m-School (エムスクール)は、駿河台学園グループが運営する
法人向け研修トレーニングセンター、およびレンタル教室・会議室です。

2009年03月31日

AIRを求めて-その2

あのイベントから、もう2ヶ月が過ぎたんですね。

アンケートに答えるとプレゼントがもらえると聞いて、
必死にアンケートを記入していたのが懐かしいです。

・・・Adobe MAX Japan 2009。

ぅーむ、社内用便利アプリ制作・ヒントのために参加したんでしたpugひらめき

というわけで、

AIR x イマジネーション = Grand Prix !!に参加してきました。


このセッションでは、

AIRコンテスト2008でグランプリを受賞した作品
HitoFude AIR」のデモが行われました。

「HitoFude AIR」
コンセプトは、
• 限られた材料で、なにをどう作るのか
• 他の人は、同じ条件でどんなモノを作るのか


ほぉう

百聞は一見にしかず。
とりあえず、体験してみましょうpugダッシュ(走り出すさま)

「HitoFudeAIR」起動。



すかさずHelpで操作確認。
hitofudehelp.jpg

ふむふむ、黒枠にあてると一筆終了なんですね。

では、改めてスタートカチンコ

みんなのひとふでが再生される。
hitofude1.jpg

再生されきったところで自分の番。

書いてみるペン

すぐに、自分の番がくる。

書くペン。また、自分の番。書くペン。もう一度、自分の番。書くペン。....以下エンドレス
hitofude2.jpg


なるほど。

はたから見ると可哀想な子になってるけど
今はね、検証みたいなものだから。

一人でだって寂しくないもん。

感想


筆の運びを考えるから脳トレになりそうです。


・・・今、思いついたんですが
コレをこのまま伝言メモとして使ったら面白くないですか?

まず書くエリアは広げるとして、一筆でルールはそのまま。

ちゃんと筆の運び考えないと何書いてるんだか
わからなくなっちゃいます。

そんな遊び心がある社内用AIRアプリいいと思うんです。
使いづらい!で終わりそうですけど。。。もうやだ〜(悲しい顔)

posted by pug at 14:34
特集:Adobe MAX JAPAN | コメント(0) | トラックバック(0)
2009年02月04日

Adobe MAX Japan 2009で、アドビ風な何か、を知ろう![1]

Adobe MAX Japan 2009行ってきました、たいちょたいちょでっす!


まずはハンズオンセッションならびにm-School(SATT)ブースにおこしいただいたみなさま、さらにはMAXにおこしのすべての方に御礼申し上げます。


今回のAdobe MAXでは、たいちょは裏方でも協力させていただきましたが、一般のお客さまと同様に各セッションにも参加しました。
13,000円実費でしたが、その価値はあったんじゃないでしょうか!

そんなこんなで数回にわたり、週末のシンデレラたいちょぴかぴか(新しい)が、弾丸Adobe MAX Japan 2009探検トラベラーをアップしていきますパンチ

まずは全体の流れと基調講演からスタート!モータースポーツ


探検ルート


今回の探検ルートはこんな感じです。

【1日目】

[S-1] ケビン・リンチ氏の基調講演

       ↓ ↓ ↓

[C-1] クリエイティブ・インスピレーション - New Works

       ↓ ↓ ↓

[B-2] Flash Catalyst(コードネーム“Thermo”)のご紹介

       ↓ ↓ ↓

[G-3] After Effects 超表現術

       ↓ ↓ ↓

[E-4] CATMAN作者が語るFlashアニメーション最新情報

       ↓ ↓ ↓

[S-2] スペシャルイベント:Technology Sneak Peek

       ↓ ↓ ↓
【2日目】

[D-5] Flash Catalystによるワイヤーフレーム・アプローチのFlex開発フロー

       ↓ ↓ ↓

[E-6] HDエクスペリエンスのためのマルチ・ビットレート・ビデオ
     〜最新テクノロジーを使用したFlashビデオプレイヤ開発テクニック

       ↓ ↓ ↓

[E-7] 深化するRIA(Rich Internet Application)

       ↓ ↓ ↓

[C-8] ワークフローとプロトタイピング

       ↓ ↓ ↓

[Y-29] 打ち上げビール


[S-1] 基調講演


まずは基調講演の会場に潜入しました。

・・・こ、これは!!!

