短期集中型 アドビ認定トレーニングセンター
m-School (エムスクール)は、駿河台学園グループが運営するITスクールです。

2008年10月20日

Adobe CS4(Creative Suite 4)米国にて販売スタート

遅ればせながらですが、Adobe Creative Suite 4(アドビ クリエイティブスイート4)が米国にて販売開始されました。

■Creative Suite 4 family(Adobe Systems)

■Adobe、「Creative Suite 4」を販売開始(ITmedia News)
■アドビ、「Creative Suite 4」を出荷開始(ZDNet Japan)

現在、CS4は英語版のみの発売ですが、日本語版も近日中に発売されることでしょう。
発売中です!

ソフトの詳細などは
■CS4(Adobe Creative Suite 4:アドビ クリエイティブスイート4)公開!
↑こちらで記事にしています。たいちょ




Adobe Creative Suite 4 (アドビCS4)
■Adobe Creative Suite 4(CS4) CD 送料無料で販売中!
posted by たいちょ at 11:36
ニュース | コメント(2) | トラックバック(0)
2008年10月17日

Flash Player 10(フラッシュプレーヤー10)登場

Adobe Flash Player 10(アドビ フラッシュプレーヤー10)正式版がリリースされました。

■Flash Player 10 ダウンロード(アドビ システムズ)

■Flash Player 10 主な機能(アドビ システムズ)
■Flash Player 10 搭載機能(アドビ システムズ)

■「Adobe Flash Player 10」正式版リリース(CodeZine)
■「Flash Player 10」が正式リリース(ITmedia News)
■アドビ、「Flash Player 10」の正式版をリリース(CNET Japan)


コードネームAstro(アストロ)がついに正式な最新バージョンとなったFlash Player 10ですが、今まで以上に新機能サポートがてんこ盛りとなっています。

3D機能搭載


3D機能が搭載されました!
3Dソフトが得意な方は、3Dモデリングデータを作成してガンガン動かせますね。
ちょっと苦手な方でも、2Dデータをそのまま3D状態(Z軸を追加)にできるので、インバースキネマティクス(インバースキネマティック)と組み合わせてパラッパラッパーとかが簡単に作れますね。

Pixel Bender


独自に作成できるエフェクトフィルターです。言語で作成するおもしろい機能です。うにょうにょ動くアニメーション効果とか作れます。

■Pixel Bender Toolkit(Adobe Labs)

高度なテキストサポート


ついにきた!動的テキストにもアンチエイリアスがかけられます。縦書きも対応しています。なんとPixel Benderにも対応。アプリ系のコンテンツを作成されている方はかなりうれしい機能ですね。

ハードウェアアクセラレーション


3Dに対応すべく、GPUのアクセラレーションがブラウザ上でも可能になっています。フルスクリーンのキーサポートと合わせて、ゲームの世界の流れも変わりそうです。


インバースキネマティクスもそうですが、実際の作成はCS4を待たないとできない部分もあります。米国ではすでにCS4が発売されましたので、日本語版の登場に期待ですね。たいちょ

■Adobe CS4(Flash CS4)とFlash Player 10で、eラーニングを変えられるか(ラーニング情報を、さささっと発信!)
posted by たいちょ at 12:13
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2008年10月14日

Silverlight 2 (シルバーライト 2)正式リリース決定!

Microsoft Expression Blend 2.5 Fundamentals次世代のブラウザープラグイン、Silverlight 2(シルバーライト 2)がいよいよ正式リリースされます!

正確な日時はまだ非公開ですが、リリースでは"今週中"とのこと。

Silverlight 2というとC#やVBなどの.NETな言語が使える、ということで開発者よりな部分が注目されがちですが、デザイナーの方々にとっても大きな進化を遂げています。

たとえばラジオボタンやチェックボックスなどのコントロールは自由自在にデザインをカスタマイズ(しかも非常に効率的!)することができます。さらには拡大縮小を自由自在に行えるDeep Zoom にも正式に対応し、非常にリッチ!ぴかぴか(新しい)なデザインを実現することができます。

そこで、この最新テクノロジー Silverlight 2 をいち早く習得したい!という方には新しいもの大好きなm-Schoolがはやくも講座を作ってますので、要チェックです。

Microsoft Expression Blend 2.5: Fundamentals
posted by こう at 13:50
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2008年09月24日

CS4(Adobe Creative Suite 4:アドビ クリエイティブスイート4)公開!

