2007年05月31日

ブラウザー起動時のホームページはYahoo!が圧倒的な利用率

リサーチによると、ブラウザー起動時のホームページは、Yahoo!に設定しているユーザーが6割以上とのことです。

■6割が「Yahoo!」をトップページに設定、日経リサーチ調査(Internet Watch)
■Yahoo! は多機能・ユーザビリティが理由で高い評価(CNET Japan)
■Yahoo! 6割強、Google1割弱」トップページ設定で両者に大差(MarkeZine)

■Yahoo! は多機能・ユーザビリティが理由で高い評価(日経リサーチ データシグナル)

やはりYahoo!を選ぶ理由は、トップページにニューストピックスや検索ボックスなどの基本要素がすべて詰まっているからでしょうか。実際GoogleGoogleニュースなど同じようなサービスは行っていますが、やはり「トップページに凝縮」が日本にマッチしているのでしょう。海外ではおそらく逆の割合でしょうし、iGoogleMy Yahoo!などのパーソナライズドページが活用されているような気がしますね。

ちなみにたいちょabout:blank なんですけど、そういう方って少数派なんでしょうか?
posted by たいちょ at 11:48
ニュース | コメント(2) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
私も空白(about:blank)派です。
ニュースはRSSリーダーを使うし、検索は検索バーを使うのでヤフーにする必要がないからです。それにブラウザを開くときに毎回いきたいサイトなんてないですし。
ホームページを設定してる人って検索バーがないIE6を使ってる人に多いんじゃないですか?
色々な機能などを求めてFireFox、Sleipnirなどのブラウザを使ってる人なんかはabout:blank派が多い気がします。
Posted by hya at 2007年06月30日 12:05
コメントありがとうございます。hyaさんとまったく一緒で、自分も通常はタブブラウザ&RSSリーダーを利用しています。やはり使い方や慣れによって、設定は人それぞれ違いますね。今まで見てきた限りでは、Yahoo!かデフォのMSNの人がほとんどでした。起動時にニュース&検索がある、というのがやはり魅力なのでしょうか。
Posted by たいちょ at 2007年07月02日 12:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック