短期集中型 アドビ認定トレーニングセンター
m-School (エムスクール)は、駿河台学園グループが運営するITスクールです。

2007年04月04日

Eclipse用JavaScriptエディタプラグインJSEclipse PR2公開

posted by たいちょ at 12:49
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年03月29日

Adobe Acrobat 3D Version 8(アドビ アクロバット3D バージョン8)ベータ版公開

Adobe Acrobat 3D Version 8(アドビ アクロバット3D バージョン8)の、ベータ版がAdobe Labsにて公開されました。

■Adobe Acrobat 3D Version 8(Adobe Labs)
■Adobe Unveils Preview of Acrobat 3D Version 8(Adobe Systems Press release)

■Adobe、Acrobat 3D Version 8をβ公開(ITmedia News)

Acrobat 3Dで、3D CADフォーマットのファイルをPDFに変換できます。たいちょ
posted by たいちょ at 18:05
ニュース | コメント(2) | トラックバック(1)

Flex Builder 2.0.1(フレックスビルダー)日本語版アップデータ公開

Adobe Flex Builder 2.0.1 (フレックスビルダー2.0.1)日本語版の、アップデータが公開されました。たいちょ

■Adobe Flex ダウンロード(アドビ システムズ)
■Flex 2.0.1 アップデータ(akihiro kamijo)
posted by たいちょ at 17:54
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年03月28日

Adobe Creative Suite 3(CS3)発表:アドビ史上最大のリリース、出てこいや!

アドビ史上最大のリリース、Adobe Creative Suite 3(CS3:アドビ クリエイティブスイート3)の全貌が発表されました!

■Adobe Creative Suite 3(Adobe Systems)
■Adobe Unleashes Creative Suite 3 Product Line(Adobe Systems Press release)

・・・えーっと、ブラクラですか?すみません、ちょっとこのピエロはいかがなものかと…たらーっ(汗)

気を取り直して、
■Creative License(Adobe Systems)
このページで、Flashパワー魅せまくりの各プロダクト解説が見られます。3Dのルービックキューブが回転しますよ。かっこいいな〜。


■Adobe、Creative Suite 3を発表(ITmedia News)
■アドビ、マクロメディア製品を統合した「Creative Suite 3」を発表(Computerworld.jp)
Creative Suite 3では、アドビ製品とマクロメディア製品の連携を図るとともに、製品ラインの重複が取り除かれている。例えば、「Photoshop」のレイヤを直接「Flash」にインポート可能になり、最初に全レイヤを完全な画像にしなくても操作できるようになった。これまでは、全レイヤを一挙にインポートする必要があり、そのために膨大な時間がかかっていた。
また、Creative Suite 3のWebデザイン・バージョンでは「GoLive」が「Dreamweaver」に置き換えられている。これは、顧客がマクロメディアのツールを支持したためであるという。ちなみに同社は、GoLiveについても引き続きスタンドアロン製品としてアップデートする予定だ。


GoLive(ゴーライブ)さんがスイートの仲間から卒業しました…。

気になるプロダクトはてんこもりですが、たいちょが一番気になっているのがPhotoshop CS3 Extended(フォトショップCS3拡張版)です。

■Adobe Photoshop CS3 Extended(Adobe Systems):フォトショップCS3拡張版
これまじですかっ!ホントにこんなにうまくテキスチャ貼れるのは、すごすぎませんか!?これは今すぐほしい!

そのほか、プロダクトが満載過ぎて正直見尽くせません。簡単にさささっとご紹介。ちなみに解説はすべてたいちょの足りない知識&超訳ですので、間違っていたら申し訳ありません。

■Adobe Photoshop CS3(Adobe Systems):フォトショップCS3
こちらはPhotoshopのスタンダード版。「Smart Filters(スマートフィルター)」によって、スマートオブジェクトのように元画像を変更させずに、各種フィルターを適用できます。これで元レイヤーをとりあえずコピーしてキープしておく、といった手間がなくなりそうですね。レイヤーの組み合わせかたによる確認作業も簡単にできそうです。

■Adobe Illustrator CS3(Adobe Systems):イラストレーターCS3
kulerでおなじみの「Live Color」が搭載。個人的にはツールバーなどの進化が見逃せません。