こんにちは、m-Schoolの特待生、BOY NEXT DOOR ボーカルのカラオケたいちょでっすたいちょ
あっ、ウソですすみませんダッシュ(走り出すさま)

Adobe Creative Suite 4(CS4:アドビ クリエイティブスイート4)の情報が、米国Adobe Systemsのサイトにて公開されました。

■Creative Suite 4 family(Adobe Systems)

CS3に引き続き6種類のバージョンが、スイートとして発表されています。

・Creative Suite 4 Design Premium (デザインプレミアム)
・Creative Suite 4 Design Standard (デザインスタンダード)
・Creative Suite 4 Web Premium (ウェブプレミアム)
・Creative Suite 4 Web Standard (ウェブスタンダード)
・Creative Suite 4 Production Premium (プロダクションプレミアム)
・Creative Suite 4 Master Collection (マスターコレクション)

マスターコレクションに含まれる製品群は以下のとおりです。

・InDesign CS4 (インデザインCS4)
・Photoshop CS4 Extended (フォトショップCS4)
・Illustrator CS4 (イラストレーターCS4)
・Acrobat 9 Pro (アクロバット9)
・Flash CS4 Professional (フラッシュCS4)
・Dreamweaver CS4 (ドリームウィーバーCS4)
・Fireworks CS4 (ファイアーワークスCS4)
・Contribute CS4 (コントリビュートCS4)
・After Effects CS4 (アフターエフェクツCS4)
・Premiere Pro CS4 (プレミア プロCS4)
・Soundbooth CS4 (サウンドブースCS4)
・Adobe OnLocation CS4 (オンロケーションCS4)
・Encore CS4 (アンコールCS4)
・Bridge CS4 (ブリッジCS4)
・Device Central CS4 (デバイスセントラルCS4)
・Version Cue CS4 (バージョンキューCS4)


…Ultra CS4(ウルトラCS4)が抜けている!CS3で打ち切りになった模様です。インチキニュースビデオとか作るときに重宝したのですが…

Flash CS4 Professional (フラッシュCS4)


各ツールにて多数の機能が新搭載されていますが、なかでもFlash CS4はかなりグレードアップされた感があります。

■Adobe Flash CS4 Professional: Features

Inverse kinematics with the Bones toolnew


きた…ひらめきついにインバースキネマティクスが搭載されました。なんで今までなかったんだよ的な感じですが、キャラクターアニメーションなどが超作りやすくなるに違いないです。

Motion editor


画面を見るかぎりAfter Effectsみたいな感じのモーションエディターです。Live Motionの復活ですね!(←覚えているかた、いますかね〜)
今までのFlashのような、フィーリングっぽい設定方法が好みでなかった方は大喜びの機能です。

Procedural modeling with Deco and Spray Brush


シンボルをスプレーできる機能。
IllustratorのスプレーFlash版みたいな感じですね。

3D transformation


Directorキラーとなってしまうような気もする3Dトランスフォーム機能。今までも擬似的に動かすライブラリなどが出ていましたが、正式に搭載されました。プレーヤー側は要Flash Player 10ですかね。

そのほか、アニメーション設定がオブジェクトベースになって制作しやすくなったり、メタデータ(XMP)やH.264のサポートなど、いろいろ追加されています。

Photoshop CS4 Extended (フォトショップCS4 エクステンデッド)


デザイナー必携ソフト、Photoshopもバージョンアップです。

■Adobe Photoshop CS4 Extended: Features

もともと完成度が高いのでバージョンアップの追加要素がなくなってきたのか、3D要素がメインです。

Adjustments panel


調整パネル。よく利用するエフェクトや効果などを、パネルにまとめておける機能のようです。地味ながら使い勝手がよくなりそうですね。

InDesign CS4 (インデザインCS4)


