短期集中型 アドビ認定トレーニングセンター
m-School (エムスクール)は、駿河台学園グループが運営するITスクールです。

2010年10月26日

Adobe MAX 2010 開催中

Adobe MAX 2010が米国ロスアンジェルスにて開催中です。

日本時間の26日1時頃より、ケビンリンチ氏の基調講演を皮切りにスタートしています。
日本語の同時通訳をしながらHDでのリアルタイム配信が行われ、さらにTwitterで多数のつぶやきが寄せられており(ハッシュは #maxjp)、日本にいながらでも会場にいるような臨場感があります。

まだ始まったばかりですので、要チェックですね ひらめき たいちょ
posted by たいちょ at 12:48
特集:Adobe MAX US | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年11月14日

Adobe MAX 2007のレアなおみやげプレゼント

先日、エンディーからお知らせがありましたが、

Adobe MAX 2007 に参加した、m-School スタッフから、
レアなおみやげプレゼントですプレゼント

知る人ぞ知る(?) MAX 参加年には恒例のプレゼント企画ですが、
今回のプレゼントは
Adobe MAX ロゴ入りのメッセンジャーバッグです。

Adobe MAX 2007プレゼントのメッセンジャーバッグ

A4サイズのノートPC がラクラク入る大きさで、
緩衝パッドも付いているので、耐久性もバッチリです手(チョキ)
もちろん m-School のテキストもすっぽり入ります。

ポケットも、たくさんありますので、
荷物の整理がきちんとできます。

もちろん応募は無料ですので、どしどしご応募ください犬
まだ間に合いますexclamation

ご応募方法・プレゼントの詳細は下記ページをご覧ください。

m-Schoolニュースレターお客さまプレゼント2007
posted by チャッピー at 11:26
特集:Adobe MAX US | コメント(0) | トラックバック(2)
2007年11月07日

Adobe MAX 2007 かなりレアなおみやげプレゼント

アメリカ・ヨーロッパ・日本と3ヵ国にわたって開催されました
Adobe MAX 2007 が11月2日の日本開催を最後に終了致しました。

m-Schoolもようやく一段落しましたので、
毎年恒例のMAXプレゼントサイトを公開しました。

MAXおみやげプレゼント from シカゴ

MAX レポートをご覧頂いたみなさまは、プレゼントの応募はまだか!と、お待ちだったかと思います。

Adobe MAX 2007プレゼントのメッセンジャーバッグ決して忘れていた訳じゃないですよ!

MAXレポート第1弾

シカゴでしか手に入らないレアな一品です。
かなりしっかりとしたバックなので、いろいろな用途でご利用頂けます。
正直僕もほしいです。。。

※シカゴから東京へ、この日のために責任をもって運んできましたが、長時間の輸送のため多少のキズはご勘弁下さい。

たくさんのご応募お待ちしております!
posted by エンディー at 15:41
特集:Adobe MAX US | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年10月08日

Adobe MAX 2007 in シカゴ レポート第4弾 最終日

Adobe MAX 2007 最終日。
2日目が盛りだくさんなだけに、3日目は終始落着いた状況でスタートしました。各セッションでは、私自身にとって興味のあるセッションを聴講し、現地のハンズオンも体験。
英語が苦手だっただけに内容が理解できなかったところもありますが、大変勉強になりました。

今回のMAXを振り返り、今後のAdobeはツール製品(THERMO)・サーバー製品(Cold Fusion8(全貌は明らかではないが次期バージョンも開発中)、Flex3 beta2)をはじめ、今回発表した、「SCENE7」、「SHARE」、「PASIFICA」、「COCOMO」といったサービス体系を加える事により、まだまだWebの技術はAdobeが中心といった実力を再認識するような内容でした。

また、AIRの導入により、OSを問わず、オフラインの環境で業務を実行することができるため、デスクトップアプリ、Webアプリといったパソコンを使う全ての人たちに対しAdobeの技術アプローチする環境が整いました。