■Adobe InDesign CS3(Adobe Systems):インデザインCS3
エフェクトが多数増えたようです。CS3のキーワードのひとつかもしれない「XML」のエクスポートなどもありますね。

■Adobe Flash CS3 Professional(Adobe Systems):フラッシュCS3 プロフェッショナル
PhotoshopやIllustratorとの親和性が高まりました。もちろんActionScript 3.0(アクションスクリプト3.0)や進化したデバッガなど、山ほど話題がありますので、Flashはまた別の記事でご紹介します。

■Adobe Dreamweaver CS3(Adobe Systems):ドリームウィーバーCS3
最大の目玉はもちろん、Spry framework for Ajax(スプライ)の簡単作成機能です。これでユーもアジャックスしちゃいないよ!(←「エイジャックス」です)CSS関連もさらにパワーアップされたようですね。

■Adobe Contribute CS3(Adobe Systems):コントリビュートCS3
Dreamweaverに合わせて、ContributeもCS3にバージョンアップ。…なんですが、Contribute 4からの新機能は、IntelMacやVista対応などでちょっと少なめ。しかし日本語版は3まででしたから、大幅なバージョンアップといえるでしょう。3に関しては、Contribute 3(コントリビュート3)とは?をご覧ください。

■Adobe Fireworks CS3(Adobe Systems):ファイアーワークスCS3
Photoshopとの差別化がどうなるか注目のFireworksですが、デザイン初心者のかたでもサクッとWebデザインを作成できるツールとして、Web Standard / Premiumにバンドルされています。PhotoshopやIllustratorとの親和性も高まりました。さらに、「RIA layout prototyping」として、RIA用のレイアウトをFireforksで作成し、そのままFlex(フレックス)で利用できるようです。

■Adobe Acrobat 8(Adobe Systems):アクロバット8
こちらはすでに発売中のAcrobat 8です。詳細はインストラクターが語る、Adobe Acrobat 8(アクロバット8)とは?をごらんください。

■Adobe After Effects CS3(Adobe Systems):アフターエフェクトCS3
「とりあえずエフェクトをドラッグ&ドロップするだけで、超クールなビデオが作れるビデオ編集効果ソフト(もちろん慣れればさらに感涙もののビデオが作成可)」のAfter Effectsですが、Photoshopとならびこちらもたいちょお待ちしておりました!「Text and vector graphics creation and animation」「Timesaving tools」「Powerful motion controls」などなど、見ただけですごいことになっています。バージョンアップの期間がほかのソフトより短かったためか、見た目は7とほとんど同じですが、中身はグレードアップのようです。

■Adobe Premiere CS3(Adobe Systems):プレミアCS3
ビデオ編集ソフトのスタンダードPremiereですが、Blu-ray(ブルーレイ)対応やパネルの改良などアップグレードされています。

■Adobe Soundbooth CS3(Adobe Systems):サウンドブースCS3
こちらは新登場のサウンド編集ソフト、Soundbooth。古くからのMacromedia(マクロメディア)ファンであれば、「Sound Edit Pro…16…懐かしい…」と思われるかたもいらっしゃるかもしれません。今風のインターフェース、機能、ビジュアライザーを搭載して登場です。「Animation cues for Adobe Flash」として、
「export them as XML or in FLV. Access」できるのはCS3パッケージングならではですね。

■Adobe Encore CS3(Adobe Systems):アンコールCS3
DVD制作&書き込みソフトEncoreです。Blu-ray対応はもとより、SWFパブリッシュやスライドショーエディターなど、こちらもパワーアップしています。


さらに、CS3になって進化したツール、新しいツールも追加されています。ものによっては特定のバンドルに付属、Windows版のみとのことです。

■Adobe Version Cue CS3(Adobe Systems):バージョンキューCS3
バージョン管理ソフトのVersion Cue。ファイル管理機能がパワーアップ。

■Adobe CS3 Bridge(Adobe Systems):CS3ブリッジ
おなじみBridgeですが、新機能はちょっと地味な感じです。しかし「This is a huge step forward for Bridge」となっていますので、おそらく使い勝手が大幅に向上してそう。気になるところは「Real-time, interactive web meetings using Adobe Acrobat Connect」で、Acrobat ConnectをBridgeから直接起動できるようです。オンラインミーティングをしながらフォトを選んで…のようなシチュエーションがあるのでしょうか。

■Adobe CS3 Device Central(Adobe Systems):CS3デバイスセントラル
Flash Lite(フラッシュライト)のエミュレータや各種モバイル関連のプレビューを、PC上でもテストやデバッグできるようです。対応しているプロダクトと「セントラル」の名のとおり、統合かつ統一化されたモジュールとなるのでしょう。

■Adobe Stock Photos(Adobe Systems):ストックフォト
100万点を超える画像ファイルを検索&購入できるStock Photos。

■Adobe Acrobat Connect(Adobe Systems):アクロバットコネクト
SATTでも大プッシュ中の、Adobe Connectファミリーのひとつ、Adobe Acrobat Connectが付属するようです。これはどういった形で提供されるのでしょうか。日本語版ではどうなるのかな…。

■Adobe Dynamic Link(Adobe Systems):ダイナミックリンク
After EffectsやPremiereのコンポジションを、中間データぬきで直接リンクできる機能でしょうか。AEのエフェクト付きコンポジションを直接Premiereに持って行ける、と。

■Adobe OnLocation CS3(Adobe Systems):オンロケーションCS3
Adobe DV Rackの新バージョン。ビデオ撮影中の映像を、ディスクへ直接記録およびモニタリングできるソフトウェアとのことです。

■Adobe Ultra CS3(Adobe Systems):ウルトラCS3
After Effectsなどのビデオツールで、キーイングできるソフト、Ultraの新バージョン。統合化されたインターフェースが使いやすそうです。あと、すぐに使えるバーチャルスタジオがライブラリされているようです。ちゃんと影や反射に対応するようですね。


書いていてなんですがすごいボリュームだ…。

CS3で作られたコンテンツのプラットフォームはApollo(アポロ)に集約されていくことはほぼ間違いでしょうから、Webの歴史が一新されるかもしれません。

アドビ自身が「過去25年の中で史上最大のリリース」と明言しているだけあって、完全に「次世代」が見えるプロダクトです。これは発売が楽しみですね。CS2とは違うよ。全然違うよ。自分でもびっくりしてるくらい。英語版の発売は4月以降を予定、日本語版のスケジュールが気になるところです。

ちなみに今回の記事のタイトルは、くしくも同じ日にサプライズ発表を行った高田延彦PRIDE統括本部長にかけております。

(2007年5月8日追記):CS3日本語版発表されました!詳細はAdobe Creative Suite 3(CS3:アドビ クリエイティブスイート3)日本語版 発表にて。

■Adobe Creative Suite 3 オーバービュー:新登場CS3はこうなる!(m-School)

■ソフトウェア販売:CS3シリーズ販売中!(m-School)
posted by たいちょ at 03:53
ニュース | コメント(18) | トラックバック(2)
2007年03月25日

Adobe Creative Suite 3(CS3:クリエイティブスイート3)の発表間近。myFeedzには…

来週2007年3月27日に発表予定のAdobe Creative Suite 3(CS3:アドビ クリエイティブスイート3)ですが、はやくもバンドルの種類&価格情報が掲載されてるサイトがありました。myFeedzに投稿されていましたが、噂系のサイト情報ですので、もちろん正式な情報は来週待ちとなります。

(2007年3月27日追記):CS3発表されました!詳細はAdobe Creative Suite 3(CS3)発表:アドビ史上最大のリリース、出てこいや!にて。

(2007年5月8日追記):CS3日本語版発表されました!詳細はAdobe Creative Suite 3(CS3:アドビ クリエイティブスイート3)日本語版 発表にて。

そのサイトには、バンドルの種類は
  • CS3 Design Standard/Premium
  • CS3 Web Standard/Premium
  • CS3 Production Premium
  • CS3 Master Collection
となっています。CS2を継承したような、スマートなパッケージング。Web Premiumが一番売れそうですね。
でもちょっと種類が多くてVistaっぽい気も?違うよ。全然違うよ。
あと、Lightroom(ライトルーム)ってCS3には入らないんでしたっけ?ま、あと少しですので、正式な発表を待つとしましょう。

アドビ公式の情報はこちら。
■An invitation from Adobe(Adobe Systems)
■Adobe Creative Suite 3 To Be Announced March 27th(Creative Solutions PR @ Adobe)

上記ブログでも強調されていますが、出荷が来週ではないのでお間違えなく。下記記事では夏と書いてしまいましたが、どうやら春にはリリースを予定しているようです。たいちょ