ライブプリフライトなどが実装されたInDesign。

■Adobe InDesign CS4: Features

Interactive document design with SWF file export


インタラクティブなドキュメント、いわゆるWebカタログを作る機能です。サードパーティー製はよくありますが、本家でも作成できるようになりました(SHAREとかではありましたが)。

Illustrator CS4 (イラストレーターCS4)


■Adobe Illustrator CS4: Features

Multiple artboards


ファイル内に複数のアートボードを設定できる、マルチプルアートボードが搭載されています。

そのほか、使い勝手を向上される細かいバージョンアップが行われていますね。

Dreamweaver CS4 (ドリームウィーバーCS4)


スイート製品の中で、実はいままでユーザーインターフェースの部分で遅れを取っていたDreamweaverですが、ついに新インターフェースをひっさげて登場です。

■Adobe Dreamweaver CS4: Features

Live View


WebKitを搭載し、Web標準に則したビューのまま作成できます。

ほかには、AIRやAjaxへの対応強化などですね。

ちなみに
Dreamweaver CS4(ドリームウィーバーCS4)ってどうなるんだい?を10周年イベントで
で予想した各種機能は搭載されていない模様ですたらーっ(汗)

Fireworks CS4 (ファイアーワークスCS4)


もしや消えてしまうのでは…と、愛好者はハラハラドキドキのFireworksですが、ちゃんとCS4として登場しています。

■Adobe Fireworks CS4: Features

AIRオーサリングやPDF、CSSエクスポートなどの連携が主となっています。インターフェースもDreamweaverと同様、CS4として統一されました。

After Effects CS4 (アフターエフェクツCS4)


たいちょが大好きなデジタルエフェクトビデオ作成ソフト、After Effectsです。(11月12日追記:日本語名を『アフターエフェクト』から訂正しました)

■Adobe After Effects CS4: Features

が、Photoshopに合わせてライブインポートができたり、カートゥーンエフェクトが搭載されたりといった、大幅パワーアップ…とは言いにくい感じに。CS5に期待!?

Premiere Pro CS4 (プレミアプロCS4)


おなじみビデオ編集制作ソフト、Premiereです。

■Adobe Premiere Pro CS4: Features

こちらもAfter EffectsやOnLocationなどとの連携を強化している模様です。また、最近一気に身近になってきたHDフォーマットやBlu-ray編集なども盛り込まれています。新技術にどんどん対応していますね。

Soundbooth CS4 (サウンドブースCS4)


自動音楽作成機能などオモロー機能を搭載しているSoundboothです。

■Adobe Soundbooth CS4: Features

前回がファーストバージョンでしたので必要最低限の機能のみ、という感じでしたが、今回はマルチトラックやセリフサーチ、MP3圧縮プレビューなど、PremiereやAfter Effectsとセットで利用すること前提とした機能がアップされているように感じますね。


各ソフトの連携を強化して、より「スイート」として完成されてきたCS4ですが、AIR、Flash Player 10、Adobe Media Playerなどの新テクノロジーに各種対応しているのも見逃せませんね。

ちなみに日本語版はまだ未発表です。おそらく近日中に公開されるのでは!?

■Adobe CS4(Flash CS4)とFlash Player 10で、eラーニングを変えられるか(ラーニング情報を、さささっと発信!)

■アドビ、「Creative Suite 4」の詳細を発表(CNET Japan)
■Adobe、「Adobe Creative Suite 4」を発表(ITmedia News)
■Adobe、「Creative Suite 4」の詳細を発表、FXGのサポートなど開発者向け機能が強化(CodeZine)


アドビ認定トレーニングセンター m-Schoolでは、Adobe Creative Suite製品の講座を開催中です!パンチ



Adobe Creative Suite 4 (アドビCS4)
■Adobe Creative Suite 4(CS4) CD 送料無料で販売中!
posted by たいちょ at 16:26
ニュース | コメント(8) | トラックバック(2)

swfについて教えて! - 一問一答

ニュースレター「新電子手紙版ヱムスクール」連動企画、一問一答のコーナーです。

このコーナーでは、読者の皆様からお寄せいただいた、様々なご質問の中から一つだけピックアップし、m-School スタッフや講師陣がずばっと回答いたします!ひらめき

今回のご質問は…

Q:swfについて教えて!

