m-School (エムスクール)は、駿河台学園グループが運営する
法人向け研修トレーニングセンター、およびレンタル教室・会議室です。

2007年04月01日

Adobe(アドビ)製品、いまむかし。

■GoLiveは?(some days in the life)
を拝見して思い立ったのですが、「統廃合の流れ」が見えてきたAdobe(アドビ)ツール群に、なつかしソフトをまじえて、ひとことまとめレビューをご紹介します。

◎崖っぷち?
  • GoLive(ゴーライブ)
  • ImageReady(イメージレディ)
  • FreeHand(フリーハンド)
今後どうなるかはAdobe社の意向しだいですが、というか下2つは正直すでに…という感もありますが、まだまだわかりません。いいところ取りで統合される可能性もありますね。

◎現状維持
  • Fireworks(ファイアーワークス)
Photoshop(フォトショップ)とIllustrator(イラストレーター)の波のなか、真っ先に消えそうな雰囲気のあったFireworksですが、Flex(フレックス)のコラボ機能などにより現状維持となりました。ささっとボタンを作ったりするのはPhotoshopより簡単ですし、ベクタとラスタがいい意味で混在できるので、特にWebデザイナーの方などニーズは多いと思います。

◎独自の道を歩む
  • Director(ディレクター)
  • Authorware(オーサーウェア)
何気に独自の道を突き進むオーサリングツールの雄。スイートにはいつも含まれませんが、米国などでも結構使われているようです。Authorwareは日本語版を出してほしいですね。

◎君は知っているか!?
  • Central(セントラル)
  • Generator(ジェネレーター)
  • PageMill(ページミル)
  • PageMaker(ページメーカー)
  • Extreme 3D(エクストリーム3D)
  • xRes(エックスレス)
  • Sound Edit Pro/16(サウンドエディット)
  • Streamline(ストリームライン):(ferryさんのコメントより追加)
CentralやGeneratorが、今のApollo(アポロ)やFlex(フレックス)を支えているのです。たぶん。

◎今こそ復活せよ!
  • LiveMotion(ライブモーション)
あのタイムライン編集はFlashより上!という、フィーリングより理路整然派な人はLiveMotionの方が好みなはず。(※LiveMotionのタイムラインは、各プロパティが別々のタイムラインバーに一覧表示されるので、数値指定派やキー指定好きなAfter Effects(アフターエフェクト)ユーザーにはぴったりなのです)。

ほかに忘れているソフトがあれば教えてください。たいちょ
posted by たいちょ at 20:36
デベロッパー | コメント(4) | トラックバック(0)
2007年03月23日

Flex 2.0.1、Apollo(アポロ)に対応してリリース

Adobe Flex 2(アドビ フレックス2)の最新バージョン、2.0.1 がリリースされました。

■Flex 2.0.1アップデータ(アドビ システムズ)

■Adobe、「Flex 2.0.1」リリース 早くもApolloに対応(CodeZine)
■アドビ、RIA開発環境「Adobe Flex 2」の最新版を提供開始(CNET Japan)

Flex Builder(フレックスビルダー)2.0.1が公開され、Macintosh版もリリース。
これにより、Flexが最初のApollo(アポロ)アプリケーション統合開発環境となりました。たいちょ

(2007年3月29日追記):日本語版公開されました。

(2007年3月24日追記):akihiro kamijoさんの記事によると、日本語版のFlex Builder 2.0.1はApollo機能拡張とのテストがまだで、現状ではApollo開発環境は英語版のみとのことです。

●Adobe Apollo(アポロ)アルファ版ダウンロード開始!
posted by たいちょ at 12:28
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年03月19日

Adobe Apollo(アポロ)アルファ版ダウンロード開始!

ついに姿を現しました、Adobe Apollo(アポロ)のアルファ版がダウンロード開始しました!

■Adobe Apollo(Adobe Labs)
■Apollo:Applications:Samples(Adobe Labs)
■Public Alpha of Apollo Debuts on Adobe Labs(Adobe Systems)

ランタイム、SDK、Flex Builder(フレックスビルダー)エクステンション、ドキュメント、サンプルファイルなどがダウンロードできます。

さっそくインストールしてみました。
おー、Google Mapsがアプリで動いている!デスクトップ上に定規を置いたり、マーカーで書けたり、まあフツーにガジェットっぽい感じもしなくはないですがたらーっ(汗)、これがFlashで動いているのはデベロッパー側からすると期待できますよね。続報があればまた!たいちょ

(追記)
続々とニュースサイトで掲載されています。
■Adobe、Apolloの公開α版をリリース(ITmedia News)
■アドビ、次期プラットフォーム「Apollo」アルファ版を公開(ZDNet Japan)
■「これがApolloだ」 Adobeの次世代デスクトップアプリ用ランタイムリリース(CodeZine)
posted by たいちょ at 14:03
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(1)
2007年02月14日

Adobe Acrobat 8 ってどんなソフト?

m-Schoolショップでも売れ筋のAdobe Acrobat 8

名前は良く聞くけど本当に必要なのかな?と思っている方に、Acrobat 8の実力をm-Schoolインストラクターがご紹介!

Adobe Acrobat 8 ってどんなソフト?

なかなか購入に踏み切れない方も、ぜひ参考にしてください。
posted by エンディー at 21:55
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年02月11日

Yahoo! Pipes(ヤフー!パイプス)スタート。Flashで、Flexで、Dreamweaverで、使い道は無限大!?

