m-School (エムスクール)は、駿河台学園グループが運営する
法人向け研修トレーニングセンター、およびレンタル教室・会議室です。

2007年10月03日

Adobe Flash Lite 3(フラッシュライト3)とかThermo(サーモ)とかいろいろ

なぜかすっかり忘れていたので、遅ればせながらですがAdobe Flash Lite 3(フラッシュライト3)がリリースされました。

■Adobe Flash Lite(Adobe Systems)
■Adobe Launches Flash Lite 3(Adobe Systems Press releases)

■Adobe、「Flash Lite 3」リリース(ITmedia News)

FLVサポートでさらにモバイルでの普及が見込まれそうですね。

また、まったく新しいソフトも発表されました。

■Thermo(Adobe Labs)

このThermo(サーモ)というソフト、デザインを画面上で配置するだけで、自動的にFlexのようなRIAコンテンツが作成できてしまうそうです。このソフトについて現地のエンディーと電話で話したのですが、なんかもうとにかく簡単にできるそうですひらめき 詳細は帰還しだいご報告します。

そのほか、まだご紹介していないアップデート情報など。

■AIR:Flash CS3 Professional Update(Adobe Labs)

■Adobe Flex Builder Linux Public Alpha(Adobe Labs)

多すぎて確認しきれませんたいちょあせあせ(飛び散る汗)
posted by たいちょ at 20:10
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)

Adobe Captivate 3(アドビキャプティベート3)を発表

Adobe Captivate 3(アドビ キャプティベート3)
日本語版が、2007月11月に発売開始されますexclamation

主に eラーニング教材を制作するのに適している Captivate ですが、
Captivate 3を使えば、シナリオベースの教材の作成や
eラーニング教材へのビデオの追加も簡単にできます。

■Adobe Captivate 3

また Captivate 3 を含んだスイートシリーズ、
Adobe Technical Communication Suite
2007年11月に発売されます。

■Adobe Technical Communication Suite

Adobe Technical Communication Suite には
・Adobe FrameMaker 8
・Adobe RoboHelp 7
・Adobe Captivate 3
・Adobe Acrobat 3D Version 8

の4つのソフトが入っています。

ちなみに m-School では、Captivate 2 のトレーニングを行っております。
ぜひ、この機会に Captivate 2 から学んでみませんか?チャッピー

■Adobe Captivate 2 トレーニング
posted by チャッピー at 10:09
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年10月02日

Adobe Share(アドビ シェア)ベータ公開

ファイル共有サービスAdobe Share(アドビ シェア)が公開されました。

■Adobe Share(Adobe Labs)
■Share:API(Adobe Labs)

■Adobeらしいクールなファイル共有サービス「Share」公開(CodeZine)

今まで情報出てましたっけ?わりといきなり公開された感のあるサービスですが、Webサイトへの埋め込み表示や、PDFのページめくり効果など、なかなかおもしろそうな感じです。APIも公開されているので、マッシュアップに利用できるかもしれませんね。たいちょ
posted by たいちょ at 22:31
ニュース | コメント(0) | トラックバック(1)

Adobe Media Player(アドビ メディアプレーヤー) プレスリリース版公開

かねてより話題だったAdobe Media Player(アドビ メディアプレーヤー)がついにプレスリリース版として公開されました。

■Adobe Media Player(Adobe Labs)

■AIRで作られた「Adobe Media Player ベータ」リリース(CodeZine)
■Adobe Media Player(akihiro kamijo)

ポイントはAdobe AIRで動作するところでしょうか。

使ってみた感じなんですが…インターフェースがわかりにくいというか、黒とグレーがメインなのでちょっと見にくいのですがあせあせ(飛び散る汗)
あと動きが若干もたついている気もします…が、まだプレスリリース版ですので、今後に期待ですねたいちょ
posted by たいちょ at 22:25
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)

Adobe AIR(アドビ エアー) Beta 2 公開

Adobe AIR(アドビ エアー:Adobe Integrated Runtime)のベータ2が公開されました。

■Adobe AIR Beta 2(Adobe Labs)
■AIR:Release Notes(Adobe Labs)