ご質問ありがとうございます。Flashコンテンツのファイル形式のことですね!

A:まず、swfとはFlashで作成したファイルをWebに掲載できる形式に変換したものです。Small Web Formatの頭文字をとってswfという拡張子が付けられています。読み方はそのまま"エスダブリューエフ"や、"スウィフ"といったものが一般的のようです。

そして、このファイルを再生できるのがFlash Playerというアドビから無償でダウンロードすることができるブラウザーのプラグインです。

ただ注意しなくてはいけないのは、Flash Playerはあくまでブラウザーのプラグインですから、通常はswfを直接開いて再生する、といったことができません。いや、出来てるよ!という方は、恐らくパソコンにFlashがインストールされているはずです。または、swfを開くことが出来るツールもいくつかあるようです。

ですから、ご自分のPCで作ったswfを誰かに渡して見てもらうときには、ちょっとだけ気をつけた方がいいかもしれません。相手の人がFlashを持っていれば問題ありませんが、ないときにはswfを開けるようにしたhtmlファイルを一緒に渡してあげると親切ですね!

引き続きみなさまからのご質問お待ちしております!メール
posted by こう at 11:52
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2008年08月20日

メルマガ読んで書籍が当たる

m-Schoolニュースレターは、8月13日配信のニュースレターから、『新電子手紙版ヱムスクール』としてリニューアルしましたぴかぴか(新しい)
関連記事:m-Schoolニュースレターが新しくなります

新しくなったニュースレターでは、毎月購読者の皆さまに書籍があたるプレゼントをご用意しましたわーい(嬉しい顔)本

m-Schoolの講座を担当している豪華講師陣の書籍が毎月3名様に当たりまするんるん
詳細はメルマガにてお知らせ致しますので、まだ購読していない方も、この機会にぜひご購読頂けたら幸いですかわいい

購読は購読お申込ページから目
posted by チャッピー at 16:10
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2008年06月18日

Adobe AIR 1.1(アドビ エアー1.1)公開

Adobe AIR 1.1(アドビ エアー1.1)が公開されました。これに合わせ、Adobe AIR Update FrameworkSwitchBoardもAdobe Labsにてダウンロード開始です。

■Adobe AIR(アドビ システムズ)
■Adobe AIR Update Framework(Adobe Labs)
■SwitchBoard(Adobe Labs)

■AIR 1.1 公開です(akihiro kamijo)
■Application Update Framework for Adobe AIR ベータ公開(akihiro kamijo)
■日本語にも対応した「Adobe AIR 1.1」リリース(CodeZine)

Adobe AIR 1.0では日本語への対応が弱く、日本語を入力できなかったりといったローカライズの問題があったのですが、1.1では正式に日本語対応とのことで、一気にアプリ制作の幅が広がった感がありますねたいちょ


明日6月19日、Adobe AIR コンテスト(エアコン) 授賞式です!
posted by たいちょ at 11:00
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)

Firefox 3 ダウンロード開始

Firefox 3のダウンロードが開始されました。

■次世代ブラウザ Firefox

■「史上最速のFirefox」 最新「3」公開へ(ITmedia News)
■「Firefox 3」が正式リリース。日本語版も公開(ITmedia News)
■Firefox 3 Download Dayで思い出す――IE 3(ITmedia アンカーデスク)
■Firefox 3、ついにダウンロード開始(CNET Japan)

サイトが混み混みなのか、結構つながりにくい状況のようです(2008年6月18日現在)。

バージョン2より3倍の高速化雷がはかられているとのことです。たしかにレンダリングが速くなっている!