●Adobe Creative Suite 3(CS3)この夏発売?3月中に発表予定

■ソフトウェア販売:CS3シリーズ販売中!(m-School)
posted by たいちょ at 04:03
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年03月23日

Adobe Photoshop Lightroom(フォトショップ ライトルーム)日本語版 販売開始

Adobe Photoshop Lightroom(フォトショップ ライトルーム)の日本語版が、販売開始されました。

■Adobe Photoshop Lightroom(アドビ システムズ)

7月5日まで発売記念キャンペーン版らしく、アドビストアではなんと10,000円お得に購入できるようです(実際の正確な価格はアドビストアにてご確認ください)。たいちょ

●Adobe Photoshop Lightroom (ライトルーム)日本語版の発売は3月23日
posted by たいちょ at 12:44
ニュース | コメント(2) | トラックバック(1)
2007年03月15日

Adobe SystemsのCEO、オンライン戦略を語る

Adobe SystemsのCEO(最高経営責任者)、Bruce Chizen(ブルース・チズン)氏のロングインタビューが掲載されています。

■チゼンCEO、アドビのオンライン戦略を語る(CNET Japan)

注目は
  • 公開間近の、ビデオ編集ソフトのオンライン版
  • 開発中の、Photoshopのオンライン版
  • Apollo(アポロ)開発者向けリリースは夏頃
  • Creative Suite 3(CS3)
  • Microsoftについて
などの話題です。たいちょ
posted by たいちょ at 20:47
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年03月07日

Apollo(アポロ)のデモがお披露目

昨日Adobeにて技術説明会が開催され、RIAデスクトッププラットフォームApollo(アポロ)のデモが披露されたそうです。

■アドビ、Apolloのデモを披露--ツールはまずFlex Builderのエクステンションで提供(CNET Japan)

現段階では製品版までは進行していないようですが、近日中にパブリックベータを予定しているそうです。初段階ではFlex Builder 2(フレックスビルダー2)のアドオンとして提供されるとのことです。たいちょ
posted by たいちょ at 10:38
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年03月06日

Adobe Creative Suite 3(CS3)この夏発売?3月中に発表予定

ついにきました、Adobe Creative Suite 3(クリエイティブスイート3:CS3)の全容が公開されるようです。

■アドビ、「Creative Suite 3」を3月中に発表へ(CNET Japan)

3月中に発表、2007年夏前頃にリリース予定、とのこと。
各ソフトのベータはすでにスタートされていますが、CS3スイートがどのように構成されるか、ソフト間の連携はどうなるのか、謎はもうすぐ判明するようです。

しかしここ数週間のAdobeの展開はすごいですねーたいちょ

(2007年3月27日追記):CS3発表されました!詳細はAdobe Creative Suite 3(CS3)発表:アドビ史上最大のリリース、出てこいや!にて。

(2007年5月8日追記):CS3日本語版発表されました!詳細はAdobe Creative Suite 3(CS3:アドビ クリエイティブスイート3)日本語版 発表にて。

■ソフトウェア販売:CS3シリーズ販売中!(m-School)
posted by たいちょ at 20:53
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)

次期ColdFusion(コールドフュージョン)は「Web2.0サービス統合ハブ」

本日3月6日、Adobeにて「リッチインターネット環境を拡張する新技術説明会」が開かれたのですが、そこでAdobe ColdFusion(コールドフュージョン)次期バージョンについて言及があったようです。

■Adobeの次期ColdFusionは「Web2.0サービス統合ハブ」(CodeZine)

次期ColdFusionのコードネームがスコルピオ(Scorpio)めっさかっこいいのですが(「スコーピオ」でもいいですが)、それは置いておいてFlexとの接続性がさらに高まるとのこと。「Webサービスにおけるサービス統合ハブ」との発言からも、今後ColdFusionが重要な位置付けになることは間違いなさそうです。リリースは2007年秋を予定とのこと。

Adobe Labsでは、スコルピオ壁紙がダウンロードできます。
数字の8がサソリってます。

また、Adobe Flex 2.0.1のバージョンアップ説明もあったようです。たいちょ

■ColdFusion MX 7超入門
■Fast Track to ColdFusion MX 7
posted by たいちょ at 20:38
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)