■「Adobe AIR Beta 2」リリース、サンプルアプリも多数公開中(CodeZine)

サンプルアプリも多数公開されているようですが、さらにAIRの普及を加速させるニュースもぞくぞくと。

■アドビ、Buzzwordの買収など複数のプロジェクトを発表--Max 2007で(CNET Japan)

AIRを利用したワープロ(オフィス製品?)が出てくるのでしょうか。

また記事には、
Adobeの幹部は、「Flash Player 10」(開発コード名:Astro)を披露した。3軸上で画像を表示および操作できるようになるなど3D機能が強化されている。

とあり、Adobe Flash Player 10(フラッシュプレーヤー10)コードネームAstro(アストロ)が公開されたようです。

■Astro(Adobe Labs)

■Flash Player 10 情報(akihiro kamijo)

ここのところバージョンアップ早いですねー。

画像が強化された、という点に合わせてこんなツールも公開。

■AIF Toolkit(Adobe Labs)

AIF(Adobe Image Foundation)Toolkitだそうです。いろいろな表示効果を確認できます。

さらにSpry(スプライ)もバージョンアップ、Dreamweaver CS3(ドリームウィーバーCS3)用のAIRエクステンションも公開されました。

■Spry framework for Ajax(Adobe Labs)
■AIR:Dreamweaver CS3 Extension(Adobe Labs)

■Spry 1.6 と AIR Extension for Flash & Dreamweaver CS3(akihiro kamijo)

Adobe MAX 2007に合わせ、すごい公開ラッシュです。たいちょ
posted by たいちょ at 22:20
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年09月28日

Adobe Captivate 3(アドビ キャプティベート3)日本語版、もうすぐ発売

あまり大々的に発表されていないようですが、Adobe Captivate 3(アドビ キャプティベート3)の日本語版が、2007月11月に発売開始されます。

■Adobe Captivate 3(アドビ システムズ)

Captivate(キャプティベート)は、スクリーンの動きをキャプチャーしながらデモンストレーションムービーを作成したり、プログラミングしなくてもテスト問題を作れたりと、おもにeラーニング(e-Learning)教材を制作するのに適したソフトです。eラーニングの標準規格SCORM(スコーム)にも対応しているので、LMS(学習管理システム)との連携も可能です。

また、このCaptivate 3が含まれている、新しいスイート製品もリリースされます。

■Adobe Technical Communication Suite(アドビ システムズ)

新登場のAdobe Technical Communication Suite(アドビ テクニカル コミュニケーション スイート)は、
  • Adobe FrameMaker 8(フレームメーカー8)
  • Adobe RoboHelp 7(ロボヘルプ7)
  • Adobe Captivate 3(キャプティベート3)
  • Adobe Acrobat 3D Version 8(アクロバット3D)
の、4つのソフトが入っています。おもにデジタルのマニュアルやヘルプ、ソフトウェアデモなどを作成する際に威力を発揮するようです。こちらも日本語版は2007年11月に出荷予定とのこと。

m-Schoolでは、Adobe Captivate 2 トレーニングやってまっす!たいちょ
posted by たいちょ at 20:47
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年09月09日

Adobe Flash Media Server 3(FMS3:フラッシュメディアサーバー3)発表、H.264をサポート

ストリーミング配信サーバーのAdobe Flash Media Server 3(FMS3:アドビ フラッシュメディアサーバー3)が発表されました。

■Adobe Previews Flash Media Server 3 at IBC(Adobe Systems)
■Encoding Partner Quotes in Support of Adobe H.264/HE-AAC(Adobe Systems)

■Adobe、H.264サポートの「Flash Media Server 3」を発表(ITmedia News)

配信パフォーマンスが2倍近くパワーアップしたとのこと。当初の告知どおりH.264やHE-AACコーデックに対応。また携帯向けにAdobe Flash Lite 3(アドビ フラッシュライト3)へのストリーミング配信もサポートとのことです。


