2008年03月06日

MIX08最新情報:InternetExplorer 8、Silverlight 2公開!

現在、米国ラスベガスにてMicrosoft MIX08が開催されています。

参加しているm-Schoolスタッフが現地より最新情報をお届けいたします!

開催初日の本日、Keynoteにて2つ大きな発表がありました。

sg.jpg
.NET開発チームのトップ、スコット・ガスリー氏

1つ目はIE 8 Beta 1の公開です。Keynote終了直後よりDL可能となっています。

(ご利用は自己責任にてお願いいたします。Beta版のため、サポートは無いようですので、特にご注意ください。)

Internet Explorer 8 Beta: Home Page

新機能をいくつかご紹介

・CSS最適化(CSS2.1サポート)

・HTML 5サポート

・IE7でのエミュレートが可能

・右クリックメニューにLive SearchなどのWebサービスとの連携が追加

・「戻る」ボタンが賢くなった

・JavaScriptデバッグツールを搭載

Webサービスとの連携では、Webサイト上の住所をドラッグして選択、右クリックメニューから「Map with Live maps」にカーソルをあわせるとページを遷移することなく、その場にポップアップで地図が表示されます。さらにその地図はその場でドラッグやズームが可能で、デモンストレーションをみた観客は大盛り上がりでした。(※m-Schoolの住所で試してみましたが、日本は未対応?)

また、今までのIEは「ページは移動していないけれど、ページ内部の処理で内容が変わった場合」つまり、Ajaxでつくられた地図をズーム、ドラッグなどの表示内容を変更し、元に戻したいときについ「戻る」をクリックすると丸ごと前のページに切り替わってしまいました。しかし、IE8の「戻る」は、ひとつ前の処理に戻すことができるため、ページを切り替えることなく、ズームする前や、ドラッグする前の段階を表示してくれます。目立たないかもしれませんが、気がきいた変更です。


2つ目、Silverlight 2 Beta 1の公開です。

(ご利用は自己責任にてお願いいたします。Beta版のため、サポートは無いようですので、特にご注意ください。)

Microsoft Silverlight: Light Up the Web

いよいよSilverlightにもWPFのコンポーネントが追加され、各段に実用的になりました。また、バックグラウンドのロジックをC#などで記述できるようになり、データバインディングなどが行えるようになります。そして、ビデオ配信関係でも新しい配信方法のデモンストレーションが行われました。今までのプログレッシブダウンロードに似ていますが、常に再生位置の指定秒数前までをダウンロードするため、必要以上にダウンロードをせず、帯域の節約、つまり配信コストの節約につながります。

また、これは正式な発表はなかった?ように思いますが、デモ上ではBlend 2にもSilverlight 2のコンポーネントがアセットに追加されていました。

明日も引き続き、最新情報をお送りする予定です。乞うご期待!

▼関連サイト
IE 8は互換性重視、CSS 2.1完全サポートへ - ITmedia News
MS、Silverlight 2のβ版リリースへ - ITmedia News
Internet Explorer 8 Beta 1がダウンロード可能になりました - GIGZINE
マイクロソフト、Internet Explorer 8 Beta 1リリース:CodeZine
ラウンドアップ:MS、「MIX08」開催--「IE 8」ベータを公開:ニュース - CNET Japan
マイクロソフト、MIX08で「IE8」をデモ--ベータ版もリリース:ニュース - CNET Japan

▼WPF、Silverlight関連のm-School講座
次世代のリッチクライアントアプリケーションはこの講座から!
WPF / Silverlight テクニカルクイックマスター

Blend Bookの著者が教える、ユーザーエクスペリエンス!
Microsoft Expression Blendによる 次世代GUIアプリケーション開発手法
posted by こう at 17:46
特集:Microsoft MIX | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック