短期集中型 アドビ認定トレーニングセンター
m-School (エムスクール)は、駿河台学園グループが運営するITスクールです。

2012年01月18日

Adobe Edge Preview 3 (アドビ エッジプレビュー3)をちょっとだけ使ってみた。

前から使ってみたかったけど、なかなかタイミングがなくて使えなかった、
Adobe Edge Preview 3(アドビ エッジプレビュー3)を使ってみました。

何ができるソフト?


HTML5、JavaScript、CSS3などのWeb標準技術を使って、Flashアニメのようなアニメーションコンテンツが作れてしまうソフトです。オーサリングは、Web技術を知らなくても簡単に作ることができます。

起動してみましょう


Adobe LabsからAdobe Edge Preview 3.1をダウンロードしてインストール。

こちらが起動画面。

ad01.JPG

After Effectsっぽい感じの画面です。

なにか書いてみる


「CreateNew」で、ステージを用意します。

ad02.JPG

左上にツールがあるのでそれを使う見たいですが、ツールってこれだけ?
というぐらい少ないです。「選択」「四角」「角丸四角」「テキスト」の中から選びます。
たぶん、プレビュー版だから少ないんだと思います。

ad03.JPG

とりあえず、「角丸四角形」を選択してステージにドラッグ。
あとは、左にあるCSSの設定がいろいろいじれそうなパネルで色や形を変えます。
形状変化の設定も、数値指定やドラッグをするだけでかなり簡単に作れます。

ad04.JPG

アニメーションを作る


アニメーションは画面下のタイムラインを使います。

ad04_5.jpg

マーカーを0:01にドラッグします。
これで1秒の設定です。

ad05.JPG

そのあと、図形の色を変えます。

ad06.JPG

これだけで、徐々に色が変わるアニメーションの完成。
左のパネルを使えば、透明度や角度の変更も簡単にできます。

1秒を設定した場所で、図形をドラッグして位置を変えれば、移動のアニメーションもできます。

ad09.JPG

作成後、ファイルを保存します。

書き出されたファイル。

ad10.JPG

完成ファイル


できあがったファイルです。

図形が動くアニメ

IE9、Firefox9、chromeでしっかり動作確認できました。

感想


かなり直感的で使いやすいです。
Flashユーザーの方ならすんなりとこの製品を覚えられるのではないでしょうか。
他にもJavascriptが簡単に追加できる機能もあるようです。
いろいろ使えそうなのでもうちょっと触ってみたいと思います。
posted by エンディー at 13:52
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(1)
2011年12月21日

Adobe Acrobat(アドビ アクロバット)公式Facebookページ開設!

先日、Adobe Acrobat(アドビ アクロバット)の公式FacebookページAdobe Acrobat Japanが開設されました。

ad02.JPG
Adobe Acrobat Japan

このFacebookページは、

「PDFってよく見るけどどう使えばいいの?」
「AcrobatはPDFを作る以外に使っていない…」

といった、一般のユーザーをターゲットに、AcrobatやAdobe Readerを活用したPDFの役立つビジネステクニックを紹介するページです。操作方法以外にも、定例アップデートに関連した情報も提供しています。いち早くAcrobatの情報を手に入れるならばこのページも押さえて置いた方がよさそうですね。
posted by エンディー at 10:19
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年12月13日

アドビ(Adobe)サイトのいろいろリンク集

普段から情報収集や、技術習得のためにいろいろなアドビ(Adobe)サイトを見ていますが、
結構いろんなページを見ているので自分がよく見ているサイトをまとめてみました。

【デザイン系】


Illustrator、InDesign、Photoshopの使い方・最新情報を提供
Adobe Design Magazine

無料オリジナルテンプレートが入手できる
アドビアトリエ10

Photoshopファミリーのあらゆる情報を提供
Adobe Photoshop Magazine

【Web系】


HTML5の最新情報をお届けするアドビ公式サイト
Adobe HTML5 特設サイト

【技術系】


アドビ製品の使い方を動画でチェック
ADOBE TV

発表したての最新アドビ情報を入手したい
Adobe MAX 2011特設サイト

技術情報を習得したい
Adobe Developer Connection

アドビ製品の書籍を調べたい
製品別関連書籍一覧

【製品情報】


まだ発売されていない製品を触ってみたい!
Adobe Labs

【事例紹介】


Flashテクノロジーの事例紹介。我らがSATTも掲載されてます。
Adibe Flash Platform Enterprise Gallery

ちょっと古いけど、CS4発売特設サイト
最高傑作へのショートカット

【その他】


アドビの情報をいろいろ知りたい
アドビニュースレター

手軽にPDF作成、ファイル共有
Acrobat.com

知っていると安心のサポート窓口
アドビサポート電話窓口

いろんなサイトがありますねぇ〜。
他にもこんな便利なアドビ(Adobe)サイトを知ってますよ!という方は教えて下さい。
posted by エンディー at 11:01
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年12月06日

今更だけどアドビ製品ってなにができるソフトなの?(アドビ製品の中身を紹介)

アドビ製品といえば、
Acrobat(アクロバット)Photoshop(フォトショップ)Flash(フラッシュ)などがありますが、
意外とソフトの名前何ができるのかということが
一致していない方が多いのではないでしょうか?

