2007年09月06日

ハイデフの波はインターネットビデオにも

ハイデフ(ハイ・デフィニション、ディフィニション:高解像度、高画質、高精細)の波は、ゲームやDVDから、インターネットにも押し寄せてきています。

■ソニーの動画共有サービスがDVDクラスの高画質化を実現(GIGAZINE)

高画質の動画共有といえばDivX Stage6が有名ですが、eyeVio:アイビオでは「FLVストリーミング」というのがポイントですね。サイズはいまのところ「16:9 (640×368) または4:3 (480×360)」とのこと。

YouTube(ユーチューブ)が爆発的にヒットした理由は、だれでも簡単に自分のブログにビデオをペタペタ貼れるところだと思いますが、高画質になった場合には、また違った楽しみ方や利用方法がでてくるのかもしれませんね。たいちょ

Flashビデオ(FLV)の講座やってます!
■Flash CS3で広がるコンテンツ制作 Flash Video入門講座
■Flash 8: Video Development
■Flash Video制作バリューパック
posted by たいちょ at 20:09
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック