m-School (エムスクール)は、駿河台学園グループが運営する
法人向け研修トレーニングセンター、およびレンタル教室・会議室です。

2011年11月02日

戦略組織を作るためのワークショップの利点と効果 - 経営戦略術講座だより

25回目の今回は、
ワークショップの利点と効果の説明です。

戦略組織を作るためのワークショップの利点と効果



あなたが、自分の組織を良くしようと思うのであれば、必ずワークショップを行って下さい 目exclamation×2
25_01.JPG
そこには、多くの『気づき』が発生します。
また、そのようなワークショップにしなければいけません。

ワークショップでは、普段あまり真剣に考えていなかったことや、
獏然としか見ていなかった事がはっきりしてきます。そこで『気づき』が発生するのですexclamation

例えば、顧客のニーズに関するワークショップを行った時に、
ふだん顧客を頻繁に訪問しているので、顧客ニーズは当然掴んでいるはずなのに・・・

「まったく掴んでいない。ふらふら

「意見が出てこない。がく〜(落胆した顔)

それは顧客を訪問しても「ニーズが何か?」という見方をしていなかったので、
何も気が付かなかったのですあせあせ(飛び散る汗)

しかし、こういうワークショップを行うことにより、
いかに自分がボーッとして顧客を訪問していたかを思い知り、
そしてその後、顧客を訪問した時にその見方が変わってくるのです。

また、あなた自身もワークショップに参加してみて、
ふだんは前向きな議論等を行ったことのない部下が、
思わぬ発想・考え方を持っている事に感心させられることもあるでしょう。

あなたが真剣に取り組む事により周りもまた、
真剣に取り組み意見をまとめ、意思の疎通ができ、
前向きな取り組みとなりモチベーションが必ず上がってきますグッド(上向き矢印)

あなたが部門の長であるならば、時間を見つけ必ず実施しましょうパンチ

posted by pug at 11:07
連載:経営戦略術講座だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年10月26日

戦略組織を作るためのワークショップの進め方 - 経営戦略術講座だより

経営戦略術講座だより 第24回です。 
今回は、ワークショップの進め方(グループワーク)の説明です。

ワークショップの進め方 (グループワーク)


●ワークショップの個人ワークが終わる毎に、次のグループワークへ進みます。
24_01.JPG
グループワークでは模造紙を貼り、そこに個人ワークの付箋を貼り付ける方法で行いますひらめき

まず、一人ずつ、自分が書いた付箋を持ち、それぞれの項目で自分の考えをのべながら、
また説明しながら付箋を貼り付けていきます目

同様に次の人が付箋を持ち、前の人と同様説明しながら付箋を貼り付けていきます。
前の人と同じ意見・若しくは問題点があれば、前の人の付箋の上に貼り付けていきます。

順次説明しながら、付箋を貼り付けていきます。
すべて終われば、同類の付箋を集め、まとめて一つの付箋にして、貼り付けます。

この様に順次発表している間に、それぞれの人の考え方のレベルが合ってきます。

最初個人ワークではどのレベルの事柄を記入すればいいのか分からない場合も、
この様に発表して行き、又他人の意見を聞いているうちに自ずとベクトルが合ってくるのですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

この様にベクトルが合っていないうちに戦略を立てると、
それこそちぐはぐな戦略になるので、
このワークショップは非常に重要な役割を果たしているのですパンチ
posted by pug at 10:01
連載:経営戦略術講座だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年10月13日

ワークショップの進め方 〜個人ワーク〜 - 経営戦略術講座だより

経営戦略術講座だより 第23回です。 
今回は、ワークショップの進め方 〜個人ワーク〜 の説明です。

ワークショップの進め方は、個人ワークとグループワークを交互に実施します。

ワークショップの進め方 〜個人ワーク〜



23_01.JPG●ワークショップの進め方。

ワークショップで重要なのは、戦略実行が思い通り出来る様に、戦略を実行するあなたのグループの意識及びやる気を起こさせる事です。
                           
ワークショップでの議論と成果も重要ですが、もっと重要なのは、何度も言いますが次の事です。

グループメンバー全員が

1、ベクトルを合わす。
2、参画意識を持たせる。
3、戦略を理解させる。
4、責任感を持たせる。

これが目的です。

まず、ワークショップでは、あなたはオブザーバーですひらめき
ワークショップの実行責任者は、グループリーダーを任命します。
グループリーダーから、アドバイスを求められた時にあなたは発言する様にします。

