短期集中型 アドビ認定トレーニングセンター
m-School (エムスクール)は、駿河台学園グループが運営するITスクールです。

2007年11月19日

Adobe AIR(アドビ エアー)の正式版ロゴ公開

Adobe AIR(アドビ エアー)のロゴが公開されました。

■Introducing the Adobe AIR Logo(Mike Chambers)
■「Adobe AIR正式ロゴ」発表 そこに込められた意味とは(CodeZine)

Adobe AIR ロゴ正式版HTMLFlashPDFの3つの意味が込められているそうです。自由、平等、博愛のトリコロールみたいですね。


・・・というか、今までのロゴは正式版ではなかったんですね!?ほかのAdobe製品のロゴとも全然違いますたいちょあせあせ(飛び散る汗)
posted by たいちょ at 11:47
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年11月09日

ColdFusionとFlexの違い、ベン・フォルタ氏が語る

RIAとかサーバー製品とかWebアプリケーションとか言われてるけど、AdobeのColdFusionFlexって何が違うかよくわからないけど?

という方のために、ColdFusionシニアテクニカルエバンジェリストのベン・フォルタ氏が、インタビューで解説しています。

■Adobe開発者が教えてくれた「ColdFusionとFlexの違い」(CodeZine)

役割の図も掲載されてわかりやすいですね。ColdFusionの日本市場の今後なども言及しています。たいちょ
posted by たいちょ at 15:29
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)

buzzword(バズワード)RIAワープロ

いつもおもしろい海外サイトの紹介をされているデイリーブログ百式にて、Adobe Systemsのオンラインワープロサービスbuzzword(バズワード)が取り上げられていました。

■FLASHベースのクールな文書管理サービス『Get Buzzword』(100SHIKI.COM)

■Buzzword(Adobe Labs)

たいちょも以前に登録して使ってみたのですが、メニューの表現などかっこよく、かなりRIAな感じです。が、いかんせん日本語入力やフォントに対応していなかったのが残念なところ。あとドキュメントシェアをAdobe SHAREと連携したり、色もAdobe kulerと連動したり…などがあるとおもしろそうですね。buzzwordは最近Adobe Systemsが買収したばかりなので、今後の機能アップに期待ですね。
posted by たいちょ at 13:43
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年10月24日

Yahoo! ニュースにコメント機能が追加

Yahoo! ニュースで、ユーザーが記事にコメントできる機能が追加されました。

■Yahoo! ニュース コメント(Yahoo!)

■Yahoo!ニュースにコメント欄設置、ニュースへの感想を書き込めるように(CodeZine)

Yahoo!の規模でコメント機能を潤滑に運営するのは大変そうですね。サイトアドレスを記載しても、さすがにリンクはされないようです。内容は常時監視するとのことですが、すでにスパムっぽいのとかあるような気が…あせあせ(飛び散る汗)たいちょ
posted by たいちょ at 15:19
ニュース | コメント(0) | トラックバック(2)
2007年10月23日

ざわざわNEWSでニュースにコメントを(というか大喜利)

マイクロソフトと産経新聞がタッグを組んで展開しているMSN産経ニュースにて、ざわざわニュースがオープンしました。

■ざわざわNEWS NETWORK(MSN産経ニュース)

端的に言えば、各ニュース記事にひとことネタを入力して、テレビニュースのようにビデオ再生して公開できるブログパーツです。実際にはこんな感じになります↓

ニュースソースを持っているサイトならではのジェネレーターですね。

ちなみにこういった人物と背景を合成してユーザーに説明(今回はニュースですが)するのをパーソン・イン・プレゼンテーションというのですが、m-Schoolでも作り方講座を開催していますひらめき

■Flash CS3で広がるコンテンツ制作 Flash Video入門講座

ざわ・・・ざわ・・・たいちょ
posted by たいちょ at 11:44
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年10月18日

Kevin Lynch氏のインタビューで、AIRやアドビの未来を知る

CNET Japanにて、Adobe SystemsのKevin Lynch氏が、AIRなどのアドビのプロダクトやサービスの今後について語っています。

■AIRはアプリケーション開発の流れを支配できるか--アドビのウェブ技術戦略を聞く(CNET Japan)

――AIRはAdobeの製品ラインアップすべてに使われるのですか。


(Kevin Lynch氏)業界がウェブソフトウェアに向かって動いているように、われわれは確かにその方向へ動いています。


とのことですので、アドビがいかにAIRを重要視しているかわかりますね。たいちょ

(追記)こんなニュースも。

■Adobe、すべてのソフトをWebベースに(ITmedia News)