自分も長年アドビ製品に触れる仕事をしていますが、
良くわかっていない製品もちらほら。。。(^▽^;)

アドビ製品一覧

そこで、今更ながら

アドビ製品ってどんな製品があって何ができるかを簡単にまとめてみました。

今回は単体製品だけをピックアップしてみたいと思います。

adobe_productn1024.png
※クリックすると拡大します

アドビ製品は大きく分類すると、Design(デザイン)Web(ウェブ)Video(ビデオ)Other(その他)の分類にわけることができます。
アドビ社は一つの分野だけに特化した製品をだしているだけでなく、
様々な分野でプロフェッショナルユーザーを強力にサポートする製品を持っています。

アドビ製品を活用していきたいという方は参考にしてみてください。

ソフトウェアの購入はm-Schoolでも販売していますので、
お気軽にお問い合わせください。

m-Schoolお問い合わせフォーム

次回はAdobeの統合パッケージ製品についてまとめてみたいと思います。
posted by エンディー at 13:14
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年08月24日

Microsoft Excelで効率よく作業するオススメショートカットキー

最近、Web系以外の講師もいろいろ担当しているエンディーです手(グー)

普段はWeb系ソフトや、メーラーが仕事のメインツールになっているので、

突然、

「来週Excelの講師やってよ!」

なんて言われてしまうと

「え"っ!」

と思ってしまう今日この頃。バッド(下向き矢印)

ただ、講師ができないわけじゃなく、昔にExcel講師をバリバリやってたので、
思い出せるかが心配なだけ。。。σ(^_^;)

時間がないなかでしたが、昔の記憶を思いだしなおかつ勉強した成果もでて、研修は無事終了しました。わーい(嬉しい顔)

そのときに、ふと思ったのですが、

自分と同じようにWebツールがメインで仕事をされているWeb屋さんって、
いざExcelで何かしようとしたとき操作を忘れちゃった〜あせあせ(飛び散る汗)なんてことありませんか?

また、Excelはちょっとしか使わないから多少面倒でも
効率を考えずに時間を掛けて作業されている方も多いのではないでしょうか。

そのような方のためにexclamation

Excelを効率よく使う使い方を覚えてみませんか?
(↑偉そうなこといってますが、自分が勉強した情報を伝えたいだけですw)

Web屋さんだけでなく、普段Excelを使っている方でもお役立ち機能があれば使ってみて下さい。

Excelで使えるショートカットキー一覧


1.セルを移動する

セルを下に移動:[Enter]キー
01shita.jpg

セルを上に移動:[Shift]キー+[Enter]キー
02ue.jpg

セルを右に移動:[Tab]キー
03migi.jpg

セルを左に移動:[Shift]キー+[Tab]キー
04hidari.jpg

表の境界線に移動:[Ctrl]キー+[↑↓←→(カーソル)]キー
05kyoukaisen.JPG

2.セルを選択する
複数セルの選択:[Shift]キー+[↑↓←→(カーソル)]キー
06fukususentaku.JPG

表全部を選択:[End]キーを押してから+[Shift]キー+[Home]キー
07hyouzensentaku.BMP

セルの中を選択する(セルにカーソルを表示する):[F2]キー
08kasol.JPG

3.セルの入力
1つのセルに複数行の文字を追加する:[Alt]キー+[Enter]キー
09fukusuugyou.JPG

列に入力した文字をプルダウンで選択する:[Alt]キー+[↓(カーソル)]キー
10retujyouhou.JPG

選択したセルに同じ文字を追加する:[Ctrl]キー+[Enter]キー
11.1nyuuryoku01.JPG

11.2nyuuryoku02.JPG

4.Excelの機能
機能のくり返し:[F4]キー
12.1aka.JPG

12.2aka.JPG

セルの書式設定:[Ctrl]キー+[1]キー
13syosikisettei.JPG

形式を選択して貼り付け:[Ctrl]キー+[Alt]キー+[V]キー
14keisikisentaku.JPG

後は普段から良く使うような基本的なところなので参考まで。
コピー:[Ctrl]キー+[C]キー
切り取り:[Ctrl]キー+[X]キー
貼り付け:[Ctrl]キー+[V]キー
検索:[Ctrl]キー+[F]キー
置換:[Ctrl]キー+[H]キー
保存:[Ctrl]キー+[S]キー
元に戻す:[Ctrl]キー+[Z]キー
やり直し:[Ctrl]キー+[Y]キー

5.その他
Windowsマシンのショートカット。
使い慣れると超便利です。

ウィンドウ閉じる:[Alt]キー+[F4]キー
ウィンドウ切り替え:[Alt]キー+[Tab]キー
デスクトップに戻る:[Windows]キー+[D]キー
パソコンをロックする:[Windows]キー+[L]キー

最後の方は、自分が良く使ってるキーの紹介でした。
ショートカットキーを使いこなしてぜひ効率よくExcelを使いこなして下さい!
posted by エンディー at 11:57
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2010年10月16日

Flash CS5でAndroidアプリ開発:エミュレータの使い方!