また、発言権の強い人、その人が話せばすべてその方向に行ってしまうような人は、事前に発言を控えるように指示するか、外すかします。

ワークショップの実施方法は、個人ワークからグループワークに進みます。

個人ワークでは、それぞれのワークの内容により、問題点、課題、意見等の内容を1項目1枚の付箋に書きます。

初めてワークショップをしたときには、個人ワークではどのレベルまで書けばいいのか分からなくて戸惑う人がいますふらふら
そのような人には、規制をするのではなく、自分の思うことは何でも書きなさいと、アドバイスしまたどんな発表があってもそれを非難中傷してはいけません。

個人ワークを行う前に、その時間を決めておきます。

その時間が来れば、個人ワークを終了し、グループワークへ移ります。


次回は、「ワークショップの進め方 〜グループワーク〜 」についてお話します。
posted by pug at 11:59
連載:経営戦略術講座だより | コメント(0) | トラックバック(1)
2011年09月27日

戦略組織を作るためのワークショップの種類 - 経営戦略術講座だより

経営戦略術講座だより 第22回の今回は、実行するワークショップの種類の決定です。

ワークショップの種類は下記に示すようなものがあります。今どのワークショップを行う必要があるのか見極め目ぴかぴか(新しい)、それを実行します手(グー)

ワークショップの種類


まずは、ワークショップで何を行うのかを選定します。
ワークショップを実施できる時間、若しくは、現在何について行うのが最も適しているのか判断し、ワークショップの内容を決めます。

1、現状の把握
全社のミッション・ビジョンの理解から、現状を見つめてどのように成っているのかを考えさせます。

2、現状分析
市場環境、競合環境、自社の分析等いわゆる3C分析を行い、まず現状を把握させます。

3、ステークホルダー分析
自組織の利害関係者を洗い出し、影響力の大きいものとそんなに影響力が大きくないものとに分類します。利害関係の重要度を把握させます。このワークショップと次のセグメント顧客抽出は対のワークショップです。続けて実施します。

4、セグメント顧客の抽出
ステークホルダーの中から、自分達が戦略を打つ必要が有る顧客が何処なのかを選択するワークショップです。戦略を打つ相手が間違えば成果が出てきません。また、どのセグメント顧客が重要なのか、その重要度を決めておきます。

5、顧客ニーズを掴む
セグメント顧客を分析します。セグメント顧客に何をどう提案すれば商品・サービス即ちあなたの価値提案が受け入れられるのかを話し合い、顧客ニーズを重要度の高い順に選出します。
顧客のニーズを掴むことは、戦略を効果的に行うためには不可欠です。その為このワークショップは、定期的に期間を決めて実行するようにします。

6、セグメント顧客の計画
ニーズを掴んだ顧客に何をどのように提案して、どのような成果を求めるのかを議論しあいます。

7、SWOT分析とBSCクロス分析
このワークショップはお勧めです。
3時間くらい時間が取れるようでしたら、この分析を行うのが良いでしょう。
自組織の内部環境と、外部環境のフォロー及びアゲンストの風を分析し、それらを踏まえて自組織は何をしないといけないか議論して、その結果の戦略目標を設定します。
22_01.JPG

その他、必要と思われるワークショップを選択します。


すべてを行う必要はありませんexclamation
また、毎年決まって行う必要もありませんexclamation×2

あなたの組織に新しい人が多く入ってきて、グループの方向性を決める為のワークショップまたは、グループメンバーが何を考えているのかを掌握する為のワークショップを実施します。

市場は常に変化しているので、グループにその変化を認識させる為のワークショップを行うのもいいでしょう。

あなたが、必要と思った時点でワークショップを実施しましょうひらめき

ワークショップの真の目的は、
1、ベクトルを合わせる。
2、参画意識を持たせる。
3、戦略を理解させる。
4、責任感を持たせる。

以上であることを意識しながら実施します。
posted by pug at 10:08
連載:経営戦略術講座だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年09月14日

戦略実行組織を作るワークショップの準備 - 経営戦略術講座だより

経営戦略術講座だより 第21回です。
今回は、ワークショップの準備について説明します。

ワークショップの準備について


ワークショップを実行する前に次のことを準備しておくことが必要ですexclamation

まずメンバーを決めます。21_01.JPG

ワークショップを行う人数は1グループ5名程度が適しています。

5名を超える場合は、2グループでワークショップを行う様にします。
そして、ワークショップを進めるのはあなたではありません。あなたはオブザーバーになります目

(1)役割の設定

1、リーダーの設定


リーダーが中心になってワークショップを行い戦略マップを作りますわーい(嬉しい顔)
リーダーは、あなたが育成しようとしている人を設定します。
ワークショップを行う前に、リーダーに対して、ワークショップの進め方と、戦略を考えるグループにするための重要な役割、そして実際に戦略を実行していく時の中心人物としての期待を話し、やる気を起す様に指導しますパンチ

2、ワークショップの成果発表者


ワークショップでの成果及びその成果を導くまでに行った議論の経過等を説明する役目を負って頂きます。

3、ワークショップの成果発表者補佐


1グループが5名の時は、発表者を2名にします。

4、書記、若しくはPCにての操作で記録を担当する人


 「マイストラ」があればその入力者を決めます。

5、タイムキーパー


限られた時間内での議論になるのでその時間配分を担当しリーダーのサポートをします。

以上、参加者全員に役目を設定します。


2グループ以上になった場合は、それぞれ同じ内容のワークショップを行い、それぞれが発表することにより、どちらの成果が優れているかを競わせます。

以上のように、全員が参加する意識を持たせ、考えさせ、自分の意見を言わせるようにします。

次回は、戦略組織を作るためのワークショップの種類について
お話し致しまするんるん手(グー)

m-School では、ITツール「マイストラ」を使った、
成功に導く経営戦略術実践講座を開催中ですexclamation
マネージメント力を実践的に身につけたい中堅クラス・リーダーの方や、
すでに企業内で戦略を策定しているが、うまく戦略が機能しない企業経営者の方にオススメですわーい(嬉しい顔)

posted by pug at 15:20
連載:経営戦略術講座だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年09月05日

戦略実行組織を作るワークショップの目的 - 経営戦略術講座だより

経営戦略術講座だより第20回の今回は、
戦略が実行できる組織を作るワークショップについて説明します。

戦略が実行できる組織を作るワークショップ


ITツール「マイストラ」を活用し現状把握・分析で戦略の策定を行い、知識の武装を行いました。
ITを使って行った現状把握・分析の知識武装は、

20_01.jpg
  1. ミッション・ビジョン・事業ドメインの確認
  2. PM(製品市場)マトリクスでシミュレーション
  3. 製品・市場分析で個別の戦略術を考える。
  4. 3C分析で自組織の実力を知る。
  5. ステークホルダー分析で関係者を知る。
  6. 5フォース分析で競業の脅威を知る。
  7. 財務目標分析で必要売上高を知る。
  8. 財務分析5カ年計画で、事業としての将来を見極める。
  9. ミーティング・メモで、自部門に対するトップの期待を知る。
  10. SWOT分析で自組織の強み、弱み、脅威、チャンスを見極める。
  11. BSCクロス分析でSWOTの結果から何をすべきか考え出す。
  12. 組織プロフィールでグループメンバーの育成計画を作ります。

以上が行った知識武装です。

次に行うことは、この知識武装で行った現状把握と分析をグループワークショップで実施し、戦略が確実に実行できる組織を育成する事です。

戦略が実行できる組織とは?