Adobeは全ソフトをサービスとしてWebで提供する計画だが、それにはかなりの時間がかかりそうだ。


全ソフトですか!これはすごいですねあせあせ(飛び散る汗)
posted by たいちょ at 16:01
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年10月17日

Flash Player(フラッシュプレーヤー)の普及率

ブラウザーやプラグインなどのPC環境の調査が実施され、結果が発表されました。

■「モニターの解像度は横1280ピクセルが35%」 Jストリームが調査結果発表(CodeZine)
■Jストリームはブラウザ、映像アプリケーションのプラグイン調査を実施 〜 Flash Player、Windows Media Playerの普及率は95%以上 〜(Jストリーム)

OSやブラウザー、画面サイズなども言及されていますが、プラグインの一つとしてFlash Player(フラッシュプレーヤー)の普及率も記載されています。

現在インターネット上のアニメーション、映像表現に多く活用されているFlashについては、インストール率がほぼ100%となっています。


最新バージョンのFlash Player 9も78%ほどの普及率とあり、Adobeの公式アナウンスとは若干差はありますが(笑)かなり浸透してきたことにはまちがいないでしょう。

意外なのはQuickTime(クイックタイム)で、普及率は半分ぐらいなんですね。会社か自宅かなどでも変化しそうですが、思いのほかWindowsユーザーはインストールしていないようですたらーっ(汗)RealPlayer(リアルプレーヤー)にいたっては6割が未インストールということで…あせあせ(飛び散る汗)。動画用プラグインはどれが主流となるか!などと言っていた時代が懐かしい感じですね〜。たいちょ


プレーヤーで見るだけじゃ、ものたりない、つまらない!そんなかたには、初心者の方向けのフラッシュ講座はいかが?
■Adobe Flash CS3 入門講座
posted by たいちょ at 18:45
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年10月03日

Adobe Flash Lite 3(フラッシュライト3)とかThermo(サーモ)とかいろいろ

なぜかすっかり忘れていたので、遅ればせながらですがAdobe Flash Lite 3(フラッシュライト3)がリリースされました。

■Adobe Flash Lite(Adobe Systems)
■Adobe Launches Flash Lite 3(Adobe Systems Press releases)

■Adobe、「Flash Lite 3」リリース(ITmedia News)

FLVサポートでさらにモバイルでの普及が見込まれそうですね。

また、まったく新しいソフトも発表されました。

■Thermo(Adobe Labs)

このThermo(サーモ)というソフト、デザインを画面上で配置するだけで、自動的にFlexのようなRIAコンテンツが作成できてしまうそうです。このソフトについて現地のエンディーと電話で話したのですが、なんかもうとにかく簡単にできるそうですひらめき 詳細は帰還しだいご報告します。

そのほか、まだご紹介していないアップデート情報など。

■AIR:Flash CS3 Professional Update(Adobe Labs)

■Adobe Flex Builder Linux Public Alpha(Adobe Labs)

多すぎて確認しきれませんたいちょあせあせ(飛び散る汗)
posted by たいちょ at 20:10
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)

Adobe Captivate 3(アドビキャプティベート3)を発表

Adobe Captivate 3(アドビ キャプティベート3)
日本語版が、2007月11月に発売開始されますexclamation

主に eラーニング教材を制作するのに適している Captivate ですが、
Captivate 3を使えば、シナリオベースの教材の作成や
eラーニング教材へのビデオの追加も簡単にできます。

■Adobe Captivate 3

また Captivate 3 を含んだスイートシリーズ、
Adobe Technical Communication Suite
2007年11月に発売されます。

■Adobe Technical Communication Suite

Adobe Technical Communication Suite には
・Adobe FrameMaker 8
・Adobe RoboHelp 7
・Adobe Captivate 3
・Adobe Acrobat 3D Version 8

の4つのソフトが入っています。

ちなみに m-School では、Captivate 2 のトレーニングを行っております。
ぜひ、この機会に Captivate 2 から学んでみませんか?チャッピー

■Adobe Captivate 2 トレーニング
posted by チャッピー at 10:09
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年10月02日

Adobe Share(アドビ シェア)ベータ公開

ファイル共有サービスAdobe Share(アドビ シェア)が公開されました。

■Adobe Share(Adobe Labs)
■Share:API(Adobe Labs)

■Adobeらしいクールなファイル共有サービス「Share」公開(CodeZine)

今まで情報出てましたっけ?わりといきなり公開された感のあるサービスですが、Webサイトへの埋め込み表示や、PDFのページめくり効果など、なかなかおもしろそうな感じです。APIも公開されているので、マッシュアップに利用できるかもしれませんね。たいちょ
posted by たいちょ at 22:31
ニュース | コメント(0) | トラックバック(1)