Flash Media Server 2(FMS2)の講座でっす演劇たいちょ
■Flash Media Server 2: Streaming Media Application Development
posted by たいちょ at 17:17
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年09月06日

ハイデフの波はインターネットビデオにも

ハイデフ(ハイ・デフィニション、ディフィニション:高解像度、高画質、高精細)の波は、ゲームやDVDから、インターネットにも押し寄せてきています。

■ソニーの動画共有サービスがDVDクラスの高画質化を実現(GIGAZINE)

高画質の動画共有といえばDivX Stage6が有名ですが、eyeVio:アイビオでは「FLVストリーミング」というのがポイントですね。サイズはいまのところ「16:9 (640×368) または4:3 (480×360)」とのこと。

YouTube(ユーチューブ)が爆発的にヒットした理由は、だれでも簡単に自分のブログにビデオをペタペタ貼れるところだと思いますが、高画質になった場合には、また違った楽しみ方や利用方法がでてくるのかもしれませんね。たいちょ

Flashビデオ(FLV)の講座やってます!
■Flash CS3で広がるコンテンツ制作 Flash Video入門講座
■Flash 8: Video Development
■Flash Video制作バリューパック
posted by たいちょ at 20:09
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)

Microsoft Silverlight(マイクロソフト シルバーライト)正式版リリース

Adobe Flash Player(アドビ フラッシュプレーヤー)の対抗馬といわれている、Microsoft Silverlight(マイクロソフト シルバーライト)の正式版がリリースされました。

■Silverlight(Microsoft)
■Microsoft Silverlight Light Up the Web(Microsoft Japan)

■MS、Flash対抗「Silverlight」を正式リリース(ITmedia News)
■MSのSilverlight技術を採用したサイトが始動(ITmedia News)
■マイクロソフト、「Silverlight 1.0」をリリース--Linuxもサポートへ(CNET Japan)
■Microsoft、ブラウザ用プラグイン「Silverlight 1.0正式版」リリース(CodeZine)

MicrosoftのFlash対抗馬といわれていますが、後発だけあってハイデフなどに対応しています。もちろんAdobeも、H.264対応やAdobe Media Player(アドビ メディアプレーヤー)の発表など、負けじとテクノロジーを進化させています。
また開発者から見ると、アニメーション制作から端を発したデザイナー向けのFlashと、プログラマー寄りと思われるSilverlight(Expression Studio / Visual Studio)との方向性の違いも注目されるところです。たいちょ

(2008年2月28日追記)
WPF(Windows Presentation Foundation)アプリケーションや、クロスプラットフォーム・クロスブラウザで動作するSilverlight(シルバーライト)などのエクスペリエンスをデザインできる、Microsoft Expression Blend(マイクロソフト エクスプレッション ブレンド)の講座がスタートしました!

■Microsoft Expression Blendによる 次世代GUIアプリケーション開発手法

Silverlightを直接作成するには、もうすぐ発売されるBlend 2が必要となりますが、一足先にいかがでしょうか!

(2008年3月6日追記)
さらに!WPFやSilverlightアプリケーションの概要を理解し、開発に必要な基礎的技術をハンズオン(実習)を通して習得できる、WPF / Silverlight テクニカルクイックマスター講座スタート!.NET系言語やJavaScriptの開発者の方に最適です!

■WPF / Silverlight テクニカルクイックマスター
posted by たいちょ at 19:45
ニュース | コメント(2) | トラックバック(1)
2007年08月27日

ケータイのFlash(フラッシュ)対応率が90%以上に

ケータイのアクセス実勢調査によると、Adobe Flash(アドビ フラッシュ)に対応したケータイ端末が92.2%に達したそうです。

■FLASH対応携帯端末は全体の92.2%に―携帯の機種別アクセス実勢調査(MarkeZine)

これはかなり興味深いニュースですね。PCにインストールされたFlash Player(フラッシュプレーヤー)の普及率と比較しても…
■Flash Player Penetration(Adobe Systems)
遜色ない普及率といえそうですね。たいちょ
posted by たいちょ at 14:23
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)