戦略を実行するのは、あなたのグループのメンバーです。
作成した戦略を着実に実行する為には、戦略を理解し、自分の担当する活動が計画通り実行出来なかった時、どの様な不具合が発生するか認識させ、戦略実行に責任を持たせる必要があります。

その為に行うのが、グループで実施するワークショップです。

ワークショップの目的は、ワークショップで話し合い検討した成果物です。しかし、もっと重要なのは、このワークショップで発生した参加者の気付きです。

それは、
20_02.jpg1.意識改革により考え方のベクトルを合わすこと。
2.戦略を話し合うことにより、
戦略に関係した事への参画意識を持たせること。
3.ワークショップで作り上げた戦略マップを理解させ、
戦略を話せるようにする。
4.戦略マップの自分が担当する実行項目を認識させ、責任を持たせる。

以上が、ワークショップの真の目的です。


部下を掌握する為には、このワークショップの実行が不可欠です。
次回は、ワークショップの進め方です。


m-School では、ITツール「マイストラ」を使った、
成功に導く経営戦略術実践講座を開催中ですexclamation
マネージメント力を実践的に身につけたい中堅クラス・リーダーの方や、
すでに企業内で戦略を策定しているが、うまく戦略が機能しない企業経営者の方にオススメですわーい(嬉しい顔)

posted by pug at 17:47
連載:経営戦略術講座だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年08月17日

IT でデータの集計、入力のサポート内容等について - 経営戦略術講座だより

今回は、IT でデータの集計、入力のサポート内容等についての説明をします。

マネジメントに必要な IT(その9)〜IT でデータの集計、入力のサポート内容等について〜


IT を活用するには、結果入力が必要です目ひらめき

その結果を得るためにはデータの収集を行わなければなりません。既にデータ収集しているものは問題ないですが、これから集める必要があるもの、特に日々の集計が必要な場合は何らかの仕組みを作る必要があります。

そこで、データ収集用の支援ツールを準備しましたexclamation

1、KPIデータ収集用入力ツール
KPI週報日報入力ツール 
日報を入力することにより、KPI の月次集計を行います。集計項目は、作業時間と回数及び KPI の実績値です。
19_01.jpg

2、KPI 集計表
週報日報で集計されたデータの作表を行います。詳細は演習にて。
19_02.jpg

3、月次データ取り込み用 CSVファイルの作成と読み込み。
月次データは手入力するのではなく、CSVファイルで他のコンピュータデータとの連携を可能としています。
19_03.jpg

4、積み上げデータの自動作成
複数の下位部門のデータを自動収集します。
19_04.jpg

5、カスケーディング チェック
下位部門の KPI 実績値の合計データと上位部門の KPI 結果とのチェックを行い、どの部門に差異が出ているのか確認します。
19_05.jpg


m-School では、ITツール「マイストラ」を使った、
成功に導く経営戦略術実践講座を開催中ですexclamation
マネージメント力を実践的に身につけたい中堅クラス・リーダーの方や、
すでに企業内で戦略を策定しているが、うまく戦略が機能しない企業経営者の方にオススメですグッド(上向き矢印)

無料の体験講座もございます、お気軽にどうぞわーい(嬉しい顔)かわいい
posted by pug at 11:06
連載:経営戦略術講座だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年07月29日

マネジメントに必要な IT(その8)- 経営戦略術講座だより

経営戦略術講座だより 第18回です。

今回は、IT で月次の集計結果を評価し、次へのアクションを検討しますひらめき

マネジメントに必要な IT(その8)〜IT で月次の集計結果を評価し、次へのアクションを検討〜


月次で KPI の実績値を入力することで、戦略マップに現れるアラーム以外に、多くの集計表及び報告書が作成され、次のアクションへの検討材料となります。

1、スコアカード


視点、戦略目標、 KPI の月別実績評価が表示されます。実際に月次の結果データを入力し、どの様に表示・表現されるか演習にて実感して頂きます。
スコアカードを見て、月別のトレンドをチェックします。それぞれの戦略目標は因果関係シナリオで繋がっているはずですから、悪い傾向にある戦略目標が次にはどの戦略目標に悪影響を与えるのか分かってきます。即ち、事前の対応が可能になります。
18_01.jpg