また次回!(キリッ

などと言ってから幾星霜、恐ろしく今更感がモッリモリに満載ですが、本当にうれしいことにリクエストをいただきましたので、Androidアプリ開発の続き行きます!

正直なところ自分でもどうやったのか一瞬思い出せないほどですが、今から4ヶ月も前にこんな記事を書いていました。

Flash CS5でAndroidアプリ開発:パブリッシュ編!

ということで、今回は前回の記事ではさらっとスルーしている、Android エミュレーターの使い方について触れていきたいと思います。

Flashを使って行うのは、apkファイル(AIRアプリのインストール用ファイル)の作成までです。そこから先は、実際にAndroidの端末、もしくはエミュレータにファイルを送り、インストール&起動を行う必要があります。その為には端末でAIRアプリが動くようにランタイムも入れないといけません。結構忙しいです。

まずは、SDKの入手からいきます!SDKを入手すると、エミュレーターが使えるようになります。

Android SDK | Android Developers

Win,Max,Linuxとそろっているので、環境に合わせたものをダウンロードします。

Download Android SDK

ダウンロードしたら適当な場所に解凍します。この後、コマンドラインでパスを打ち込む必要があるので、できればHDD直下とかがわかりやすくていいと思います。私はDeveloper/android-sdkに置きました。

とりあえずこのSDKがちゃんと使えるか確認します。ターミナルを立ち上げて、先ほど解凍したフォルダ内にあるadbまでにパスをいれます。

/Developer/android-sdk/tools/adb

ターミナルでパス入力

うまくいけばどかっとヘルプが表示されます。

ヘルプが表示される

次は端末(エミュレーター)上でAIRアプリが動くように、Adobeからランタイムをゲットします。

Adobe Labs - Adobe AIR for Android

ちゃちゃっとログインまたはユーザー登録して、Download Software→Download AIR for Android Builds [09/30/10]→AIR 2.5 Runtime - Emulator [For FroYo onwards]をダウンロードします。これはapkファイルなので、エミュレーター上で実行します。コマンドラインでインストールするので、これもHDD直下等に置いておくといいですね。

Download AIR 2.5 Runtime

では、インストール先のエミュレーターを起動します。

/Developer/android-sdk/tools/android

これでAndroid SDK and AVD Managerが起動します。まずはInstalled Packagesから必要なものをダウンロードします。どれがいるのかわからなければ全部ガッツリいっときましょう。

次に、Newから新規にエミュレーターを作成します。

Android SDK and AVD Manager

デバイスの設定を決めて、

Android SDK and AVD Manager

Startで起動します。

Android SDK and AVD Manager

でーん!起動には結構時間がかかります。

Android Emulator

ではここにさっきのランタイムをいれましょう!

多分ここからターミナルのコマンドがきかなくなるので(すいません、このへんよくわかってません)、新規にターミナルのウィンドウひらいて次のとおり打ち込みます。パスは環境にあわせて変えてください。確かもっといいやり方あったはずですが、、

/Developer/android-sdk/tools/adb install /Runtime_Emulator_Froyo_20100930.apk

少し時間が経つとサクセース!的なメッセージがでて完了します。

そしたらいよいよAIRアプリをインストールします。apkのインストールは先ほどと同じ手順なので、

/Developer/android-sdk/tools/adb install /helloAndroid.apk

これでインストール完了!

アプリのアイコンがでてます。

へろーあんどろいど

起動!

うごいたねこ

もしかしたらアップデートの影響かどうかわかりませんが、アプリ起動時にローカルデバッガにつながらない的なメッセージがでる場合があります。Cancelしてやれば普通に動きますが、エミュレーター上でデバッグできるってことですかねー。まだ勉強不足です!

次回は未定!
posted by こう at 11:50
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2010年06月25日

Flash CS5でAndroidアプリ開発:パブリッシュ編!

Flash CS5でAndroidアプリ開発:準備編!の続きです。

今回はFlash CS5で作ったファイルをAndroid用にパブリッシュして動かします!

今回はQuickTimeムービーです。プラグインがない人ごめんなさい、ダウンロードして入れればみられます!