米国Yahoo!より革新的なサービス Yahoo! Pipes がベータとして開始されました。詳細は下記記事を投稿しましたので、ご覧ください。


■Yahoo! Pipes(ヤフー!パイプス)でマッシュアップ!(ラーニング情報を、さささっと発信!)


■Pipes :Rewire the web(Yahoo!)

■ヤフー、「Yahoo Pipes」リリース--マッシュアップ開発用ホスティング型環境(CNET Japan)
■米Yahoo!、マッシュアップサービスの「Yahoo! Pipes」をスタート(ITmedia News)


このサービスを見て、Adobe FlashやFlex、Dreamweaverを使用されている方は、うはっデータソースが簡単に作れる!という、願ったり叶ったりの状態ではないでしょうか。まだベータですし若干サーバーが不安定なようですが、米国では大もりあがりのようです。

ちなみにこのYahoo! Pipes、インターフェースを見たとき水道管ゲームを思い出したのはたいちょだけではないはず…。
posted by たいちょ at 18:06
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年01月23日

FMSでのストリーミングビデオの切り替えの不具合

今回紹介するの記事は、FMS2(Flash Media Server 2)についてです。

『FMS2(Flash Media Server 2)で、ストリーミングビデオを切り替えると2つ目以降のビデオが早送りされたような挙動をする』んです。
う〜ん。何故?バッド(下向き矢印)がく〜(落胆した顔)

いろいろ検証した結果、マシンスペックによるものでは無い事が判明exclamation×2
正常に動くマシンと動かないマシンがあり、OSやメモリーに関係なく発生するのでマシンとの相性か・・・もうやだ〜(悲しい顔)


でも、ついこないだ(2007/01/18 公開ほやほや)FMS2の最新アップデート 2.0.4が公開されており、パッチをインストールしたら、正常に動作したexclamation×2ぴかぴか(新しい)

よっしゃ〜!! 手(グー)

これは、FMS2.0.3のバグだったのか?

Flash Media Server 2の2.0.4アップデートは、米国のAdobeサイトよりダウンロード可能
posted by たっくん at 17:03
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年01月16日

wiiでWeb

wiiでウェブページを見るとどうなるのか?

どうなるんでしょうか?
こちらに紹介されておりました。

wiiでウェブページを見るとどうなるのか?

なるほど、そういうことのようです。

Flashの表示は、バラツキがあるようです。
posted by タイラー@m-School at 16:53
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2006年11月25日

kuler 〜 Adobe Labsで配色(カラーテーマ、カラースキーム)を共有

Adobe Labsから、新しいサービスAdobe kulerが公開されました。

■Adobe kuler

このkulerは、配色(色見本、カラーテーマ、カラースキーム、カラーパレット)をブラウザ上で作成できるサービスです。今までもこのようなサイトはありましたが、kulerの場合はインターフェースがFlashで作成されており、RIA効果により直感で楽々できますので、色の理論など知らなくても作ることができます。

また、サブタイトルである「explore+create+share」のとおり、できた配色を共有することもできます。


それではkulerを利用する前に、まずはAdobe User IDをゲットしておきましょう(無料です)。

Adobe User IDを取得していれば、配色をダウンロードしたり、オリジナルカラーテーマの作成が可能になります。作成したカラーをパブリッシュすれば、リストに登録され世界へと公開されます。Web 2.0の時代となり、このようなデータ共有型Webサイトが一気に増えてきましたが、気軽に使えるのでいい感じですね。

ダウンロードしたファイルは、Illustratorなどでスウォッチとして読み込んで、そのまま利用できます。続々と登録されているので、お気に入りの配色を探してみてはいかがでしょうか。たいちょ
posted by たいちょ at 16:14
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(5)
2006年10月24日

Contribute4の機能(Wordから操作)

Contribute 4 (コントリビュート)登場。ブログ(Blog)にも対応。

の、

 ・Microsoft Officeのアプリから直接投稿&パブリッシュOK!

ですが、こんな感じで、Wordなどから直接操作できるようです。
20061024CONTRIBUTE4.jpg
posted by タイラー@m-School at 17:11
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2006年07月12日

PDF使えてますか?→本当に活用したいならこちら。

PDFは誕生してから15年あまり。
さまざまな分野で利用されてますが、きちんと使いこなせていますか?

実際のところ、

 「印刷するだけしか使わないよ。」
 「修正ができない文書が作れるだけなんでしょ。」

と思っている方、多いのではないでしょうか。

PDFの実力はワープロ文書などのドキュメントをPDFに変換して終わりではないのです。

今やPDFは作成を超えて活用する(beyond the creation)時代です。

m-Schoolではその活用方法を習得できる
PDFでビジネスフローを変える Adobe Acrobatトレーニングをはじめました。

日頃の業務で積み重なった書類を何とかしたい
コピー用紙や電気代のコストを削減したい
多くのメンバーにレビューや承認をしてもらいたい
プレゼン資料を作りたい

などなど、これらすべてがAcrobatでできちゃいます。

今までにない業務フローが実現できるこの講座を、会社のドキュメントをPDFで統一したいとお考えの方、Acrobatを導入したはいいが使い方がよくわからない方、これから導入したいとお考えの担当者の方にオススメします。

ハンズオンの実習形式なので、実際に画面を見ながら学習ができ、更に本講座にはご自宅や会社で復習ができるように、書籍「はじめてのAcrobat7.0」もついてきます。

詳しくはこちらまで。

PDFでビジネスフローを変える Adobe Acrobatトレーニング
posted by タイラー@m-School at 14:00
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)