2、月次スコアトレンド


月別の実績トレンドはグラフにて傾向を把握します。
18_02.jpg

3、行動計画&実績表


行動計画(アクションプラン)を管理したい KPI は事前に登録します。
登録した KPI の月別の活動計画と活動実績が表示されます。
月々の実績による評価がスコアとして「赤、黄、緑」の信号色で表示されているので活動結果が成果に結びついたか否か一目瞭然です。
18_03.jpg

4、月次報告書


月次報告書がスコアと共に表示できます。
18_04.jpg

5、期中及び期末報告書の作成


参考事例として、期中及び期末の報告書の例を演習で説明します。
個人及び部門の評価に繋がれば活用範囲が拡大します。
18_05.jpg


m-School では、ITツール「マイストラ」を使った、
成功に導く経営戦略術実践講座を開催中ですexclamation
マネージメント力を実践的に身につけたい中堅クラス・リーダーの方や、
すでに企業内で戦略を策定しているが、うまく戦略が機能しない企業経営者の方にオススメですグッド(上向き矢印)

無料の体験講座もございます、お気軽にどうぞわーい(嬉しい顔)かわいい

講師紹介ペン
経営戦略術講座の担当は下橋隆夫です。28年間シャープシステムプロダクト株式会社でプログラマ、SE、営業の責任者として従事し、2000年にバランス・スコアカードソリューションを販売する組織の責任者となり、BSC と出会いました。
2002年にマネージメント・テクノロジー会社を設立し、BSC を活用したマネジメントの IT 化を図り、戦略策定・実行・評価ツール「マイストラ」を開発いたしました。
posted by pug at 16:57
連載:経営戦略術講座だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年07月26日

マネジメントに必要な IT(その7)- 経営戦略術講座だより

経営戦略術講座だより 第17回です。
今回は、IT で戦略実行結果の設定と戦略マップに現れる評価について説明します。

マネジメントに必要な IT(その7)〜 IT で戦略実行結果の設定と戦略マップに現れる評価 〜


戦略を実行し、実行結果を KPI の実績として集めます。
集めた結果を ITツールに入力すると、評価できる形でフィードバックされます。
フィードバックされた問題・課題から次への新たな取り組み・活動を設定します。

この様に、戦略が常に達成できるような対策を打ちながら実行していきます。

1、当月の実績値入力


KPI ごとに、実績値を集計し、入力します。同時に、当月の活動計画(アクション計画)に対しての結果を文章で入力し、次月の活動計画を設定します。

月々の入力はこれだけでOKですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

入力した実績値で計画齟齬が発生した場合は、戦略マップ上にアラーム時計が表示されます。
17_01.jpg

2、実績戦略マップ


戦略マップ上に、戦略実行結果がスコアとして「赤、黄、緑」の信号色で表示されます。
期のスタート時点では、問題・課題が発生していない場合が多いので、戦略目標はすべて目標達成の「緑」で表示されるでしょう。
17_02.jpg

しかし、何ヶ月か過ぎれば、計画齟齬が発生し、「黄色」の戦略目標が現れます。このアラームに対して対策を講じます。

17_03.jpg

もっと進めば、「赤い」戦略目標も見え始めます。これは戦略に大きな齟齬が発生したとのアラームです。戦略マップから発せられるアラームをいち早く感知し、修正を行うアクションを実行することで PDCA が回っていきます。

17_04.jpg

m-School では、ITツール「マイストラ」を使った、
成功に導く経営戦略術実践講座を開催中ですexclamation
マネージメント力を実践的に身につけたい中堅クラス・リーダーの方や、
すでに企業内で戦略を策定しているが、うまく戦略が機能しない企業経営者の方にオススメですグッド(上向き矢印)

無料の体験講座もございます、お気軽にどうぞわーい(嬉しい顔)かわいい


講師紹介ペン
経営戦略術講座の担当は下橋隆夫です。28年間シャープシステムプロダクト株式会社でプログラマ、SE、営業の責任者として従事し、2000年にバランス・スコアカードソリューションを販売する組織の責任者となり、BSC と出会いました。
2002年にマネージメント・テクノロジー会社を設立し、BSC を活用したマネジメントの IT 化を図り、戦略策定・実行・評価ツール「マイストラ」を開発いたしました。
posted by pug at 00:00
連載:経営戦略術講座だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年07月22日

マネジメントに必要なIT(その6)- 経営戦略術講座だより

経営戦略術講座だより 第16回です。
 
今回は、ITで登録する年間の会議スケジュールについて説明しますexclamation

マネジメントに必要なIT(その6)〜ITで登録する年間の会議スケジュール〜


前回まで、現状分析、戦略の策定を中心に説明してきましたが、いよいよここから戦略の実行及び評価の部分になってきます。

戦略を実行するには、まず年間のスケジュールを設定する必要があります。
実行していく中でいろいろと課題・問題点が発生してきます。
それらにどう対応し、どう解決していくのか、議論、検討、考察を行うスケジュールをそれぞれの目的別に設定しておきます。

1.年間会議スケジュール設定


会議若しくは検討会、プロジェクト等、年間の実施スケジュールを設定します。
設定事例は演習の中で説明します。
「マイストラ」では2つの必須会議と5つの任意会議の設定を行います。
16_01.jpg

2.顧客ニーズ調査会議の議事録(必須会議)


必須会議の1つ目は、「顧客ニーズ調査会議」です。
間接部門でもこの会議は行います。そのときの顧客とは誰ですか?
これをクリアしなければ全体最適な戦略が作れません。
16_02.jpg

3.部下との個人面談会議の議事録(必須会議)


2つ目の必須会議とは部下との「個人面談会議」です。
戦略を実行するのはあなたの部下です。
その大切な部下とのミーティングは欠かせることは出来ません。
育成プラン等を考慮しながらの面談で大切な議事録を保存します。
16_03.jpg

4.月次報告会の議事録(任意会議)


ここからの議事録は任意の会議を設定します。
重要と思われる会議を5種類設定し、登録します。
議事録を発行し、部下に配布し、徹底を図ります。
ここでの例は、月次の報告会の議事録です。
16_04.jpg

5.部門ミーティングの議事録(任意会議)


2つ目の任意会議の例として部門ミーティングの例を揚げています。
どの様な会議、検討項目、プロジェクトを設定するのかは任意です。
16_05.jpg

6.戦略見直しミーティングの議事録(任意会議)


任意会議の例としてもう一つ良く行われる会議は、戦略見直しミーティングです。
この議事録例を掲載しました。ご参考下さい。
16_06.jpg

お知らせ


講座で使用する戦略策定・実行・評価ツール「マイストラ」試用版が m-School サイトからダウンロードできるようになりましたexclamation
 
ひらめき詳細・ダウンロードはこちらバッド(下向き矢印)
 http://m-school.biz/course/business/management-strategy-practice.htm


講師紹介ペン
経営戦略術講座の担当は下橋隆夫です。28年間シャープシステムプロダクト株式会社でプログラマ、SE、営業の責任者として従事し、2000年にバランス・スコアカードソリューションを販売する組織の責任者となり、BSC と出会いました。
2002年にマネージメント・テクノロジー会社を設立し、BSC を活用したマネジメントの IT 化を図り、戦略策定・実行・評価ツール「マイストラ」を開発いたしました。
posted by pug at 12:02
連載:経営戦略術講座だより | コメント(0) | トラックバック(0)