短期集中型 アドビ認定トレーニングセンター
m-School (エムスクール)は、駿河台学園グループが運営するITスクールです。

2014年03月12日

パソコンつきセミナールーム、会議室レンタルしてます。

こんにちは。
最近、研修や会議の場としてm-Schoolの教室を使いたい、と定期的にご連絡をくださるお客様がいらっしゃり、嬉しい限りです。
都心の水道橋にあって、JR・地下鉄の各駅に近く、周辺にコンビニやお店が多い、とまずは立地がよいことで選んでいただいています。

m-Schoolには、A,B,Cの3つのタイプのお部屋があり、用途により使い分けが可能です。
また、3時間以上であれば、長さは1時間単位で借りられるので、さらに便利になりました。

20名入るAルームは、普段は教室スタイルです。一人一台、ノートパソコンもレンタルしています。

Dreamweaver & Fireworks1.jpg


レイアウトは自由で、グループ研修も可能です。パソコンの環境カスタマイズにも対応しています。

グループ研修.jpg


image.jpg
Bルーム、Cルームは10名様までの使いやすいお部屋です。少人数の社内研修や長期のご使用にも向いています。

長時間でも疲れない工夫も随所に。
かわいい壁全面のスクリーンは表示が大きく、見やすくなっています。
かわいい長時間腰掛けていても疲れない、デザイナーズのチェアも人気です。
かわいい講師の方には、大型の加湿器を備えているのも喜ばれています。
b-room_c-room.jpg

Bルーム(左)は、デスクトップ型PCで実習や作業をされる技術系の方々に向いています。
Cルーム(右)のお写真は、コの字型のレイアウトで会議にご利用頂いた時のものです。

他に、お客様の対応にも便利なロビー、受付カウンター、講師控室、案内板などのご利用が無料なので、イベントやセミナー会場としてお使いいただけるところも自慢です。

m-school_lobby.jpg


詳しくは、どうぞルームレンタルのサイトまで。
是非お気軽にお問合せください。
posted by ベル子 at 13:39
スクール | コメント(0) | トラックバック(0)
2013年11月12日

エムスクール、早くもクリスマス気分♪

こんにちは。ベル子です。

街は競争でもするように、クリスマスの装いへと変身しつつあります。
私たちも今年はいつもより一歩早めに飾ることにしましたプレゼントクリスマス

decorate_the_Christmas_tree.jpg


準備中のメンバーの服装がやけに涼しく、季節感が出せず申し訳ございませんたらーっ(汗)
ワイワイ言いながらの飾り付け、ほんとに楽しいですねえ。ひらめき
ベル子はこんな大きなツリーを飾るのは初めてです!
今年は、ツリーの足元にレンガの囲いがついてグレードアップ。工作の得意なメンバーがあっという間に作ってしまったのには、驚きました・・・。
こんなに大きいと手順もしっかりあって、いろいろお作法を学びました目

tree.jpg


ツリーは、エントランスにどーんと置いてありますので
お越しの際はぜひご覧くださいぴかぴか(新しい)
posted by ベル子 at 16:06
スタッフ日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
2013年09月22日

SATT & m-school 防災訓練を行いました

SATTとm-schoolでは、今年も防災訓練が行われました!
消防署の指導員の監修のもと、火災発生を想定し、
発見・消火活動・通報・全員避難・点呼までの本格的な実習が行われました。

「m-schoolの喫煙ルーム付近から火が出た」という設定です。

m-schoolの喫煙ルーム付近の火災の設定


火事を見つけたら、消火器を現場に集めます!近くにあるものをありったけ持っていきます。
消火器を現場に集結


ワンフロアだけでこんなにあったんだ・・と驚き目

オフィスでは、この間通報訓練が行われています。
事前の申し合わせの上で、実際に消防署に電話電話をかけ、正確に状況を伝える訓練が行えるのです。

同時に部署ごとに人数や不在者を確認しつつ、避難も進行しています。
社内に居合わせたお客様の誘導もちゃんと想定に入れています。

次は青空の下、屋上にて消火器の使い方訓練です。
火元に当てるように噴射します。慌てるとつい炎めがけてしまいそうですたらーっ(汗)

屋上にて消火実習


消火器は噴射が始まってから15〜20秒くらいしか持ちません。
複数あれば安心ですが、炎が天井に届くようであれば避難が必要です。ダッシュ(走り出すさま)

続いて、m-schoolの教室で救命訓練を受けます。
主にAEDの使い方実習となります。

救命・AED実習レクチャーを受けます

全員がしっかりと説明を聞き、3組ほど実習を行いました。

3組が救命・AED実習を行いました


★お知らせ★
会議からパソコン実習まで。この会場は、
幅広い用途で使える自慢のレンタルルームです。



★おまけ★

ちなみに・・取り残された場合の手段、避難梯子。近くのどこにあるか把握していますか?
こちらの場合、ずっとハシゴだと思っていたそれは、なんと避難「袋」というものでした。これは一度広げると戻せないそうで、訓練ができないとのこと。

映画避難袋の使い方、動画を発見!
石川商工 垂直式避難袋


一度見ておくと、いざというとき迷わずできそうです。

posted by ベル子 at 17:58
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2013年09月12日

「TinCanプロジェクト」発足

昨日、eLC/mLCによる「TinCanプロジェクト」のキックオフミーティングが赤坂のコワーキングスペース Vous+akasaka(ヌープラス赤坂)で開催されました。

プロジェクトメンバーおよび「Experience API 翻訳」ワーキンググループのメンバーが集まり、自己紹介からはじまり、グループ作業の段取りについて話し合われました。

TinCanは次世代eラーニングの規格として注目される一方で、具体的な技術情報から活用方法まで広く知られている訳ではありません。
eLC/mLCとしては、TinCanを日本のeラーニング業界で効果的に扱えるよう、情報提供をはじめ様々な活動を進めていく上で当プロジェクトを発足させました。
新しモノ好きな私としては、会社としても個人的にもプロジェクトに関わることでeラーニングが今まで以上に活用される仕組みを見出していければと考えています。

当面は「Experience API 翻訳」ワーキンググループで仕様書の日本語化を進めていく予定です。
プロジェクトメンバー及びワーキンググループのメンバは適宜募集しているので皆さんもぜひ参加して一緒に活動していきましょう。
posted by Dario at 14:46
TinCan | コメント(0) | トラックバック(0)
2013年09月05日

第七回SCORM技術者資格試験・講習会が開催されました。

昨日、9月4日に日本イーラーニングコンソシアム(以下、eLC)が認定しているSCORM技術者資格の試験及び講習会が東京八重洲で開催されました。
今回は会社を代表してSCORM技術者となるために、8名が受講し試験を受けられており、ほとんどの方がSCORM対応のコンテンツ開発もしくはLMSの開発に携わっているとの事でした。
長年講習会の講師を務めていて今回感じたことですが、受講される方がほとんど開発者で、以前に比べると営業の方など知識習得の為に受ける方が減ったように思います。
もちろん、資格は持たずとも知識は持てますので、私が知らぬだけかもしれませんが、私自身お客様と打合せをしたり、m-Schoolのコンテンツ制作講座などでお会いする方々には、まだまだSCORM規格の存在を知らない方が大勢いらっしゃいます。
現在のeラーニングではSCORM規格は切っても切り離せない知識ですから、より多くの方にSCORMを知っていただけるよう活動していければと考えます。
posted by Dario at 19:05
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)