Adobe MAX Japan 2009 基調講演


で、でかい!

横幅30mぐらいはありそうな(←距離を目測できない年代)横長の全面スクリーンに圧倒されます!

カメラデジカメのフレームに入りきらない!

今考えるとパノラマ撮影機能を使えばよかったのですがあせあせ(飛び散る汗)、えてして気付くのは過ぎ去ってからです何事も。


次回はケビン・リンチ氏で語る未来像にスポットを当てます!


Adobe MAX Japan 2009 フィギュア

posted by たいちょ at 21:33
特集:Adobe MAX JAPAN | コメント(0) | トラックバック(0)

Adobe MAX Japan 2009 - AIR を求めて、基調講演。

AIR を使い社内向けの便利アプリを制作、
もしくは面白い何かを作れるヒントがないかと思いながら
今回、Adobe MAX Japan 2009 に参加させていただきましたひらめき

セッションの前に10:00からケビン・リンチ氏の基調講演があり、
そのなかで気になる AIR がっpugどんっ(衝撃)あせあせ(飛び散る汗)
NTTドコモの永田清人氏 が携帯と AIR で出来るアプリを
例としてムービーを交え紹介していたのですが、これがステキでした目ぴかぴか(新しい)

Wedding Appli


結婚を約束した2人ムードが式を挙げるため、
まず何から始めたらいいのか話し合うが、お困りの様子ふらふら
そこで Wedding Appliバースデー が登場し、結婚式のサポートしはじめる。
招待状を送り、出欠席が携帯やパソコンからすぐに返事メールをすることができ、
欠席者にはアプリから式の映像TVを見れたり、お祝いの言葉を送ったり...。

adobe_max_2009 adobe_max_2009

最後にはアルバムの作成までサポートしてくれるかわいい

adobe_max_2009

大切な日の準備から思い出までをお手伝いしてくれるなんてスゴイpugexclamation×2
その他にも、オフライン機能を利用し
地下鉄などで圏外になっても使い続けられるビジネスアプリも紹介していました。

見てるだけで面白いものが作れそうだなぁ〜と、
久しぶりにわくわくしましたるんるん
posted by pug at 18:14
特集:Adobe MAX JAPAN | コメント(0) | トラックバック(0)
2009年01月27日

開幕直前!Adobe MAX Japan 2009 〜 最終チェック編 〜

さて、次は"念のため"の最終チェック編です。

場所やスケジュールを確認しておきましょう。

開催日: 2009年 1月29日(木)30日(金)
会 場: グランパシフィック LE DAIBA

会場のホテルは台場駅と直結していますので、ゆりかもめが便利です。りんかい線の東京テレポート駅からも徒歩でいけますが、徒歩15分はちょっと遠いかも?あせあせ(飛び散る汗)

両日共に、受け付け開始は午前 9:00〜となっています。
そして初日は午前10:00〜11:30がケビン・リンチ氏の基調講演。
ここから MAX Japan がスタートします。

そして、各セッション、ハンズオンはお昼休憩後の午後13:00から開始です。ちなみにランチセッション以外は昼食はでないとのことなので、今からどこでランチするか決めておくのもいいかも?周辺は混みそうです!

お台場グルメ・レストラン ランチマップ [食べログ]

セッション、ハンズオン終了後は両日ともにスペシャルイベントが予定されています。ブースを見て回るもよし、イベントに参加するもよし。

MAX Japan を満喫しましょう。ぴかぴか(新しい)
posted by こう at 16:13
特集:Adobe MAX JAPAN | コメント(0) | トラックバック(0)

開幕直前!Adobe MAX Japan 2009 〜 m-School的みどころ編 〜

明日 1月29日、いよいよ Adobe MAX Japan 2009 が開幕します。
m-School のハンズオン準備もいよいよ大詰めを迎えています。

今回は MAX に参加される方向けに、m-School的みどころをもう一度おさらいしておきたいと思います!

参加される方は、ハンズオンを含む各セッションは既に登録済みのことと思います。ですが、MAX はセッションだけではありません!各種イベント、お得なポイントがたまるマイレージ MAX など盛りだくさんです。

が!

m-School イチオシはこれです。
MAX 来場者限定!抽選で当たる人気の6講座お試しクーポンプレゼント

お得です。お得すぎます。

MAX のハンズオンが満席で参加できなかった方も、m-School のブースにくれば m-School の講座を体験できるチャンスあり!

m-School ブースは受付を入って正面の展示コーナー、Bronze スポンサーのエリアにあります。ぴかぴか(新しい)

押し寄せてください!m-School ブースに!

Adobe MAX Japan 2009
posted by こう at 16:09
特集:Adobe MAX JAPAN | コメント(0) | トラックバック(0)
2008年12月22日

LiveCycle ES を MAX Japan 2009 のハンズオンセッションで体験しませんか?(3) 〜Form Guide 編〜

前回の続きです。

LiveCycle(ライブサイクル)といえば、「フォーム」です。
クライアントで、データ表示や入力するフォームをどうするか?
という話です。

PDF を中心とした、ワークフローをガンガン回すならLiveCycle です。

でも、PDF だけではないのです。
おなじみの HTML のフォームに変換したり、Flash Player で実行できる形式の 「リッチなフォーム」に簡単に変換することができます。

この魅力を Adobe MAX Japan 2009 のハンズオンセッションで皆様と共有させていただく機会をご提供させていただくことになりました。

◎ Adobe MAX Japan 2009・ハンズオンセッションのすべてのセッションは、
 m-School のインストラクタが担当いたします!!

Adobe MAX Japan 2009

 2009/01/30(金)15:20〜18:10
 RIA to PDF を実現する Form Guide 入門


 ※上記イベントは、m-School 主催のものではございませんので、
  あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。
  お問い合わせ等は、上記サイトの Adobe MAX Japan 2009 事務局へ
  ご連絡いただきますようお願い申し上げます。

是非、ご受講いただき、アプリケーションの可能性を広げていただければと思います。ぴかぴか(新しい)

LiveCycle ES を MAX Japan 2009 のハンズオンセッションで体験しませんか?(1)〜LiveCycle ES Workbench編〜
LiveCycle ES を MAX Japan 2009 のハンズオンセッションで体験しませんか?(2)〜ビジネスプロセス編〜
posted by こう at 13:42
特集:Adobe MAX JAPAN | コメント(0) | トラックバック(0)
2008年12月15日

LiveCycle ES を MAX Japan 2009 のハンズオンセッションで体験しませんか?(2) 〜ビジネスプロセス編〜

謎のスクールディレクター(?)タイラーよりお送りする『LiveCycle ES を MAX Japan 2009 のハンズオンセッションで体験しませんか?』第2回ひらめき今回はビジネスプロセス編です。

前回の続きです。

LiveCycle ES ってどんなことができるの?
という方は、是非、以下のアプリケーションをお試しいただくとよいかもしれません。

LiveCycle on AIR 
※上記サイトはm-Schoolで提供しているものではございませんので、
あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

Flex開発者の方でしたら、AIRの方は大丈夫かと思いますが、LiveCycleとどのような連携をするの?というところがめちゃくちゃ気になるのではないでしょうか?目

では、LiveCycleを知ろうexclamationということになるのですが、
少し腰が重いかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)

カイロプラティックのごとく、というわけには行かないかもしれませんが、もしかすると少しだけ腰が軽くなるかもしれない良い機会を提供させていただけることになりましたぴかぴか(新しい)

来年開催される Adobe MAX Japan 2009のハンズオンセッション(実機実習を含むセッション)で以下のLiveCycle ESの初級トレーニングを実施いたします。

◎ Adobe MAX Japan 2009・ハンズオンセッションのすべてのセッションは、 m-School のインストラクタが担当いたします!!

