS3 Professional(Adobe Systems):フラッシュCS3 プロフェッショナル
PhotoshopやIllustratorとの親和性が高まりました。もちろんActionScript 3.0(アクションスクリプト3.0)や進化したデバッガなど、山ほど話題がありますので、Flashはまた別の記事でご紹介します。

■Adobe Dreamweaver CS3(Adobe Systems):ドリームウィーバーCS3
最大の目玉はもちろん、Spry framework for Ajax(スプライ)の簡単作成機能です。これでユーもアジャックスしちゃいないよ!(←「エイジャックス」です)CSS関連もさらにパワーアップされたようですね。

■Adobe Contribute CS3(Adobe Systems):コントリビュートCS3
Dreamweaverに合わせて、ContributeもCS3にバージョンアップ。…なんですが、Contribute 4からの新機能は、IntelMacやVista対応などでちょっと少なめ。しかし日本語版は3まででしたから、大幅なバージョンアップといえるでしょう。3に関しては、Contribute 3(コントリビュート3)とは?をご覧ください。

■Adobe Fireworks CS3(Adobe Systems):ファイアーワークスCS3
Photoshopとの差別化がどうなるか注目のFireworksですが、デザイン初心者のかたでもサクッとWebデザインを作成できるツールとして、Web Standard / Premiumにバンドルされています。PhotoshopやIllustratorとの親和性も高まりました。さらに、「RIA layout prototyping」として、RIA用のレイアウトをFireforksで作成し、そのままFlex(フレックス)で利用できるようです。

■Adobe Acrobat 8(Adobe Systems):アクロバット8
こちらはすでに発売中のAcrobat 8です。詳細はインストラクターが語る、Adobe Acrobat 8(アクロバット8)とは?をごらんください。

■Adobe After Effects CS3(Adobe Systems):アフターエフェクトCS3
「とりあえずエフェクトをドラッグ&ドロップするだけで、超クールなビデオが作れるビデオ編集効果ソフト(もちろん慣れればさらに感涙もののビデオが作成可)」のAfter Effectsですが、Photoshopとならびこちらもたいちょお待ちしておりました!「Text and vector graphics creation and animation」「Timesaving tools」「Powerful motion controls」などなど、見ただけですごいことになっています。バージョンアップの期間がほかのソフトより短かったためか、見た目は7とほとんど同じですが、中身はグレードアップのようです。

■Adobe Premiere CS3(Adobe Systems):プレミアCS3
ビデオ編集ソフトのスタンダードPremiereですが、Blu-ray(ブルーレイ)対応やパネルの改良などアップグレードされています。

■Adobe Soundbooth CS3(Adobe Systems):サウンドブースCS3
こちらは新登場のサウンド編集ソフト、Soundbooth。古くからのMacromedia(マクロメディア)ファンであれば、「Sound Edit Pro…16…懐かしい…」と思われるかたもいらっしゃるかもしれません。今風のインターフェース、機能、ビジュアライザーを搭載して登場です。「Animation cues for Adobe Flash」として、
「export them as XML or in FLV. Access」できるのはCS3パッケージングならではですね。

■Adobe Encore CS3(Adobe Systems):アンコールCS3
DVD制作&書き込みソフトEncoreです。Blu-ray対応はもとより、SWFパブリッシュやスライドショーエディターなど、こちらもパワーアップしています。


さらに、CS3になって進化したツール、新しいツールも追加されています。ものによっては特定のバンドルに付属、Windows版のみとのことです。

■Adobe Version Cue CS3(Adobe Systems):バージョンキューCS3
バージョン管理ソフトのVersion Cue。ファイル管理機能がパワーアップ。

■Adobe CS3 Bridge(Adobe Systems):CS3ブリッジ
おなじみBridgeですが、新機能はちょっと地味な感じです。しかし「This is a huge step forward for Bridge」となっていますので、おそらく使い勝手が大幅に向上してそう。気になるところは「Real-time, interactive web meetings using Adobe Acrobat Connect」で、Acrobat ConnectをBridgeから直接起動できるようです。オンラインミーティングをしながらフォトを選んで…のようなシチュエーションがあるのでしょうか。

■Adobe CS3 Device Central(Adobe Systems):CS3デバイスセントラル
Flash Lite(フラッシュライト)のエミュレータや各種モバイル関連のプレビューを、PC上でもテストやデバッグできるようです。対応しているプロダクトと「セントラル」の名のとおり、統合かつ統一化されたモジュールとなるのでしょう。

■Adobe Stock Photos(Adobe Systems):ストックフォト
100万点を超える画像ファイルを検索&購入できるStock Photos。

■Adobe Acrobat Connect(Adobe Systems):アクロバットコネクト
SATTでも大プッシュ中の、Adobe Connectファミリーのひとつ、Adobe Acrobat Connectが付属するようです。これはどういった形で提供されるのでしょうか。日本語版ではどうなるのかな…。