デスクトップアプリでは主力のMicrosoftもWeb技術に力を入れてきている中、どちらの製品がユーザーの心を掴むか今後も大注目です。



posted by エンディー at 21:08
特集:Adobe MAX US | コメント(0) | トラックバック(1)
2007年10月04日

Adobe MAX 2007 in シカゴ レポート第3弾 4つの新サービス&THERMO(サーモ)編

Adobe MAX 2007も佳境に入ってきたようです。現地特派員エンディーより、アドビの新しいソリューション情報が到着しました。たいちょ



Adobe MAX 2007も2日目。本日からMAXが本格始動し、Adobeの新しいソリューションがジェネラルセッションで公開されました。

ケビン・リンチ氏は、Adobe Systems社は今後「サービス」(ASP)に力を入れるという宣言をし、4つのサービスを中心としたサービスを展開する予定です。

Scene 7 Imaging


Adobe MAX 2007

Scene 7 Imaging(シーン7 イメージング)は、リアルタイムカタログを作成するサービスです。この程、Adobe社がScene 7社を買収したことにより実現しました。

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

カタログ内の商品の角度・画面の大きさなどが、ドラッグ&ドロップやクリックだけでリアルタイムに変更できます。テキストを入力した文字なども、瞬時に画面内に反映できます。

デモはこちらから見られるようです。
■Demos(Scene7)

SHARE


Adobe MAX 2007

既にAdobe Labsでbeta版が公開されていますが、SHARE(シェア)はPDFやOfficeドキュメントなどを共有できるサービスです。

Adobe MAX 2007

SHAREでは別のドキュメントにコンバートすることができ、会場を沸かせたのは、Flash Paper風にドキュメントを変換できることでした。

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

現地にてAdobe社の方に確認をしたところ、セッションではFlash Paperと発言しましたが、実際には似ているけどFlash Paperではないそうです。日本でも人気が高かっただけに、Flash Paperの新バージョンとして販売されるといいのですが、現時点ではないようですね。

Adobe MAX 2007

Adobe Labsにてbeta版が公開中です。

PASIFICA


Adobe MAX 2007

ハイクオリティビデオチャットや、インスタントメッセージを送信などが行えるサービスPASIFICA(パシフィカ)

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

beta版は今月中に公開予定とのことです。

COCOMO


Adobe MAX 2007

PASIFICAと似ているものですが、COCOMO(ココモ)はビデオ会議が行えるサービスです。

Adobe MAX 2007

画像にもあるように、現在のAcrobat Connectに変わる新しいサービスです。追加された機能として、Acrobat Connectではできなかった、インターフェイスのカスタマイズが可能になります。

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

具体的にConnectの新バージョンで発売するという告知はありませんでした。

4つのサービスの公開に会場の反応も良く、今後のAdobeテクノロジーが期待される内容でした。

THERMO


次に、初公開のツール製品THERMO(サーモ)が登場しました。

Adobe MAX 2007

THERMOは、RIAデザインツールとして新しく登場した製品です。Flexのようなプログラミングの技術がなくともRIA開発が行えます。

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

THERMOのすごいところは、デザイン画面で直感的に画像を描くだけで、自動的にXMLを生成することができます。これにより、Flexと同等の開発が、デベロッパーでなくデザイナーでも開発に携わることができます。

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

また、THERMOはPSD形式のデータを読み込むことができ、その内容もXMLに変換することができます。

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

画像では伝わりにくいですが、各種コンポーネントやタイムラインを調整するだけで、アニメーションを追加することも可能です。

(エンディー)


とのことで、かなりASP/SaaS系にパワーを入れているようです。
posted by たいちょ at 11:52
特集:Adobe MAX US | コメント(0) | トラックバック(1)
2007年10月03日