Adobe MAX Japan 2009
 
 2009/01/29(木)15:20〜18:10
 Flex Builder 使いのための LiveCycle Workbench 入門


 ※上記イベントは、m-School主催のものではございませんので、
  あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。
  お問い合わせ等は、上記サイトの Adobe MAX Japan 2009事務局へ
  ご連絡いただきますようお願い申し上げます。

"Eclipse"ベースの LiveCycle Workbench を使って、「サクサクっと」ビジネスワークフロー作成を体験してみようという内容です。

注目点は、ワークフローに絡むサーバーサイドの処理が、GUI画面で「ノンプログラミング」で実装できてしまうところです。
Flex Builderを使ったことがある方であれば、目からウロコな内容になることウケアイです。

また、時間があれば、少しだけ LiveCycle ES と Flex の関係も技術的な観点からご紹介できればと思っておりますので、ここまでいければ 「感動の涙」も誘えるのではないかと、インストラクタも意気込んでおります。(お約束できるかどうかわかりません・・・)

是非、この機会にご受講ご検討ください。

LiveCycle ES を MAX Japan 2009 のハンズオンセッションで体験しませんか?(1)〜LiveCycle ES Workbench編〜
posted by チャッピー at 10:59
特集:Adobe MAX JAPAN | コメント(0) | トラックバック(0)
2008年12月08日

LiveCycle ES を MAX Japan 2009 のハンズオンセッションで体験しませんか?(1)〜LiveCycle ES Workbench 編〜

LiveCycle ES(Enterprise Suite)ご存じですか?

Flexの開発に携わる方は、一度は耳にしたことがあるかと思います耳
また、Acrobat / PDFをご利用の方も、ひょっとしたら気になる製品かもしれませんひらめき

・Webページやセミナーなどで見聞きしたことはあるけれども、どんな雰囲気で開発していくものなのかがイメージがつかない、
・評価したいけれども、とっかかりがつかめない

という方に最適な機会をご提供させていただけることになりましたぴかぴか(新しい)

来年開催されるAdobe MAX Japan 2009のハンズオンセッション(実機実習を含むセッション)で以下のLiveCycle ESの初級トレーニングを実施いたします手(グー)

◎Adobe MAX Japan 2009・ハンズオンセッションのすべてのセッションは、m-Schoolのインストラクタが担当いたします!!

Adobe MAX Japan 2009
2009年1月29日(木)15:20〜18:10
Flex Builder 使いのための LiveCycle Workbench 入門

 ※上記イベントは、m-School主催のものではございませんので、
  あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。
  お問い合わせ等は、上記サイトのAdobe MAX Japan 2009事務局へ
  ご連絡いただきますようお願い申し上げます。

LiveCycle ESの重要な開発ツール「LiveCycle Workbench」を使った簡単なビジネスワークフローの作成をご体験いただける内容です。
また、LiveCycleそのものについても技術的な観点からも少しだけ解説いたします。
短時間ではありますが、とっかかりに必要なエッセンスをできるだけ凝縮し、お役立ていただけるようにがんばりますexclamation

是非、ご受講をご検討ください。
posted by チャッピー at 13:59
特集:Adobe MAX JAPAN | コメント(0) | トラックバック(0)
2008年12月02日

Adobe MAX Japan 2009のみどころは?

いよいよ来月末に開催となったAdobe MAX Japan 2009の開催概要をご紹介します。

基調講演


Kevin Lynch(ケビン・リンチ:Adobeの最高技術責任者)が今年も来日予定。
幕開けとなるメインイベントです。同時通訳も行われるようなので英語がニガテあせあせ(飛び散る汗)な方も安心です。満席間違いなし?なので早めの開場入りが重要かもしれません。

セッション


Adobe製品、テクノロジー関連の無料セッション(Passの購入は必要)です。セッションは大きく、デザイン、開発、企画、インスパイアの4つに分けられています。注目度の高いCS4関連のセッションなどは満席も目立ち始めているので、予約はお早めに!