Flash CS5でAndroidアプリ開発:パブリッシュ編!

簡単に解説を。

Androidアプリケーションをパブリッシュするためには、Certificateファイルが必要です。これは、開発元の証明書みたいなもんですね。信頼度を高めるためには、第三者機関のものを使うべきですが、さくっとFlash上で作ることもできます。

これを作ったらあとはパブリッシュするだけです。すると、apkファイルができます。これがインストール用のファイルですので、これをAdnroidの端末へインストールします。

今回は端末がなかったので、エミュレーターを使ってそこで動かしました。エミューレータをインストールして、そこにファイルを転送するのはちょっとややこしいステップがあるので、また改めて解説します。

ただ、それさえすめばサクサクと行ける感じはおわかりいただけるのではないでしょーか!

ではまた次回!
posted by こう at 17:23
デベロッパー | コメント(2) | トラックバック(0)
2010年06月04日

Flash CS5でAndroidアプリ開発:準備編!

Flash CS5を使ってみた動画では、AIR for AndroidのExtensionインストールの部分をすっとばして紹介したので、今回はそこを詳しくみていきます。

まずは、Adobe LabsにアクセスしてExtensionをゲットです。

Adobe AIR for Android

あ、Flash CS5持ってないともちろんダメなので、ないひとはとりあえず体験版でもいいので入れましょう!

Flash Professional CS5無償体験版ダウンロード

“Sign-up now to participate in the AIR for Android prerelease program”をクリックして、サインアップします。

Register for Adobe® AIR® for Android Developer Prerelease

初めての方はアカウントがないので、下のリンク“Join Adobe Prerelease Program Now”からちゃちゃっと参加してください。一応規約は確認してくださいね。

で、無事ログインできると、こうなります。左のメニューから“Download Software”をクリック!

Welcome to Adobe® AIR® for Android Developer Prerelease

でもって、“Download AIR for Android Extension for Flash CS5”をクリック!

Download Software

さらに、“AIR for Android Extension for Flash CS5”

Download AIR for Android Extension for Flash CS5 [05/20/10]

するとこのzxpファイルがダウンロードできるので、チョイチョイとインストールします。

AIRforAndroid_FlashCS5_051810.zxp


で、こうなる。

Adobe Extension Manager CS5

準備おわり!簡単ですね!

続きます!!
posted by こう at 13:48
デベロッパー | コメント(2) | トラックバック(0)
2010年06月02日

Dreamweaver CS5を使ってみた動画

Flash CS5につづいて、Dreamweaver CS5を触ってみたので新機能を動画で紹介します。

めだまはなんと言ってもBrowser Labとの連携でしょうか。

既に完成しきっているDreamweaverだけに「すんごい新機能」というのは特にありませんが、作業効率は確実にあがっていると思います。

下の画像をクリックするとswfが開きます。
動画埋め込みじゃなくてちょっと不便ですみません。

あと無計画にキャプチャーしはじめたので序盤、1分半くらいまでたらたら設定してます。すいませんごめんなさい。

Dreamweaver CS5 新機能紹介.jpg

CS Liveいいですねー。Browser Labが素敵すぎる。

Flash CS5についてもそうですが、キーワードはマルチデバイス!ですね。Webサイトもスマートフォン向けだったりPC向けだったり、色々なデバイスになるべく少ないリソースで対応したい、そんなときに役に立つ機能が数多く搭載されています。

Dreamweaver CS5も欲しいですねー。なくてもなんとかなるんですけど、あったら絶対便利。個人的には買いです!
posted by こう at 17:24
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)

Flash CS5を使ってみた動画

Flash CS5を使ってみたので、新機能を動画で紹介します。

いやー、正直新機能ナメてたけど、使ってみたらこれ便利です!

まずはTLF(Text Layout Format)から!

下の画像をクリックするとswfが開きます。
動画埋め込みじゃなくてちょっと不便ですみません。

Flash CS5 TLFテキスト

最初は「Flashで文字組とかやらないっしょ!」って思ってました。でも、Flash上で文字扱うことって実はすごく多いです。

とくにウチの会社みたいなeラーニング教材とか作ってる会社だと教材の説明文とか字幕とかめちゃめちゃ多いですからね。国語の教材とか縦書きだし。これってうちのためにあるような機能な気がしてきた!導入しようぜ!!

お次はAndroidアプリ開発!

Flash CS5 Androidアプリ開発

これもやるっきゃないってかんじですよね。簡単すぎるし。
別にAS3でガリガリ開発できなくても、おもしろアニメコンテンツが作れればそれで十分な気もするし。最初からiPhone OSじゃなくてこっちターゲットでもよかったんじゃ…なんておもったり。

ということで非常に簡単ですが、個人的にFlash CS5はかなり"アリ"です!
posted by こう at 17:14
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)