m-School (エムスクール)は、駿河台学園グループが運営する
法人向け研修トレーニングセンター、およびレンタル教室・会議室です。

2006年06月24日

Flash Player 9とActionScript 3.0で、何が変わる?

Flash 8 クイックマスターでおなじみの野中文雄さんによる、Flash Player 9とActionScript 3.0についての紹介記事が公開されています。

■AdobeのFlash担当者に訊く - Flash Player 9とActionScript 3.0何が変わる?(MYCOMジャーナル)

変更点は多々あるので記事をご覧頂きたいのですが、個人的には
(2)シンプルさ
プログラミング言語として、スタンダードなデザインになった。MoiveClipインスタンスをつくるのに、特別なメソッドを使う必要もない。イベントハンドラの扱いが、MovieClipとコンポーネントとで違うということもなくなった。プログラミング経験のある人なら直感的に理解できる、一貫性をもった言語になった。

がナイスな感じです。一貫性のある言語は作りやすく、そして美しいものです。たいちょ
posted by たいちょ at 16:14
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2006年05月29日

アドビのAjax

△ロミオメロン →○レミオロメン
△アドビのAjax →○アドビのAjaxフレームワーク

ということで、アドビのテクニカルプレビューサイト「Adobe Labs」にて、
Ajaxのフレームワークが紹介されています。

Spry framework for Ajax

英語なので、まだ読めていませんが(泣)。
posted by タイラー@m-School at 19:29
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2006年05月19日

わかりやすい何か、 (その3)日本語入力 ATOK

前回:わかりやすい何か、 (その2)文章アナログチェック

今回、たいちょ個人としておすすめするのは、Justsystem(ジャストシステム)から発売されているATOK 2006です。かなり前からシリーズを愛用していますが、ATOKであれば文章を書くのは3倍ぐらい速くなりますね。文章を執筆される方、Webマスターの方にはもちろんですが、普通にメールを書くだけでも作業効率が全然違うと思います。

いろいろ機能は多いのですが、使えばわかる必須機能をあげてみます(たいちょのATOKは別途購入の辞書をいくつかインストールしているので、もしかすると標準と動作が違うかもしれませんのでご注意ください。正確な詳細は、Justsystem(ジャストシステム)社のサイトでご確認ください)。

推測変換

この機能と後述の【連想変換】があるだけで、ATOK最強と言っても過言ではありません。

この機能は、一度打ち込んだ文章を自動的に記憶して、次回同じような文章を入力しようとすると、ATOKが『以前に同じ文章が入力されたから、今回もそれだろう』と推測し、候補として表示してくれます。

たとえば「ドリームウィーバー」と入力、変換、確定して、もう一度入力しようとすると、「どり」まで打ち込んだ時点で「ドリームウィーバー」が候補にあがります。ここでシフトキー+エンターキーを押すと、「ドリームウィーバー」で確定されます。入力途中で全文を一気に確定できるので、キータッチ数が大幅に減りますね。タイプミスも低減します。

この推測変換、いちいち単語登録とかしなくてもどんどん記憶しますので、本当に楽々です。だいたい単語登録なんて、「名詞サ変」とか「カ変動詞」とか、わかるかそんなの!って感じですよね。

連想変換

たとえば「学校」と入力して連想変換を行うと、「学園」「教えの庭」「杏壇」「学問所」... と、学校に関連している(連想される)単語が一覧表示されます。ボキャブラリーが尋常でなく増えるので、表現豊かな文章に。つい同じ言葉を繰り返してしまうことも、なくなりますね。

実用的なものだけでなく、普通に見ているだけでもおもしろいです。例として「恋」で連想変換すると、「メロメロになる」「あなたのためなら、たとえ火の中、水の中」「フォール・イン・ラブ」「恋の炎に身を焦がす」「タイプだ」などなど、300近い候補が出ます。

専門辞書

広辞苑などの辞書を購入すると、変換中の単語の意味がすぐにチェックできます。いちいちアプリケーションを起動することなく、入力中のままシームレスに確認できるのがいいですね。購入するなら、はじめから辞書がパッケージになっている『電子辞典セット』がおすすめです。