Adobe MAX 2007 in シカゴ レポート第2弾 General Session編

Adobe MAX 2007のレポートが特派員エンディーより到着しました。エンディー現地にて多忙なため、たいちょがブログアップです。



本日はいよいよAdobe MAX 2007当日です。
10/1 AM 8:00よりMAX行きのバスに乗り込み会場に向かいました。

昨日とは、打って変わって大盛況です。MAXツアーに同乗した方のお話では、4,000名以上の参加だとか・・・。

Adobe MAX 2007
WELCOME MAXに歓迎され会場入り

General Session

Adobe MAX 2007
会場前には人、人、人だらけ4,000名もうなずけます。

Adobe MAX 2007
会場入りの時間。大型スクリーンと大サウンドがお客さんを迎えます。

Adobe MAX 2007
あの大観衆がスッポリ入ってしまう大会場。

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007
セッションスタートから登場ケビン・リンチ氏

General Sessionでは、Adobe Systemsのソリューションについて熱く語る内容です。もう既にご存知の方も多いとは思いますが、Flash Video・Flex・AIR・ColdFusion の最新テクノロジー紹介です。

ケビンがメインでスピーカーを担当し、入れ替わり立ち代わりで、それぞれの担当者が詳しく解説しました。

Adobe MAX 2007
ずらりと並ぶ製品ロゴ

Adobe MAX 2007
会場を沸かせたのが、ついにWebで使われているビデオの70%がFlash Videoになった報告です。会場はこの瞬間大歓声。

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007
また、Videoでは、H.264をサポートしたことにより、ファイル容量の縮小および映画なみのクオリティ画質をFlsah Videoで実現することができます。フルスクリーンでもこの画質!手振れでちょっとわかりにくいですね(失礼しました)

Adobe MAX 2007
ケビン氏熱弁

Adobe MAX 2007
CFチームも登場

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007
CFチームは、Webサイトのフォームに入力した情報をPDFに出力する方法を披露

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007
AIRでは、Disneyのデスクトップアプリを紹介

Adobe MAX 2007
これも

Adobe MAX 2007
これもみんなAdobeテクノロジー。

このような形で、General SessionでAdobeの実力を紹介しました。このセッションを筆頭に、Adobe MAX 2007のスタートです。

Adobe MAX 2007
プレゼント N03.ロゴ入りマグカップ
今日もゲットしてきました。プレゼントとして持ち帰ります!

(エンディー)


といった感じで、新製品&サービスラッシュのため、かなり多忙な状況のようです。引き続き、現地&日本より情報をお届けします!
posted by たいちょ at 15:02
特集:Adobe MAX US | コメント(0) | トラックバック(1)
2007年10月01日

Adobe MAX 2007 in シカゴ レポート第1弾!

シカゴの青空からお届けしております。晴れ
皆様いかがお過ごしでしょうか。

Adobe MAX 2007

MAX2007特班員のエンディーです。
今年はわたしがm-SchoolよりAdobe MAX 2007 in シカゴに参加致しました!

ただいま現地時間で、10/1 AM5:00日本時間では、10/1 PM7:00です。

早速時差ボケと闘いながら、2:00に起床して、レポートを書いています。(笑)

さて、本日は9/30AM 10:30に現地シカゴに到着の後、シカゴで有名(添乗員談)なホットドックを食べました。

Adobe MAX 2007
ピクルスが豪快にのってるビッグサイズホットドック

その休憩を利用してちょいと観光

Adobe MAX 2007
ミシガン湖(九州と四国がスッポリ入ってしまうほどの湖です。)

Adobe MAX 2007
定番だけに大人気のマック!ちなみにマックの支店第一号はシカゴだそうです。

シカゴって、観光名所じゃない!なんて固定概念をもってましたが、アメリカでは、三大都市のひとつってことで、観光客もかなり大勢です。

軽く軽食をとったところでいよいよ本題の「MAX」。
今日は、参加登録だけですが会場に足を運びました。
(バスで移動でしたので会場裏口!?から入場)