■Adobe Dynamic Link(Adobe Systems):ダイナミックリンク
After EffectsやPremiereのコンポジションを、中間データぬきで直接リンクできる機能でしょうか。AEのエフェクト付きコンポジションを直接Premiereに持って行ける、と。

■Adobe OnLocation CS3(Adobe Systems):オンロケーションCS3
Adobe DV Rackの新バージョン。ビデオ撮影中の映像を、ディスクへ直接記録およびモニタリングできるソフトウェアとのことです。

■Adobe Ultra CS3(Adobe Systems):ウルトラCS3
After Effectsなどのビデオツールで、キーイングできるソフト、Ultraの新バージョン。統合化されたインターフェースが使いやすそうです。あと、すぐに使えるバーチャルスタジオがライブラリされているようです。ちゃんと影や反射に対応するようですね。


書いていてなんですがすごいボリュームだ…。

CS3で作られたコンテンツのプラットフォームはApollo(アポロ)に集約されていくことはほぼ間違いでしょうから、Webの歴史が一新されるかもしれません。

アドビ自身が「過去25年の中で史上最大のリリース」と明言しているだけあって、完全に「次世代」が見えるプロダクトです。これは発売が楽しみですね。CS2とは違うよ。全然違うよ。自分でもびっくりしてるくらい。英語版の発売は4月以降を予定、日本語版のスケジュールが気になるところです。

ちなみに今回の記事のタイトルは、くしくも同じ日にサプライズ発表を行った高田延彦PRIDE統括本部長にかけております。

(2007年5月8日追記):CS3日本語版発表されました!詳細はAdobe Creative Suite 3(CS3:アドビ クリエイティブスイート3)日本語版 発表にて。

■Adobe Creative Suite 3 オーバービュー:新登場CS3はこうなる!(m-School)

■ソフトウェア販売:CS3シリーズ販売中!(m-School)
posted by たいちょ at 03:53
ニュース | コメント(18) | トラックバック(2)
この記事へのコメント
New Versionは今年いっぱいは無理かもと思っていたけど、青天の霹靂でした。。
すごいですね。MSのExpressionシリーズなどまったく敵じゃないです。
Posted by ferry at 2007年03月29日 19:43
コメントどうもありがとうございます。
自分もこんなにハイペースに登場してくるとは思っていませんでした。まだ日本語版のリリース時期が不明ですが、ボリュームがすごすぎて、購入後一週間ぐらいは仕事できないのではないかと思います(笑)。
また、ブログも拝見させていただきました。『モチベーションを与えよう』『Dreamweaverでの正規表現』など、バラエティに富んでいてすごいですね。Dreamweaver CS3では、検索機能がわかりやすくなるといいですね。かなりいい機能なのですが、指定がちょっとわかりにくいですよね…。
Posted by たいちょ at 2007年04月01日 20:16
こんばんは。
CS3について調べていたらこちらを見つけました☆
adobeのサイトも見たんですが、
standed ver.でも十分仕事できる感じですよね。。。
Photoshop CS3 Extendedはあったら助かる感じですが、
Photoshop CS3だけでも十分な気がします。
(3Dに関与しなければ)
English ver.を買うつもりです。
Posted by らりほ at 2007年04月04日 02:04
こんにちは、コメントありがとうございます。
3Dを使わなければ、standardでも問題なさそうですね。個人的には、FutureTourでテクスチャ貼っているムービーとか見ると、かなり欲しくなります。「Enhanced Vanishing Point」などの機能により 2D → 3D が簡単に作れると、アイコンやボックスショットのイメージが量産できるかも…。
英語版はプリオーダー中ですが、今月中には出荷しそうですね!
Posted by たいちょ at 2007年04月04日 12:21
ども、はじめまして。
これってアップグレードする時ってどうなんでしょう(??)

Studio MXとかCS1,2とかからもいけるんでしょうか?
知っていたら教えてくださいM__M
Posted by ピシュ at 2007年04月06日 18:20
こんばんはピシュさん、コメントありがとうございます。
4月7日現在、日本語版はまだ正式に発表されていませんので、アップグレードの正確な答えはわかりませんが、英語版のアップグレードは発表済みですので、おそらく日本語版もそれに近い形になるかと思います。

英語版でのアップグレードは、たとえばCS3 Designバンドルでしたら、
http://www.adobe.com/products/creativesuite/design/upgrade/
のページの黒いバーにある「ELIGIBILITY CHART」をクリックすると表示されます。
Studio MXからCS、FlashやPhotoshopまで、関連あるソフトのほとんどからアップグレード可能です(ただし価格は大幅に違いますが)。

ただ、
http://www.adobe.com/jp/support/upgrade_policy/
上記ページにあるように、あまりに古いバージョンですと適用外になる可能性はあります。