カタカナ入力で英語に変換できる

カタカナ英語を入力すると、アルファベットに変換してくれます。

一例として「ストロベリー」とカタカナを入力すると、変換候補に「Strawberry」が出てきます。わざわざ英和辞書を調べる必要がありません。地味ながらかなり使える機能です。辞書を揃えれば、「イチゴ→Strawberry」と英訳の変換も可能です。もちろん上記の「専門辞書」もすべて連動しますので、ストロベリーが“愛の女神の象徴”だったことを知ることもでき、うんちくが増えます。

校正機能

「起きれた(ら抜け表現)」など、おかしな文章を入力すると警告が出ます。「シュミレーション」などの間違いも指摘してくれます(正しくは「シミュレーション」)。

また「NHK新用字用語辞書」などを追加することにより、一般的に使用を避けるべき単語も注意してくれます。たとえば先ほど「うんちく」と書きましたが、「蘊蓄」と変換した時点で『その言葉はひらがなにしたほうがいい』と注意してくれます。さらに、適切な変換候補も列挙してくれるという、至れり尽くせりのソフトです(ちなみに『うんちく』は「知識」「深い知識」「学識」などの候補が出ました)。

というわけで、正直ATOKがないと仕事になりません。昔のIMEは変換精度や速度などを重視していましたが、たいちょの入力スタイルは「短い文節ごとに変換」なので、それほど重要ではなかったりします。実際問題、打ち込んでいる時間よりも「文章を考えている時間」の方が長いわけで、上記のような『思考のサポート』機能こそ、もっとも大切なところではないでしょうか。たいちょ

posted by たいちょ at 22:57
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2006年05月11日

Dreamweaver 8.0.2 アップデータ公開、『アクティブコンテンツをクリックしないと操作できない』件で、Dreamweaverから設定可能に

以前の記事でもご紹介した、Windows XP の Internet Explorer(IE)において、Flashコンテンツ(.swf)を一度クリックしないと操作ができない(アクティブ化しない)件ですが、この問題をDreamweaverで簡単に設定できるアップデートファイルがアドビ社より公開されました。

■ Dreamweaver 8.0.2 アップデータ (Adobe)

バージョンを8.0.2にアップすることで、[挿入→Flashファイル] を行った際、自動的にJavaScriptを含むソースコードが挿入されます。これで、手作業で変更する必要がなくなりました。

インストールの際、(DreamweaverまたはStudioの)アプリケーションCD-ROMが必要となります。

リリースノートはこちら。
■ Dreamweaver 8.0.2 アップデートで解決された問題 (Adobe)

たいちょ
posted by たいちょ at 11:12
デベロッパー | コメント(2) | トラックバック(0)
2006年05月10日

FlashVideoの技術を利用したサイト

FlashVideoの技術を利用した、サイトを見つけました。

モビゾー

携帯電話等で録画した動画をインターネット上で公開するサイトのようです。
登録した動画は、FlashVideo に変換されます。

APIなんかも公開されていますので、ちょっと気合を入れれば、自分のホームページに組み込んだりとか、いろいろ使えそうですね。

posted by タイラー@m-School at 21:06
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2006年05月07日

「Flashコンテンツ(.swf)を一度クリックしないと操作ができない」件を回避する(まとめ)

Windows XP の Internet Explorer(IE)において、Flashコンテンツ(.swf)を一度クリックしないと操作ができない(アクティブ化しない)件をまとめてみました。

■ActiveX コントロールのアクティブ化(Microsoft)
どのような環境、状況でこの現象になるのか、説明されています。また簡単な回避方法も掲載されています。

■IE の更新プログラムを適用すると、Flash や Shockwave を余計に一度クリックしないとコンテンツを操作できない(Adobe)
Adobe社が公開しているFAQです。後述する「Flash 8アクティブ コンテンツ アップデート」のMacintosh版のインストール方法が掲載されています。

■アクティブコンテンツデベロッパーセンター(Adobe)
Adobe社が公開しているデベロッパー向け情報です。

■アクティブコンテンツのFAQ(Adobe)
上記デベロッパーセンターのFAQです。

■ブラウザの更新に備えたアクティブコンテンツ使用Webサイトの準備(Adobe)
回避するためのJavaScript(JScript)ファイル、およびサンプルファイルがダウンロードできます。Flashコンテンツだけでなく、DirectorのShockwaveコンテンツや、ほかのActiveXコンテンツでも利用できます。