Adobe MAX 2007
会場に入るとこんな感じ

Adobe MAX 2007
看板がお出迎え

Adobe MAX 2007
裏から見るとこんな感じ

Adobe MAX 2007
看板から左に向かうと受付

Adobe MAX 2007
なぜかBrazil と Japan が一緒に受付(笑)

申込者の名前を伝えて参加登録完了!
と、ここでネームプレートと同時に参加者限定グッズをゲット!
MAX毎年恒例のプレゼントにしましょう。
(プレゼントの申込方法につきましては、MAX帰還後、改めてm-School メルマガやブログにて告知致します。ご期待下さい。)

Adobe MAX 2007
プレゼントNO.1 MAXバッグ
ノートパソコンぐらいすっぽり入るかなり大きくて頑丈なものです。MAXロゴはもちろん、中を開けるとintel NOKIA SAP のロゴも入ってます。

Adobe MAX 2007
プレゼントNO.2 MAX ペットボトル去年もありましたが、今年もプレゼント!
※ノートもありますが、MAX中に使用する可能性があるためプレゼントの候補からは除外させて頂きます。

まずは、二つのプレゼントをゲットした後、ホテル出発までしばし休憩の間会場を内を見学。

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007
時間もなかったので一階だけですが、相当広そうです・・・

その後、ようやくチェックイン

宮殿みたいなホテルです。

Adobe MAX 2007

Adobe MAX 2007
※画像が見えにくくてスイマセン

初日からかなりハードな一日でした。
あと、3時間後には本番開始です。

いよいよMAXの全容が明らかに!!
posted by エンディー at 19:21
特集:Adobe MAX US | コメント(0) | トラックバック(1)
2007年09月28日

シカゴが待ってる!北米 Adobe MAX 2007 開催

ついに目前に迫ってきた北米Adobe MAX 2007

m-Schoolからもエンディー特派員を派遣していますので、随時このブログにてAdobe MAX 2007情報をおおくりする予定です。

噂のAdobe AIRや新製品について、直接Kevin Lynch(ケビン・リンチ)氏直談判して聞いてくると意気込んでいますダッシュ(走り出すさま)ニンテンドーDSの英会話ソフトを持って行ってますので、準備万端、期待できますexclamation&question たいちょ
posted by たいちょ at 21:23
特集:Adobe MAX US | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年07月25日

今年もやります Adobe MAX 2007

年一回のAdobeの祭典 Adobe MAX 2007 米国(シカゴ)ヨーロッパ(バルセロナ)、そして日本(東京)3ヶ国で開催されます。

アドビ システムズでは、MAX 開催に先駆け、Adobe MAX 2007 North America 参加ツアーを募集しております。

開発スキルの向上や、新製品に関する情報収集、基調講演、ハンズオンセッションなど、Adobeの最先端技術を身につけるまたとない機会です。

m-Schoolでも毎年このツアーに参加しております。
今年も数名が参加致します。

ツアー参加の早期割引は8月3日(金)までです。
早めのお申込みをするとお得ですよ。

Adobe MAX 2007 North America 参加ツアー

本ツアーはアドビ システムズの運営となります。
ツアーについてのお問い合わせやお申込みは、アドビ システムズまでご連絡下さい。
posted by エンディー at 09:17
特集:Adobe MAX US | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年03月06日

MAX 2007 開催日決定の模様

akihiro kamijoさんのブログにて、MAX 2007の日程が公開されています。

■MAX 2007(akihiro kamijo)

North America MAX 2007


September 30 - October 3, 2007

McCormick Place WEst, Chicago


EMEA MAX 2007


October 2007

Barcelona, Spain


Japan MAX 2007


November 2007




・・・Japan MAX 2007・・・?

セルリアンタワーで開催されたあのイベントが、帰ってくるのですねーたいちょ

■Macromedia MAX 2005 レポート
■Macromedia MAX 2004 レポート
posted by たいちょ at 10:38
特集:Adobe MAX US | コメント(0) | トラックバック(0)