どちらにしても日本語版発表後、アドビ システムズにお問い合わせるのが確実かとは思いますが、Studio、CSからのアップグレードはまず間違いなくOKでしょう。
Posted by たいちょ at 2007年04月07日 02:47
日本語版発表されましたね。機能もすごいですが、価格も2倍くらい跳ね上がってしまいました・・。
でもCS3の発売前にCS2を入手すれば、無償アップグレードでかなりお得にアップグレードできますね。これなら古いバージョンからでもバージョンアップできるし、Photoshopからのバージョンアップを考え中です。

無償アップグレードを利用するとどれくらいお得か調べてみました。
http://www.profaim.jp/make-rec/note/n070512/index.php
Posted by profaim at 2007年05月16日 09:16
Adobe&Macromediaソフトの集大成で、本数が多い&バンドルのバージョンが多いため、ちょっとややこしくなっていますね。手持ちのソフトに何を持っているかで、どう購入するかいろいろ選択方法がありそうですね。
Posted by たいちょ at 2007年05月17日 15:38
DreamweaverのCSS関連の機能がパワーアップされているのは気になります!(・∀・)
Posted by 浜村拓夫 at 2007年06月20日 01:17
今回のDreamweaver CS3のバージョンアップポイントは、Spryやほかソフトとの連携が中心のようですが、CSS関連もいろいろパワーアップしているようですね。日本語版は明日ごろに出荷スタートです!!!ご購入はこちら(笑)→ http://m-school.biz/shop/list.htm
Posted by たいちょ at 2007年06月21日 19:43
最近、CS4も発表されていたようです。バージョンアップははやかったです。
Posted by Photoshop- CS4 at 2008年09月24日 14:59
コメントありがとうございます!
ちょうど先ほど、CS4の記事をアップしました。

http://blog.m-school.biz/article/107073016.html

Photoshopは3Dが結構強化されているようです。3Dオブジェクトの生成以外は、かなりのことができるようになってきましたね。
Adjustments panelは使い勝手向上に役立ちそうです。
去年の3月に記事を書いて今が2008年9月ですので、スイート製品のバージョンアップとしてはかなり早いですね!
Posted by たいちょ at 2008年09月24日 16:50
初めまして!
adobe CS3は
windows7に対応していますか?
そろそろ7に買い替えようかと思い
書きました。

マイクロソフトのWindows 7 Upgrade Advisor
では非対応ですが、7の互換性モード(プロ)
で動くのであれば7のパソコンを買いたいと
思います。


また、ネットブックでの動作はどうなので
しょうか?

よろしくお願いします。
Posted by bb at 2010年07月02日 13:07
残念ながらWindows7を使っていないので実体験からはお答えできないのですが、アドビ社よりWindows7の対応情報が公開されています。

■Windows 7 への対応について
http://go.adobe.com/kb/cs_8329_ja-jp
http://www.adobe.com/jp/joc/cs4/w7_snowleopard/

『※Creative Suite 3 (CS3) 製品はサポート対象外です。』と書かれていますので、保証外になってしまいますね。

ネットブックに関しては、CPUやメモリ、グラフィック性能やモニタサイズなどから、快適な動作とはいいにくいと思いますね。もちろん使い方にもよりますが…。
Posted by たいちょ at 2010年07月03日 20:56
たいちょさんコメント
ありがとうございます。

参考にさせていただきます。

また何かあったら教えてくださいね。
Posted by bb at 2010年07月04日 01:43
CS3はビスタのサービスパック2に対応してい
ますか?

ただ、ネット環境がモバイルで遅いので
相当時間がかかると思いますがどうでしょう?

よろしくお願いします。
Posted by bb at 2010年07月04日 12:37
特にService Packで動作が変更される、という話はあまり聞かないので、たぶん大丈夫かとは思いますが、正確な情報はアドビ社にお問い合わせ頂くのが一番かと思います。

■Microsoft Windows Vista への対応について
http://kb2.adobe.com/jp/cps/725/7258.html

モバイルは…すみません、PC+モバイル環境を使ったことがないので、スピードとかはすみませんがよくわかりません〜(´。`)
Posted by たいちょ at 2010年07月08日 21:41
たいちょさんありがとうございます。
今のところはビスタで頑張りたいと
思います。
Posted by bb at 2010年07月09日 13:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Adobe CS3 日本語版は・・
Excerpt: 晴天の霹靂だったAdobe CS3の発表から2週間・・・ http://blog
Weblog: some days in the life
Tracked: 2007-04-15 20:04

CS3が!
Excerpt: ども、パン玉@自宅より、4連休+4連休です。先週はInDesignCS2で本格的にデザインする仕事がありました。いつもと違うことするのは楽しいものですよ、時間は2倍増しですが(笑)機能はほとんど把握..
Weblog: まどぎわデザイナー
Tracked: 2007-04-28 17:27