ハンズオン


m-School的メインはこちら。
今回は2日間全12ハンズオンセッションをm-Schoolがプロデュースします!
CS4などの最新製品、テクノロジーを実際にPCを操作しながら体験、習得することができます。予約絶賛受付中…といいたいところですが、はやくも満席御礼続出。ありがとうございます。
ご期待に応えられるよう、鋭意準備中です!ひらめき

イベント


セッション開始前、終了後には様々なイベントが開催されます。
その名の通り詳細は謎につつまれている"シークレットイベント"や、最新テクノロジーをチラ見できる"Sneak Peek"など、気になるイベントが満載です。

ブース


ブースのエリアではm-SchoolもBronzeスポンサーとして出展予定です。セッションの合間などに是非お立ち寄りください。

参加登録、スケジュールのご確認は下記公式サイトより!
Adobe MAX Japan 2009
posted by こう at 20:28
特集:Adobe MAX JAPAN | コメント(0) | トラックバック(0)
2008年11月18日

AIR 1.5正式版リリース!iPhone向けFlashはまだ…MAX 最新ニュース

日本でのMAX Japan 2009に先駆けて、米国サンフランシスコではMAX 2008が開催され、様々なニュースが発表されています。

AIR 1.5(エアー 1.5)正式版リリース

最新バージョンのAdobe AIRをダウンロード

AIR 1.5のWindows版、Mac版がリリースされました。1.5 ではFlash Player 10同様の3Dモデル表示機能やアニメーション機能が追加、さらにJavaScriptの処理も高速化しているようです。また、1.1のセキュリティ脆弱性問題に対処したとのこと。Linux版も年内にリリース?

スマートフォン向けFlashは開発中

現在様々なスマートフォンが世界には出回っていますが、NokiaのSymbian、Windows Mobile、そしてGoogleのAndroidでFlash Playerが動くようです。残念ながら、iPhoneはまだです。PCの世界でもFlash vs Silverlightは展開されていますが、前述のいずれのスマートフォンでもSilverlightは動くことになりそうなので、いよいよモバイルの世界でも争いが激化していくのでしょうか…。

Thermo(サーモ)はFlash Catalyst(フラッシュ カタリスト)に

コードネームThermoとして開発中だった新ツールは、Flash Catalystという名前で発表されました。直訳すると閃光触媒…?このFlash Catalystはコーディング無しでアプリケーション開発ができるという夢のツールで、成果物はFlash PlayerやAIRで実行することができるようです。MAX 2007の時に発表されたアレです。

また、同じくMAX 2007で発表されたCocomo(ココモ)はいよいよβ版が公開されています。

Flex Builder次期バージョン(プレビュー版)がダウンロード可能に

Flex次期バージョン(プレビュー版)をダウンロード

コードネームGumbo(ガンボ?)として開発中のFlex Builder次期バージョンが公開されています。大幅な機能拡張が行われ、前述のFlash Catalystとの連携が可能となっているようです。

アドビのハリー・ポッターと紹介されたKevin Lynch氏

じゃなくって、アドビのCTO、クラウドとローカルの統合を語る。(ZDNet Japan)なんですが、…にてる…かも…。

ハリーポッターとAdobeのケビン

Adobe、「AIR 1.5」「Flash Catalyst」など新製品発表 - ITmedia News
アドビ、スマートフォン向け完全版「Flash」の開発に本腰 - CNET Japan
Adobe、Flashプラットフォームの最新版を発表、次期Flex Builderのプレビュー版もダウンロード可能に - CodeZine
posted by こう at 20:21
特集:Adobe MAX JAPAN | コメント(0) | トラックバック(0)