■JavaScriptソリューションの実装前後の例(Adobe)
上記の回避スクリプトを実装した際の、サンプルが掲載されています。

■Macromedia Flash Support Center(Adobe)
Flash Professional 8およびFlash Basic 8用のアクティブコンテンツ アップデートファイルが公開されています(ページは英文ですが、日本語版のファイルをダウンロードできます)。このアップデート(拡張機能)により、本件を回避するためのHTMLテンプレートがインストールされ、パブリッシュ設定のテンプレート選択に「アクティブ コンテンツ HTTP」などが追加されます。

■Mshtml.dll に関する Internet Explorer ActiveX 互換性修正プログラム(Microsoft)
IEの更新プログラムを無効にし、クリックしなくても操作ができるようにする修正プログラムです。各PCに個別セットアップする必要があり、また数ヶ月間の猶予期間以降は完全に移行すると発表されていますので、「暫定パッチ」として限られた状況でのみの利用かと思われます。

5月11日追記:Dreamweaver 8用のアップデータが公開されました。アクティブコンテンツ指定時に、自動的にJavaScriptが挿入されるようになります。

たいちょ
posted by たいちょ at 18:31
デベロッパー | コメント(2) | トラックバック(0)
2006年04月26日

やった!PSPでFlash

PSP(PlayStation Portable)で、Flashコンテンツが再生できるようになりました!!

既存のPSPでは、システムアップデートで対応できるようです。

PSP システムソフトウェア バージョン 2.70

Flashを使っている方なら、ほぼ特別新しいことを覚えずに、いつものやり方でPSP用のコンテンツを作れるところは魅力的です!

ちょっとしたゲームならFlashで驚異的な速さでつくることができるようになるはずです。また、ちょっとしたビジネスアプリケーションや、eラーニングというのもいいかもしれませんね。

ひょっとしたら、「PSPでつくるFlashゲーム講座」とかm-Schoolでやるかもしれません。

→とりあえずはないので、このあたりの講座をおすすめいたします。


・・・というより、PSPほしぃ!!
posted by タイラー@m-School at 13:44
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2006年04月18日

「Flashコンテンツ(.swf)を一度クリックしないと操作ができない」件を回避する(3)

akihiro kamijoさんのサイト、およびMacromedia Flash Support Center(Adobe)にて、Flash 8のパブリッシュを本件に対応させる機能拡張(エクステンション)が公開されています。たいちょ
posted by たいちょ at 12:20
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2006年04月17日

「Flashコンテンツ(.swf)を一度クリックしないと操作ができない」件を回避する(2)

本件の日本語の記事が公開されたようです。
posted by タイラー@m-School at 19:26
デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2006年04月14日

「Flashコンテンツ(.swf)を一度クリックしないと操作ができない」件を回避する

「Windowsにおいて、ブラウザーで表示されているFlashコンテンツ(.swf)を一度クリックしないと操作ができない」件について、以前の投稿の続報として、回避策等をご紹介します。

まずどのような現象になるのか?の詳細は、ActiveX コントロールのアクティブ化(Microsoft)をご確認ください。

なぜMicrosoft社がこのような変更を行ったのかは、特許に関する訴訟問題を回避するため、といわれています。この現象は、すべてのバージョンのWindowsで起きる問題ではないですが、現在もっとも主流と思われるWindows XPで発生するため、対応策が必要と考えられます。

基本的な対応策としては、「外部スクリプトファイル(.js)を利用してswfを表示させる」形となります。
<object>要素で静的に表示させるのではなく、JavaScript(JScript)で動的に表示させるわけです。

方法はいろいろあるのですが、swfを表示させる場合は、アドビ社よりActive Content Update Article(Adobe)といった情報、およびサンプルスクリプトファイルが公開されていますので、これを利用するのがもっとも適切かと思われます。日本語解説は、IE6 の仕様変更への対応関連情報です(akihiro kamijo)にて掲載されています。

また本問題は広範囲に影響を及ぼすことを考慮し、Mshtml.dll に関する Internet Explorer ActiveX 互換性修正プログラム(Microsoft)といった暫定的な「元に戻すプログラム」も公開されています。しかし、猶予期間以降は完全に移行するということですので、このプログラムには頼らない方がよろしいでしょう。

ちなみにm-Schoolは対応済みでっス。たいちょ
posted by たいちょ at 11:16
デベロッパー | コメント(3) | トラックバック(1)