ただデフォルトのスキンが見慣れないため違和感があったり、使い慣れていたアドオンが未対応で無効になっていたりと、ちょっと調整の必要がありそうですが…。

m-SchoolSATTのサイトを見ても、CSS関連など特に問題はなさそうなので一安心。ファーストバージョンなので、細かいバグなどはあるかもしれませんが、Firefox 2ユーザーならアップデートの価値はありそうですねたいちょ
posted by たいちょ at 10:50
ニュース | コメント(0) | トラックバック(1)
2008年06月12日

PDFをオンラインで生成&共有できるAcrobat.comをつかってみた。

先日Acrobat 9(アクロバット 9)がリリースされましたが、それと同時にAcrobat関連のWebサービス、Acrobat.comがスタートしています。

■Adobe Acrobat.com
※Adobe IDおよび、Flash Player9.0.124.0が必要です。

現在ベータ版で、無料で使用することができるので、早速(もう出て1週間以上経ってますが…)簡単にレビューしてみたいと思います。

Acrobat.comログイン画面
初期画面はこんなかんじ。Adobe IDを入力してログインします。(このページからAdobe IDの取得も可能です。)

Acrobat.comメニュー画面
メニューがならんでいます。
左から
・オンラインワープロのBuzzword
・Web会議などができるConnectNow
・PDF作成のCreate PDF
・ファイル共有のShare
・自分で作ったファイルが保管されているMy Files
となっています。

Word文書をPDFに変換
さっそくWord文書をPDFに変換してみます。自分のPCから、またはAcrobat.comにアップロード済みのファイルも選択可能。

PDFが完成!
さくっと完成。

Connect Nowのチャット画面
Connect Nowのチャット画面はこんなかんじ。相手がいれば画面やドキュメントを共有しながら文字、音声、映像をつかったチャットができる。

Buzzwordのインターフェイス
Buzzwordは非常にわかりやすい見た目のワープロソフト。日本語はまだ無理かも。

Buzzwordからファイルエクスポート
Buzzwordで作った文書は様々な形にエクスポート可能。

とこんなかんじで色々な機能が統合されたサービスになっています。

そしてデスクトップ上でこれらを実現するAIR版もあるようです。
■Acrobat.com for My Desktop

個人的にはPDFを校正したり、してもらったりということは結構あるので、実際に業務で使ってみたい部分も多々あります。

▼関連記事
おしえて!Acrobat9(アクロバット)の新機能
Acrobat(アクロバット)の新バージョン

▼関連講座
PDFでビジネスフローを変える Adobe Acrobatトレーニング
posted by こう at 12:18
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2008年06月10日

おしえて!Acrobat9(アクロバット)の新機能

新しくなったAcrobat9の新機能をざっくりと紹介します。

Acrobatの製品についてはこちら

・PDFポートフィリオの作成ができる
個別ファイルをまとめてスタイリッシュなPDFポートフィリオが作成できます。プレゼンやデザインレビュー、電子プレスキットをまとめておくことができます。

・インタラクティブなプレゼンテーションの作成が可能に
Acrobat9 Pro Extendedを使用すれば、Adobe Presenterを使用することが可能になります。Microsoft PowerPointファイルを変換することにより、オンデマンドプレゼンテーションに生まれ変わります。

・PDFで簡単にビデオ共有
Acrobat上で、様々なビデオ形式のデータをFLVに変換することが可能になりました。これによりビデオやアニメーション、アプリケーションをPDF上で、共有することができます。

・ドキュメントのリアルタイム共有
チーム内でPDFの画面を同期して、リアルタイムで変更が行えます。

・PDFマップの表示とインタラクティブな操作
PDFマップを作成すると、マップ上の距離の測定や注釈が行えるようになります。

・拡張された3D機能の活用
3D Reviewerの導入により対応フォーマットが増え、3Dデザインでの共同作業が効率化されます。

・PDFファイルの比較
2つのファイルの違いを自動で検索し、強調表示します。

・電子フォームの作成と収集が簡単
PDFドキュメント、スキャンした紙のフォーム、Microsoft WordやExcelのドキュメントを記入可能なPDFフォームに一発変換できます。

・Webページキャプチャが強化
Webページの全体または一部からPDFファイルを作成できる機能が強化され、より使いやすくなりました。

パワーアップしたAcrobat9は、Adobeサイトより詳細が確認できます。Acrobat9も進化を遂げました、次はいよいよCS4(Creative Suite4)の出番が待ち遠しいですね!


posted by エンディー at 15:34
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)